2016年04月

2016年04月22日

心臓手術の自己負担は10万円

「心臓手術の自己負担は10万円」


先日、私の会員さんが不整脈による心臓のカテーテル手術を行ったそうです。

手術は2時間程度で終わり、経過観察のため2日間入院。

費用の全額は約150万円だったそうです。

心臓の手術ですから、これくらいは掛かるのかなという印象ですね。

しかし、日本の場合は健康保険がありますから3割の自己負担。

そうすると、約45万円となりますよね。

日本の医療保険が凄いなと思ったのはここからです。

「突然の医療費負担が家計を圧迫しないように、一定の自己負担額を超えた分は
あとから払い戻される高額療養費制度を設けている」とのこと。

結局、私の会員さんが支払うのは10万円程度だということです。
(※この金額は所得により変動)

150万円が10万円になるわけですから激安と言っても良いかもしれません。



ところで、今回メルマガを書くにあたって医療保険について調べていると、
凄い記事を見つけました。

アメリカの青年が盲腸の手術を行ったところ、575万円を請求されたというのです。

57万5千円ではなく、575万円ですよ(苦笑)。

日本で盲腸の手術をすると、入院費も含めて30万くらいだと思います。

もちろん、保険を使えば3割負担ということになります。

ちなみに、アメリカの保険というのは民間の会社がやっていて、
この青年は保険に入っていたため2割負担で良かったそうです。

しかし、2割負担でも116万円!

若者が簡単に支払える金額ではないですよね。

その内訳が驚きの内容で、術後の回復室に2時間滞在した際の使用料が78万円。

入院を1泊した時の部屋代と食事代で51万円。

51万円って、どれだけ豪華な部屋なんでしょうか。。。

さらに、麻酔代が47万円。

以前、アメリカの医療費がなぜ高いのかという本を読んだことがありますが、
一番大きな要因は医師の報酬額がとても高いそうですね。

参考までに主要国の盲腸手術費が掲載されているページをご覧ください。

これを見ると、日本が安すぎるのかも、という気持ちになります(笑)。
http://aienu.jp/relation/expense.html


今回、なぜ医療費の話を書いたのかといいますと、
各国の手術費用の格差は”どこに原因があるのか”を書きたかったのです。

先ほどの一覧ページを見ていただくと、
日本を除き先進国のほとんどが100万円超え。

アメリカとスイスは200万円超えですね。

一方で、新興国はどこの国も100万円以下に収まっています。

どうしてこれほどまでに金額の差があるのでしょうか?

先ほどの文章でも少し触れましたが、その原因の多くは人件費なんですね。

医師の報酬が高い国は治療費も高くなりますし、
報酬の安い国は治療費が安いということです。

確かに、日本の勤務医は報酬が安いと聞きますからね。

あとは、1つの手術を何名の医師やスタッフで行うかということもあると思います。

日本では3名のところをアメリカでは5名なのかもしれません。



以上のことを踏まえて、
私たちのネットビジネスを考えていくと方向性が見えてきます。

安い固定費でビジネスを行うほど、
ユーザーに商品やサービスを安く提供できるということです。

気をつける点は以下の3つですね。


1.人件費は安いほうが良い。


2.スタッフの人数は少ないほうが良い。


3.事務所や機材にお金を掛けない。



1つ目の人件費は安いほうが良い、というのは誤解を招くかもしれません。

報酬額の安いSOHOさんに依頼したら、仕事が雑だったり遅かったりして、
クレームの原因になったという話はよく聞きます。

私自身が行った方法ですが、SOHOさんやスタッフを雇う場合は、
少なからず教育が必要になってきます。

即戦力の人材だとどうしても高くなってしまうので、
半年くらいは教育期間として考えておいたほうが良いでしょう。


2つ目のスタッフの人数ですが、
これはできるだけコンパクトに収めたほうが良いでしょう。

人数を揃えないとできないような労働集約的なビジネスは仕方がありませんが、
パソコンで作業効率を上げることを考えていく必要があります。

私の会員さんではこの辺を理解している方が多く、
自分一人でやっているとか、少人数で行っている方が多いですね。

日本の場合は一度雇ったスタッフを簡単に解雇することができないため、
採用はくれぐれも慎重に行ったほうが良いです。

私は前職の際に、随分と痛い目に遭いました。。。


3つ目は事務所などの固定費ですが、
これは駅前などの賃料の高い場所に構える必要はありません。

もちろん、お店をやっているとか事務所に来客が多い場合は別ですが。

または、一等地に事務所を置くことで信頼性が上がるという場合もあるでしょう。

それらを除いて、ネットビジネスの場合は駅から離れていても、
地方であっても全然問題はありません。



というわけで、冒頭の医療費がなぜ国によって違うのかを考えていくと、
結局は人件費にたどり着くのです。

人件費をどう捉えていくのかによって、皆さんのビジネス観が変わってきます。

私がビジネスを始める際、真っ先に考えたのはこの事なのです。


mhiraga1 at 07:25|Permalink 気付いたこと 

2016年04月09日

サーバーのパスワード変更は必須

「サーバーのパスワード変更は必須」


最近、スパムメールが劇的に増えてきましたね。

私の場合は管理しているメールアドレスの数が多いので、
1日に100通くらいはスパムペールが届いていますね。

Gmailをメインで使っている方は迷惑フォルダの振り分けが強力なので、
そういったスパムメールは自動的に振り分けられます。

迷惑フォルダに入ったメールは一括で削除できますので、
安全性が高いといえるでしょう。

しかし、それ以外のメーラーを使っている人は気をつける必要があります。

例えば最近の手口は巧妙になっていて、「お申し込みの確認」といった、
つい開いてしまいがちの件名になっています。

しかも、領収書は添付ファイルを開いてください、などと書かれていますので、
思わず開いてしてしまいそうになります。

こういった添付ファイルはくれぐれも開かないことです。



さて、ネットビジネスをするためにはセキュリティがとても大切になってきますが、
先日ある会員さんから衝撃的な報告がありました。


Aさん「会員のBさんのサイトを検索すると、リンク先に変な動画が出てくるんです。
   サイトに何か問題があったのでしょうか?」


さっそくその方のサイトを検索してみると、海外のアダ○ト動画が出てきたのです。
※迷惑ボックスに入ってはいけないので、伏せ字にしておきます。

思わず目を疑いましたね。

ビジネスサイトである、
Bさんのサイトを検索するとアダ○ト動画が出てくるわけですから。

どうしたのかと思いまして、さっそくその会員さんに連絡を入れてみました。

しかし、こういった時に限って、なかなか連絡がつきません(笑)。

翌日に連絡が取れたので、その旨を伝えるとまったく心当たりがないとのこと。

その方といろいろ話をしていくと、
結論としては外部から侵入されてサーバー内に動画をセットされたようです。

しかし、何のためにそんな動画をセットするのでしょうか?(苦笑)。

しかも、1つや2つではなく数百個ですよ。

そのセットされた動画には無数のリンクが貼ってあったので、
それが目的だったのかなと思ったのですが、真相はわかりません。



それでは、なぜそのようなことが起こったのか。

ご本人にはまったく心当たりがなく、ご自身のパソコンもセキュリティが入っていて、
特に問題なく動いていると。

ここからが大事なところですが、
その会員さんは今まで3〜4人の方にホームページの修正を依頼していたそうです。

そして、サーバーのパスワードは今まで1回も変更したことがないと。

これはあくまでも予想ですが、今までメンテナンスを依頼していた業者経由で
パスワードが漏れてしまった可能性も考えられます。


以前、有名なFFFTPというFTPクライアントを古いバージョンのままで使っていると、
パスワードが盗まれるというケースがありました。

新しいバージョンではそういったことが無くなったらしいのですが、
そこからサーバーのパスワードが盗まれて、ホームページが改ざんされるのです。

私の会員さんでも何名か改ざんされたケースがありましたが、
その際に自分のパソコンからパスワード盗まれたというわけでもないのです。

業者やSOHOさんにホームページの修正を依頼している場合、
そこから漏れてしまったことも考えられるわけですね。

なので、修正をお願いしている方にはパスワードの管理を徹底することと、
定期的にパスワードの変更をする必要があります。

サーバーのパスワードって、ほとんどの方が変更しないことが多いですからね。

特にメインサイトのサーバーに関しては、この点を徹底したほうが良いです。



冒頭の話に戻りますと、サーバー内に怪しい動画をセットされたBさんですが、
早急にそのファイルをすべて削除したそうです。

ファイルが削除されれば、検索エンジン上の表示は消えてきますので、
Bさんのサイトを検索したときに表示されることはなくなりました。

というわけで、サーバーを管理する上での注意点は以下の3つとなります。


1.パスワードを定期的に変更すること。
変更することによって、パスワード漏えいのリスクを軽減することができます。


2.年に一度くらいはファイルの整理をすること。
サーバー内の掃除といいますか、使っていないファイルを整理するだけで、
おかしな現象に気がつきやすくなります。


3.自分のパソコンはもちろんですが、外注さんの使用状況も確認しておく。
外注さんがどんなセキュリティソフトを使っているのか、
また先ほど書いたFTPクライアントの種類も聞いておくと良いでしょう。


せっかくネットビジネスを立ち上げても、
こういったことが原因で停滞するのは本意ではありません。

ビジネスを続けていくと売上を伸ばすという「攻め」に意識が集中しがちですが、
今回のような「守り」の部分も気にしていく必要がありますね。

mhiraga1 at 08:29|Permalink 気付いたこと 
プロフィール
こんにちは。平賀正彦です。インターネットを使った集客方法のノウハウを皆さまにお伝えいたします。
平賀正彦のメルマガ(週刊)

数多くのネットビジネス成功者を世に送り出した平賀のメルマガ。成功事例、マーケティング、旬なビジネスなど、既刊の著書には書かれていない内容が盛り沢山です。

 メールアドレス(必須)
記事検索
携帯で読み取ってください
QRコード