2018年11月18日

「反応が良いアナログマーケティング」

「反応が良いアナログマーケティング」


毎年1回、歯の定期検診をしてください、
というご案内ハガキが掛かり付けの歯医者から来るんですね。

ちょうど右上の親知らず周辺に違和感を感じていたので、それも含めて歯医者に行ったんです。

その違和感は歯そのものではなく、歯肉が腫れているような感じでした。

さっそく先生にチェックしてもらうと、なんと歯周病に掛かっているのだとか。

テレビCMなどでも時々目にすることがありますが、
歯周病に掛かってしまうと歯が再生不能になってしまいます。

いずれ抜けてしまうということですね。

確かに右上の親知らずは若干グラついていました。

処置は施してもらいましたが、この歯は半年くらいしか持たないそうです。

親知らずなので抜いてもいいかなと思ったのですが、
下の親知らずとガッチリ噛み合っているため抜かないほうが良いのだとか。

つまり、噛み合っている片方の歯を抜いてしまうと片方が伸びて別の歯に当たってしまい、
その歯がダメになってしまうそうです。

というわけで、右上の親知らずが半年以内に寿命を迎えてしまうため、
右下の親知らずと1本手前の歯を2本連結して固定するようにしました。

固定すると歯が伸びることを抑えることができます。

それと同時に、右上の親知らずから1本手前の歯も歯周病で若干緩んでいたため、
この歯も手前の歯と2本連結することにしました。

結構大規模な治療になります(苦笑)。

私は歯のメンテナンスに時間とお金を掛けていたのですが歯周病になったのはショックでした。。。

しかし、日本の健康保険は有り難いですね。

保険治療だったら、これだけの治療をしたとしても大したお金は掛かりません。

海外だったら実費で50万円くらい掛かるのではないでしょうか。

民間の保険に入っていれば安くなりますけど。

もちろん、日本でも保険治療に使われる銀素材(クラウン)ではなく、
歯の色に近いセラミック素材などを使うと1本8万円くらいしますね。

いずれにしても歯は大事なものなので、大切にしましょう(笑)。



というわけで、この歯科医院からも定期検診のハガキが届いたのをきっかけに、
今回歯医者へ行ったわけです。

親知らずに違和感があったとはいえ、
ハガキが来なかったら忙しさを理由に行かなかったかもしれません。

歯が抜け落ちてから歯医者に行ったとしたら、処置が遅くなって他の歯に影響が出ます。

なので、こういった定期的なご案内というのはメールよりもハガキがいいですね。

手元にいつでも見れる状態で残るため、何度も気付かされることになるからです。

ハガキと同じようにアナログのマーケティングに関しては、今でも有効なものがあります。

ネットマーケティング全盛の時代なのでアナログマーケティングを軽視してしまいがちですが、
費用対効果の非常に高いマーケティングがあるのでご紹介したいと思います。



1つ目は「紹介」ですね。

最近も私の会員になった方から、「◯◯さんの紹介で入会した」というメッセージをいただきました。

紹介の強みというのは、事前にじっくりと検討することなくサッと申し込むことですね。

私の場合ですと、メルマガや本を読んでから無料相談を受けて申し込まれる方が多いのですが、
紹介の場合はこのプロセスを経ることなくご入会に至るのです。

それでは、「紹介」を得るためにどうしたら良いのでしょうか。

以前、治療院の会員さんや保険販売の会員さんに聞いたのですが、
顧客と接した時に「◯◯さんと同じような境遇の方がいたらご紹介下さい」と言うだけです(笑)。

この一言がなかなか言えないという人が多いと思いますが、思い切って言ってみて下さい。

それだけで紹介が増えるのであれば、ある意味コストゼロで集客することができます。

費用対効果は抜群に良いですね。



2つ目は「ファックスDM」です。

以前、私の会員だった方で法人向けのノウハウ教材(DVD)を販売している方がいまして、
最初は試験的に東京エリアでファックスDMを流していたのです。

すると、かなり反応が良いことがわかったので全国エリアにファックスを流すことにしました。

その結果、ファックスが2台壊れたという話を聞きました。

ファックスが壊れるほどに注文が殺到したということですね。

ファックスDMのポイントは、法人の場合ファックス番号が簡単に手に入ることです。

そういった業者がたくさんいまして、1件5円とか格安で配信してくれるのです。

インターネットのPPC広告が1クリック50円とか100円する時代ですから、
1件配信して5円というのは格段に安いですね。

マーケティング費用が安いというのは、利益を残すためにもっとも大切な要素の一つです。

特に法人向けの場合はファックスDMを検討すると良いですね。



というわけで、アナログマーケティングについて書いてみましたが、
まだまだ使い方によっては可能性が大きいことがお分かりいただけたと思います。

ネットマーケティングとうまくバランスを取って使っていくと良いでしょう。

mhiraga1 at 23:13│
プロフィール
こんにちは。平賀正彦です。インターネットを使った集客方法のノウハウを皆さまにお伝えいたします。
平賀正彦のメルマガ(週刊)

数多くのネットビジネス成功者を世に送り出した平賀のメルマガ。成功事例、マーケティング、旬なビジネスなど、既刊の著書には書かれていない内容が盛り沢山です。

 メールアドレス(必須)
記事検索
携帯で読み取ってください
QRコード