2018年11月05日

「LINEやFBのメッセージ開封率は8割超」

「LINEやFBのメッセージ開封率は8割超」


先日、毎年恒例となった人間ドックに行ってきました。

人間ドックなので身長体重測定はもちろん、視力、聴力、血圧などを測り、
採血などもするわけです。

しかし、皆さんもそうだと思いますが、唯一嫌なのが胃カメラですね(笑)。

前日から憂鬱になります。。。

昨年は比較的スムーズで、あっという間に終わった記憶があります。

担当医師からも、「全身がリラックスしているので素晴らしいですね!」、
などと言われましたが今年は苦戦しました(苦笑)。


医師「緊張しているのかな。喉が閉まっているのでカメラが通過できません。
   しかし、ここを通過しないと検査できませんから一気に入れますよ〜」


グリグリと喉の奥にカメラを入れる医師。


平賀「ゲホッ、ゲホッ」


もうすぐ終わりますよ〜、と言いながら結構長い時間我慢したような気がします(笑)。

しかし、多くの人が胃カメラを苦手としているので、カプセル状の使い捨てカメラを飲み込んで
スマホでチェックできるようにすればいいのに、なんて考えていました(笑)。

胃カメラというのは管がついているので、それが喉にあたって苦しいわけです。

無線の技術を使えばできそうな気がしますけどね。

その他の検査もすべて無事に終わって、特に問題ないということで安心しました。

今回気がついたのは、2年くらい前から運動を増やしているせいか体重が落ちたんですね。

私の場合、身長に対する平均体重よりも2キロ位少ないわけです。

平均体重を下回ってくると、ほとんどの項目が良い数字になってきますね。

逆に平均体重を上回ってくると、数字が悪くなってくるのかもしれません。

起業家というのは会社員と違って健康診断の義務がありませんから、
年に一度は受診したほうが良いと思います。



さて、今回は開封率の話をします。

先ほどメルマガの開封率について調べていたら、アメリカの調査機関によると、
一般的な業種の場合は開封率が15〜25%(2016年調べ)だということでした。

また、メルマガ内のリンクをクリックした確率は2〜3%とのこと。

私の印象としては開封率、クリック率共に意外と高いんだなと思いました。

もちろん、さらに開封率を上げるにはメルマガの件名を工夫することで上げることができます。

また、クリック率を上げるにはメルマガの文章をどのように書くかで変わってきますね。


メルマガ関連では、先日私の会員の熊野さんが面白い話をしてくれました。

彼は幼児教育向けのDVDを販売しているのですが、今まで購入歴のないメルマガ読者7,000名に
号外メルマガを一通流したら数百万円の売上が上がったというのです。

過去に購入歴のある読者と購入歴のない読者に別々のメルマガを送っているわけですね。

私も彼と同じことをやっていますが、リストを分けて違ったメッセージを送ることは良いことです。

なぜなら、以前何かしらの商品を購入したユーザーとまったく購入歴の無いユーザーでは
予備知識が全然違うわけですね。

購入歴の無いユーザーに、「DVD内で◯◯について話しました」と書いてもチンプンカンプンなわけです。

リストを分けて、ターゲットに合ったメッセージを送る必要があります。



開封率といえば、LINEやフェイスブックメッセンジャーの開封率は驚異的です。

なぜなら、多くの方がスマホで受信しますから常に手元にあるデバイスに着信することとなります。

着信音が鳴ったり、バイブレーションが振動するとつい見てしまいます。

こういったLINEやメッセンジャーをビジネスに使うとどうなるのかを会員さんが報告してくれました。


まず、LINEについて報告してくれたのは高橋貴子さん。

メルマガやフェイスブックからビジネス向けのLINE@に誘導して、定期的にメッセージを配信しています。

そのメッセージの開封率はなんと80%を超えるそうです。

また、成約率も非常に高いということを報告してくれました。


次に、フェイスブックのメッセンジャーを上手に使っているのは西山さん。

以前のメルマガでチャットボットの話を書きましたが、実際に導入している人はまだ少ないですね。

私のサイトや西山さんのサイトにはチャットボットをセットしていますが、
このボットがフェイスブックのメッセンジャーと連動しています。

チャットボットを利用すると自動的にメッセンジャーでやり取りができるようになるわけですね。

さらに、LINE@と同じくメッセージの一斉配信もできます。

何か特別な設定をしたわけではなく、初めからそういう仕様なんです(笑)。

西山さん曰く、メッセンジャーで配信したメッセージの開封率は90%を超えるそうです。

先ほどのメルマガ開封率と比較すると、数値の高さに驚きますよね。



というわけで、今回は開封率について書いてみました。

メルマガやメッセージを送信しても開封されなければ意味がありません。

また、商品やサービスの売上につながっていかなければ配信する意味も薄れてしまいます。

そのためにも、開封率やリンクのクリック率、成約率に着目すると良いでしょう。


mhiraga1 at 01:54│
プロフィール
こんにちは。平賀正彦です。インターネットを使った集客方法のノウハウを皆さまにお伝えいたします。
平賀正彦のメルマガ(週刊)

数多くのネットビジネス成功者を世に送り出した平賀のメルマガ。成功事例、マーケティング、旬なビジネスなど、既刊の著書には書かれていない内容が盛り沢山です。

 メールアドレス(必須)
記事検索
携帯で読み取ってください
QRコード