2018年12月03日

「成功への75%を占めている鍵とは?」

「成功への75%を占めている鍵とは?」


1998年に出版された本で、『マイダス・システム』という本があります。

いわゆる自己啓発の本なのですが、すでに絶版となっていてアマゾンでは
一時10万円近くまで高騰した本です。

私は3000円位の時に43冊ほど購入して手元に持っていたのですが、
事例をたくさん提供してくれた会員さんにプレゼントしてしまったので、
今では自分用の1冊があるのみです。

なぜこれほど高騰したかといいますと、一部の読者から絶大なる支持を得たことと、
初版の4000部程度で販売が終わってしまったからですね。

一部の読者の中に自己啓発関係で有名な人が何名かいたようで、
セミナーなどで話しているうちに口コミで広まったのでしょう。

実は、私もあるセミナーを受講した時にこの本の評判を聞いて購入しました。



この本の中に興味深い一節がありまして、それは次のようなものです。


〜マイダス・システムから引用〜

願望をかなえるためには、次のような4つの段階を経る必要があります。

1.願望の内容を明確にすること。

2.自分がそれを得るにふさわしい人間であることを自覚すること。

3.自分がそれを達成できると信じること。

4.行動に移し、望みをかなえること。

〜ここまで〜


このマイダス・システムに書かれている内容でもっとも興味深いところは、
1番から3番までで成功への鍵の75%を占めているというところです。

普通は4番の行動が一番大事だと考えられていますが、行動は25%と書いているのです。

つまり、1〜3番の考えたり信じたりすることで75%まで到達するわけですね。

今思い返してみると、私も起業した前後にこれと同じような状況を体験したことがあります。



私が起業したのは今から約15年前になりますが、前職は遊技場の管理運営を任されていました。

いわゆる店長というポジションですね。

当時非常に伸びている業種でしたし、やりがいもあったので起業願望はそれほどありませんでした。

そもそも、何をやって起業したら良いのかイメージがわかなかったんですね。

今のようにインターネットが発達しているわけでもなく、
フランチャイズでラーメン屋さんをやるくらいしか思いつきませんでした(笑)。

先ほどのマイダス・システムでは、1番で願望の明確な内容となっていますので、
イメージを持っていないというのはまったくダメなわけです。


転機が訪れたのは2000年前後でした。

店長の仕事というのは多岐にわたるのですが、一番大事なのは集客とスタッフの教育でした。

当時、集客の勉強をするために、コピーライティングを中心とした勉強会に参加していたんですね。

それが起業してからの私のルーツになるわけですが、サラリーマンで参加している方は全体の1割程度で、
ほとんどが会社経営をされている起業家の方でした。

そういう方々と接するうちに、起業というのはいろんな形があって面白いかも、と思ったんですね。

そこから起業というイメージがどんどん明確な内容となってきたのです。


また、タイミングが良いことにインターネットが徐々に発達してきて、
当時ダイヤルアップが主流だったのですが、ブロードバンドに切り替わる時期でもありました。

ある時、まぐまぐのメルマガを読んでいると馬券予想をメルマガの中で売っている人がいたんですね。

結構安い値段で、知りたい方はメール下さい、みたいな売り方だったと記憶しています。

私は前職が遊技場の店長だったので、その経験を冊子にまとめて自分のサイトで販売したらどうか、
と考えたわけです。

まぐまぐだけで売るのではなく、検索エンジン対策なども行って売ったらどうかと。

その冊子は1万円程度が良いかなと思っていました。

まだ冊子もまったく出来上がっていない状態でしたが、根拠もなく絶対に売れるといった確信がありました。

これがマイダス・システムの2〜3番に該当するのでしょう。

近しい人に私の考えを伝えたところ、そんな冊子は売れるわけがないと言われましたが(笑)。

おそらく、ほとんど初期投資が発生せずに実行できることだったので気分がラクだったのでしょう。


冊子はワードで50ページ位を書き上げて、製本キットを使って作成。

ホームページ作成は初めてだったのでかなり苦労したのですが、本業の合間を使って何とか仕上げました。

ホームページが完成した後に、あらかじめ準備しておいたまぐまぐのメルマガなどで告知をすると、
驚くほど売れたんですね。

当時、まぐまぐの読者数は800名程度しかいませんでしたが、数日で本業の給料を超えてしまったのです。

その後、まぐまぐだけでは売れないので検索エンジン対策なども行いながら、
最盛期には月間で200冊位売れたのではないかと記憶しています。

ただ、その時に思ったのはこの冊子の販売は2〜3年で終わるな、ということです。

5年、10年と続くビジネスを考える必要があると思っていた時に、
当時参加していた勉強会の先輩方から、ホームページの作成やマーケティング代行のお話を頂いたんですね。

これは私の師匠にあたる方の支えがあったからなのですが、いろんな経営者に声を掛けてくれました。

月額10万円のサービスがあっという間に8社決まったのです。

これを機に本業を辞めて起業したということですね。



冒頭の話しに戻りますと、起業志望であれば1番の願望の内容を明確にするというのはできると思います。

比較的難しいのは2番と3番ですが、これは良質な情報や人物に接することで強固となっていくでしょう。

ここまで出来れば、残りの25%である行動は流れるように実践できると思います。

mhiraga1 at 01:37│
プロフィール
こんにちは。平賀正彦です。インターネットを使った集客方法のノウハウを皆さまにお伝えいたします。
平賀正彦のメルマガ(週刊)

数多くのネットビジネス成功者を世に送り出した平賀のメルマガ。成功事例、マーケティング、旬なビジネスなど、既刊の著書には書かれていない内容が盛り沢山です。

 メールアドレス(必須)
記事検索
携帯で読み取ってください
QRコード