2017年05月

2017年05月19日

わかりやすさを追求する

「わかりやすさを追求する」


2年ほど前にこのドレスは何色かという話題がネットを賑わしました。
https://goo.gl/sRYVHE

ドレスの色が「白と金」なのか、「青と黒」なのかということですね。

私の目には「白と金」にしか見えないのですが、
「青と黒」に見える人も多いようです。

詳しい内容は先ほどのページを見ていただきたいのですが、
その理由は自分の脳が自動的に「補正」をかけてしまうということのようです。

ちなみに、このドレスの正しい色は「青と黒」とのこと。

このドレス問題の後、ジャケットの色などいろんな事例が出てきていますね。

何事も人によって「見え方」が違うという典型的なケースだと思います。


また、見え方だけではなく「感じ方」においても温度差がありますよね。

私がサラリーマン時代に自分としてはかなり頑張っているにも関わらず、
一向に上司から評価されないということがありました。

他の人よりも1時間早く出社したり、精力的に仕事をしているのですが、
上司は私よりも他の人を評価し続けていたのです。

そんな時にある本を手に取りまして、その本に書かれていたのは自分の思いと
他人の思いは違うということでした。

自分が100%頑張っていると思っていても、
他人はその半分くらいしか感じていないと思ったほうが良いみたいです。

今となっては、好きか嫌いかという要素も大きかったのだと思いますが(笑)。



というわけで、人によって「見え方」とか「感じ方」というのは違うことがわかります。

これをホームページに当てはめると、できるだけわかりやすく伝えることが
売るための第一歩になってくると思います。

わかりやすく表現するためにはどういった手法を使ったら良いのでしょうか。

基本的なものを3つほど挙げてみたいと思います。



1.写真を多用する。


2.上部のバナーを工夫する。


3.色や文字サイズを工夫する。



まず1番の写真を多用するということですが、百聞は一見にしかずという言葉があります。

人から何度も話を聞くよりも、一度自分の目で見たほうがわかるということですね。

例えば、リフォーム会社などの施工事例をホームページに載せる時に、
ビフォーアフターの写真を載せれば誰でもその違いがわかるわけです。

逆にこれを文章のみで表現するのは至難の業ですね(笑)。

もちろん、多少の文章を付け加えるのは良いと思いますが、写真中心で良いと思います。

他の例ですと、治療院などのホームページで施術の流れを載せたい場合があります。

これも5枚位の分解写真で掲載すれば、誰でもわかるようになりますよね。

文章だけで説明するとわかりにくくなってしまいます。



次に2番目の上部バナーを工夫するということが大切です。

サイトをパッと見た時に、最初に目に入ってくるのはトップのバナーです。

これはパソコンだけではなく、スマホで見た時にもそうですね。

トップのバナーを見た時に、このサイトがどんなサイトなのか、
一瞬にしてわかるようにしなければなりません。

時間としてはわずか数秒ですね。

時々、このサイトは何のサイトなのか、じっくり見ないとわからないケースがあります。

こういったサイトの場合は数秒で離脱してしまうわけですから、
当然のことですが売れるサイトにはなりません。

先ほどのリフォームのケースであれば、職人さんの顔写真を入れるとか、
施工事例の写真を入れることが考えられますね。

治療院の場合も院長さんの顔写真を入れたり、施術の写真を入れても良いと思います。



3番目はサイトの色や文字サイズなどを工夫してみましょう。

サイトの色というのは極めて大事な部分であって、一番良くないのは色を使いすぎることです。

私は会員さんにメインで使う色は三色くらいが良いと言っているのですが、
それ以上の色を使うとゴチャゴチャしてわかりにくくなります。

例えば、ベージュをメインの色として使う場合、
オレンジとかブラウンをサブの色として使うと良いです。

つまり、同系統の色を三色くらい使っていくとシンプルで見やすくなってくるのです。

また、赤とか黒のような強い色は使い方が難しいので避けたほうが良いかもしれません。

文字のサイズについては、グーグルなどの文字サイズに近いほうが良いでしょう。

時々、デザインの問題から極端に小さい文字を使っているサイトも見受けられますが、
読みにくくなってしまうため成約率は良くないと思います。

セールスレターの場合は部分的に文字サイズを大きくしたり、
文字に色を付けることで読みやすくなってきますね。



というわけで、わかりやすくするための基本的なことを3つ書いてみました。

もちろん、これは業種やターゲットによって多少異なってきますし、
3つの基本以外にもいくつかポイントがあります。

ただ、一度に全部やろうと思うとなかなか進まないこともありますから、
まずはこの3つを実践してみましょう。

そして、ある程度完成したらネットに詳しくない人に一度見てもらうと良いかもしれません。

ネットに詳しくない人に見てもらうと、
私たちが当たり前だと思って見落としている点が見つかることがあります。

mhiraga1 at 10:51|Permalink 気付いたこと 

2017年05月01日

社長の報酬額が4倍になった事例

「社長の報酬額が4倍になった事例」


先日、7年ほどご入会されている会員さんとお話をしました。

この会員さんをAさんとしておきましょう。

Aさんがご入会された当初、年間の利益額は3000万円程度。

ここから社長の報酬を差し引いて、あとは会社に内部留保として残すことになります。

Aさんの年間報酬額は1200万円くらいだったと記憶しています。

毎月100万円くらいの報酬ということですね。

その時の会話はこんな感じだったと思います。



Aさん「今の報酬額でも十分なのですが、起業したからにはもっと稼ぎたいです」


平賀「ゼロから事業を立ち上げるのは大変ですが、
   今の状態から業績を伸ばすのはそれほど難しくないです」



あれから7年の歳月が経ち、久しぶりにAさんとお話をしました。



Aさん「年間の利益額が1億円を超えまして、私の報酬額は半分くらいです」


平賀「それは凄いですね。事業が複数あるのでそれほど変動しないと思います」



なんと、年間1200万円だった報酬額が今や5000万円になったということです。

私の会話にもありますが、Aさんの事業は多岐に渡っています。

大きく分けると、以下のようになります。


1.輸入ビジネス


2.サプリメント販売


3.教育事業(DVDなどの販売)


実は、私のところにご入会した当初は1番の輸入ビジネスと2番のサプリメント販売
のみを行っていました。

この2つで年間の利益額が3000万円ということですね。

これらの数字は今でも変わっていませんので、
3番の教育事業で年間の利益が7000万円を超えているということです。

なぜこれほどまでに利益額に差があるのかといいますと、単純に利益率が高いからです。

ここがポイントですね。



1番の輸入ビジネスというのは当然仕入れが発生しますから、
仮に販売額の半分で仕入れたとしても最終的に利益として残るのは3割くらいでしょう。

当然のことですが、集客コストや人件費も必要になりますからね。

ただ、こういったビジネスは比較的やりやすいので最初のビジネスとしては良いと思います。


2番のサプリメント販売に関しては、自社開発のサプリメントなので利益率は高いのです。

しかも、リピート性があるためライフタイムバリューが高くなります。

1人のお客様が何回も買ってくれるわけですね。

そう考えると、非常に良いビジネスと考えることができます。

しかし、こういったサプリメント販売には大きな問題が1つあります。

それは広告審査が極めて厳しいということですね。

私の会員さんでも過去に多くの方がサプリメント販売をやっていましたが、
広告が非掲載になった時点で大きく業績が下がってしまうわけです。

さまざまな工夫をして再び広告掲載を試みるのですが、
長期に渡って安定的に掲載するのは至難の技だったりします。

Aさんも広告掲載にとても苦労していまして、結局現在は既存客のみへの販売となっています。


1番と2番の事業に関しては上に書いた理由から伸びしろが少なく、
現状維持というのが精一杯になります。

そのような状況の中、3番の教育事業を始めたのがAさんの転機となりました。

主にDVDなどの教材販売を行っているのですが、とにかく利益率が高いわけです。

ご本人の経験したことを中心としたオリジナルコンテンツなので、
コストとしては集客するための広告費用とDVD制作費用くらいになってくるわけです。

少なく見積もっても売上の8割は利益といったところになると思います。

しかも、安い教材でも5万円くらいするものを販売していますので、
客単価が高くなるわけですね。

つまり、少ないお客様でも十分な利益が出るようにビジネスが設計されているのです。

大企業のような薄利多売を真似することはできませんから、
少ないお客様で確実に利益を出すというのが大事だと思います。



以前のメルマガで書いたと思いますが、
300人のお客様を持っていれば一生稼げるという法則があるそうです。

300人だったら、何とか集められそうな感じがしますよね。

もちろん、お客様の入れ替わりもありますから常に新規客を集めなければなりません。

この法則というのは、お客様の最小ロットが300人ということだと思います。

中には3000人とか3万人集めてビジネスをする方もいると思いますが、
まずは300人を集めようということですね。

また、300人でも十分に利益が出るようなビジネスを設計する必要があります。

それは利益率の問題になってきますね。

利益率が低いといくらお客様を集めても儲かりませんし、
忙しいだけで毎日が終わってしまいます。


最後にAさんの言った言葉が印象的でした。

「社員が仕事をしてくれるので、毎日昼から時間がたっぷりあるんです。
 その時間で勉強をしたり、次の事業を考えています」

こういったサイクルに入ってくると、さらに業績が上がってきますね。


mhiraga1 at 05:35|Permalink 成功事例 
プロフィール
こんにちは。平賀正彦です。インターネットを使った集客方法のノウハウを皆さまにお伝えいたします。
平賀正彦のメルマガ(週刊)

数多くのネットビジネス成功者を世に送り出した平賀のメルマガ。成功事例、マーケティング、旬なビジネスなど、既刊の著書には書かれていない内容が盛り沢山です。

 メールアドレス(必須)
記事検索
携帯で読み取ってください
QRコード