2016年03月

2016年03月31日

ライバルより安く顧客を集める方法

「ライバルより安く顧客を集める方法」


ビジネスをする際に、もっとも大切な一つが顧客獲得コストです。

1人の顧客を獲得するのに、
どの程度のコストが掛かるのを計測していくわけですね。

獲得コストがゼロ円であれば利益率が格段に良くなりますし、
赤字になってしまうとビジネスが立ちゆかなくなってしまいます。

顧客を獲得するためには、手っ取り早いのが広告宣伝をすること。

中には展示会に出品したりすることもあるでしょう。

その他、口コミを広める仕組みを作ったり、
既存のお客様にはダイレクトメールを送ったりすることもあります。



先日、アップルが新商品の発表会を行いましたが、
それだけで多くのメディアが扱ってくれますからいいですよね。

発表会を行えば、あとは勝手に宣伝してくれますからコストが安いわけです。

それだけのブランド力があるということでしょう。

他のスマホメーカーは、発表会を行ってもこれほど宣伝はしてくれませんから。

ちなみに発表された新商品は、
iPhoneSEという小さいモデルが最安値で約5万7千円(税込)。

昨年発売されたiPhone6sだと10万円を超えてしまうので、
それに比べたら安いモデルなのかもしれません。

しかし、スマホに5万とか高いですよ(笑)。

もう1つ発表されたのが、iPad Proの小さいモデル。

これが最安値のモデルで、約7万2千円(税込)。

iPad Proは手書きができるというのが売りなのですが、
なぜか専用のペンが別売りで約1万3千円(税込)くらいします。

両方買うと8万5千円にもなるので、それは儲かりますよね(苦笑)。

もちろん、私たちのビジネスをアップルと比較しても仕方がないのですが、
オプションを付けるというのは1つのヒントになります。



さて、本題の顧客獲得コストについて書いてみたいと思います。

前回のメルマガでご紹介した熊野さん。

彼は従来輸入ビジネスを行っていたのですが、
少しずつ事業転換を図って、現在は学習教材の販売が1つの柱になりつつあります。

彼は医師免許を持っているので、
将来医者になりたい子どもたちに教材を販売しているわけです。

ターゲットとしてはマーケットが小さいのですが、高額教材がかなり売れています。

その際の集客としては、PPC広告とロングテールSEOがメインとなっています。

前回のメルマガでは、
このロングテールSEOからの売上が上がってきたという内容でした。

まだ34ページしか作っていないのですが、それでも月に44万円の売上。

1ページ換算では1万3千円となるため、
仮に200ページ作ったら260万円になるという話でした。

もちろん、これはロングテールSEO経由の売上だけを計算しているもので、
メインの集客ルートであるPPC広告を含めるとかなりの売上に成長しています。


そして2つ目の事例としては、
こちらも以前のメルマガで書いたケースですが、社労士の奥野さん。

彼の場合も、集客はPPC広告とロングテールSEOがメインとなっていて、
その他にYouTubeやFaceBookからも集客を行っています。

ページあたりの売上は聞いていませんが、
全体のアクセスの6割が検索エンジン経由とのこと。

そう考えると、売上のかなりの割合がロングテールSEO経由だと予想されます。


さらに3つ目の事例としては、ご存知シークレットブーツの岡田さん。

彼もロングテールSEOをやり始めてから半年後、顧客獲得コストが下がって、
そのお金をさらにPPC広告へ使うことができたと教えてくれました。

彼曰く、ここが1つのターニングポイントになったそうです。


この3名の事例を見ていくと、
顧客獲得コストは将来的にどんどん下がってくるわけですね。

ページを増やせば増やすほどコストが下がってくる。

例えば、1ヶ月の広告費が10万円だとします。

10名の申し込みがあれば、顧客獲得コストは1人1万円という計算になります。

しかし、広告ではなくロングテールSEOからの申込みも10名あったとすると、
顧客獲得コストは5千円まで下がる可能性があるわけですね。

もちろん、それはロングテールSEOの記事を書いたりする作業を
すべて自分で行った場合ですが。

逆に、集客の100%をPPC広告で行っている場合は1万円ということになります。

この金額を下げるために、ロングテールSEOを組合せるのが良いのです。



ライバルがPPCなどの有料広告だけで集客を行っている場合は、
迷わずロングテールSEOを行うべきです。

そうすることによって、顧客獲得コストはページの更新に比例して、
徐々に下がってくるため競争力が高くなってくるのです。

ただし、単純にページを増やせば良いということではなく、
キーワード選定を行い、読者のためになるような記事を書く必要があります。

今日書いて、明日結果が出るというものではありませんが、
ジワジワと効果が出てくるので、半年後、1年後が楽しみな方法ですね。

mhiraga1 at 12:12|Permalink マーケティング 

2016年03月26日

午後2時に出社する男の仕事術

「午後2時に出社する男の仕事術」


私のメインサイトでは、
無料相談を受け付けるバナーをセットしています。

右上部の緑色のバナーですね。
http://www.hiragamasahiko.jp/

これは2009年から始めまして、多くの方にご利用いただいています。

過去のデータがすべて残っているので、先ほど確認してみましたら、
累計で5000件を超えていました。

過去にいただいた相談を見てみると、面白い傾向に気がつきました。

スタートした当初というのは、
マーケティングとかホームページに関するご相談が多かったですね。

例えば、SEOに関することやPPC広告に関することなど。

また、ホームページの成約率を上げる方法についてのご相談が多かったです。

しかし、その後ご相談の内容が徐々に変わってきて、
自由なライフスタイルを確立するためにネットビジネスをしたい、
といった内容のご相談が来るようになりました。

これは、おそらく当初は起業家の方が圧倒的に多かったのですが、
徐々にいずれ起業したいというサラリーマンとか主婦の方が増えてきたのでしょう。

実際にご入会いただく方の層を見てみると、
サラリーマンの副業や主婦の方が多くなってきたことは事実です。


私は起業する前に10年以上サラリーマンを勤めてきましたが、
サラリーマンは結構大変ですよ。

まず、当たり前ですが会社に決められた時間に出勤しないといけませんし、
決められた場所に勤務しなければなりません。

しかし、私が起業してから気付いたことなのですが、
人それぞれ能率の上がる時間帯というのがありますよね。

例えば、早朝が良いという人もいれば、深夜がもっとも能率が上る人もいます。

また、仕事をする場所についても、会社に集まって仕事をするよりも、
スタバの方が能率が上がるというケースもあることでしょう(笑)。

私はサラリーマン時代に転勤族だったのですが、
家族への影響が大きいために転勤が嫌だというケースもあると思います。

そう考えると、ネットビジネスを中心とした起業というのは1つの選択肢となります。

少人数、もしくは一人で仕事ができるというメリットがありますし、
あとはホームページが勝手に稼いでくれるわけですから。



さて、本題に入りますが、先日会員の熊野さんとお話をしました。

何度かメルマガでご紹介した会員さんですが、
医師免許を持っているにもかかわらず、起業をしたという変わった人です(笑)。

ご入会いただいた当初は数名のスタッフを使って、
主に中国から輸入した商品を販売していたと記憶しています。

扱っている商品はとてもユニークで、
工場で使うような工具全般と人体模型なども販売していましたね。

彼の商品選定には1つの傾向があって、ほとんどが法人向けの商品なのです。

法人向けというのは一度に複数の商品を購入してくれたり、
支払いが確実であるというメリットがありますよね。

こういった法人向けの商品をメインにするというのが、彼の非凡なところです。


また、別のビジネスとして、先程も書いたように彼は医師免許を持っているので、
将来医者になりたい子供向けの教材も販売しています。

先日、彼と話をした時に、このビジネスがとても好調だと教えてくれました。

なぜなら、その理由は利益率が高いからです。

先ほど書いた中国輸入のビジネスというのは、仕入れにお金がかかりますよね。

そうすると、当然の事ながら利益率は下がってきます。

しかし、教材販売というのは熊野さんのノウハウを教材にして、
自分のホームページで販売するわけですから、利益率が抜群に高いわけです。

集客をどうやって行っているのか聞いてみると、


熊野「メインはPPC広告ですが、最近はSEOからも集まるようになりました」


SEO対策というのはビッグワードを狙うのではなく、
ロングテールで細かいキーワードを狙う方法ですね。

以前このメルマガでも社労士の奥野さんの例をご紹介しましたが、
細かいキーワードを狙うロングテールSEOというのは結構効果があるんですね。

熊野さんの話によると、ロングテールSEO経由で毎月44万円売れるそうです。

面白いのは、何百ページも記事を増やしているわけではなく、
今のところ34ページしかないそうです(笑)。

このページ数から計算すると、1ページあたり毎日13,000円売れるのだとか(笑)。

ということは、200ページまで増やしたら月に260万円売れる計算になります。

もちろん、これはロングテールSEOから売れた金額であって、
メインはPPC広告経由で売れているのです。

その後、獲得したリストに対してメルマガを出しているわけですね。

このメルマガにおいても、現在300通くらいのステップメールを組んでいるので、
一度組んでしまえば後はラクなわけです。


ちなみに、熊野さんは典型的な夜型らしく、出勤時間は午後の2時だそうです(笑)。

午後2時に出勤したというのに、夕方5時には退社するのだとか。。。

今では10名以上に増えたスタッフが指示通りに仕事をやってくれるので、
彼は次のビジネスを考えることに時間を使っているようです。

念のため、遊んでいるわけではありません(笑)。

熊野さんは、時間と場所を自由に選択できる生き方を実践していますね。


mhiraga1 at 13:10|Permalink 成功事例 

2016年03月20日

なぜ?便利機能を使わない人々

「なぜ?便利機能を使わない人々」


先日、立て続けに面白い光景を目撃しました。

ここ数年のiPhoneというのは「指紋認証」の機能が付いていますよね。

ロックを解除したり、音楽やアプリをダウンロードするときにも、
わざわざパスワードを入れることなく行うことができます。


ある日、たまたま3人の方と別々に会う機会がありまして、
スマホを操作している様子を見ていると、皆さんパスワードを入れているのです。

スマホの形からしてiPhone6だったので、
どうして指紋認証を使わないのだろうと不思議に思っていたんです。

ロック解除って頻繁にありますから、その都度パスワードを入力しています。

しかも、最近のiPhoneはパスワードが6桁になっていますから、
それを毎回打ち込むのは大変ですよね。


まず、1人目の方に聞いてみると、次のようなお答え。


Aさん「手に汗を書くので、指紋認証ができない・・・」


確かに指が濡れていると反応しないこともあるようですが、
そんなに毎回指が濡れていることも少ないと思うのですが。。。


次に2人目の方に聞いてみました。


Bさん「寝ている時に、誰かが自分の指をスマホに置いたら解除されるからです」


確かに可能性としてはありますが、
寝る時だけ、指紋認証をオフにすることもできます。

しかし、Bさんのスマホを狙っている人が周りにいることに驚きです(笑)。


3人目の人も、「指を置くだけでロックが解除されるのは怖い」と言っていましたね。

個人的にはスマホの機能で一番気に入っているのが指紋認証だったので、
3名の意見にはちょっと驚きました。


ちなみに、最近では顔認証システムが発達していて、
フェイスブックなども自動的に判別するようになっていますよね。

これがさらに進化していくと、空港などに設置されている防犯システムに、
名前が自動表示される時代がすぐそこまで来ているのでしょう。

空港ならまだしも、コンビニなどで名前が表示されたら嫌ですね(笑)。

先日も、世界中の防犯カメラが見られるというサイトが話題になったばかりです。

これはパスワードが初期設定のままの場合、簡単に入り込めたようです。

というわけで、世の技術革新のスピードはとても早く感じますが、
それとうまく付き合っていけると良いですね。



さて、本題に入りますが、ネットビジネスを行う上で、
使ったほうが良い便利機能がいくつか見受けられます。

しかし、意外と知らなかったりすることも多いですよね。

今回は、使ったほうが良い便利機能をいくつかご紹介したいと思います。


1つ目はワードプレスのプラグインですね。

皆さん、ホームページをワードプレスで作る方が多くなってきたと思いますが、
無数にあるプラグインの中でどれを使ったらいいのか悩むと思います。

このプラグインというのは便利な機能で、それをインストールするだけで、
以前行っていたような面倒な作業が必要なくなります。

今回はページの読込みスピードを上げるプラグインをご紹介します。

ページの読込みスピードを上げていくと、当然検索エンジンに有利になります。

上位表示されやすくなるわけですね。

スピードを判定するサイトなどもあって、下記などが有名なサイトです。
https://gtmetrix.com/

一度、ご自身のサイトURLを入れてチェックしてみてください。

判定を良くするためには、大きく分けて3つのポイントが有ります。


1.ソースの改善

2.キャッシュ

3.画像サイズ


1番を改善するのは、「Head Cleaner」というプラグイン。

そして、2番を改善するのは、「W3 Total Cache」。

3番を改善するのが、「Lazy Load」というプラグインになります。

以上の3つは代表的なプラグインなので、安心して使えることと思います。

ただ、私のスマホサイトは相性の悪いプラグインもありましたので、
現在は別のものを試している最中です。

この辺はサイトに作りによっても変わりますから、
いくつか試してみると良いでしょう。


2つ目はPPC広告のセッティングに関してです。

SEO対策と同じように、ネット集客をする上で要となるのがPPC広告ですね。

ただ、セッティングが面倒とか、わかりにくいといった問題があります。

その場合、グーグルのアドワーズ広告に限っては、
アドワーズエディター(AdWords Editor)という編集ツールを使うと良いです。

すでに使っている人も多いと思いますが、パソコンにインストールして使います。

これは抜群に使いやすいですね。

特に、設定を全般的に変更するというときには必須のツールです。

なぜなら、コピペが使えるため、わずか数分の作業で完了します。



というわけで、今回は便利機能についてお話いたしました。

少人数でネットビジネスをする場合には、できるだけ時間短縮をする必要があります。

そういった時に便利機能の使い方を知っていれば、通常数時間掛かるところが、
数分で終わったりするわけですね。

特に今回お話したプラグインとかアドワーズエディターを使うと、
時間が以前の10分の1くらいに短縮されると思います。

ぜひ試してみると良いでしょう。


mhiraga1 at 07:12|Permalink 気付いたこと 

2016年03月13日

洞察力を鍛える〜失くしたパスポートの行方は?

「洞察力を鍛える〜失くしたパスポートの行方は?」


以前読んだ本で、人間が他の動物に比べて特に優れた能力は、
「洞察力」だという内容がありました。

その力のおかげで、人類は絶滅することなく生き残ってきたのだとか。

洞察力を辞書で調べると、目に見えない部分を見抜く力だそうです。

例えば、あの人は怒っていそうだとか悲しそうだということを、
見抜く力のことですね。

ちなみに、「観察力」というのは目に見える部分を見る力だそうです。



先日、香港へ仕事で行った時に現地在住の知人と会いました。

空港で待ち合わせをして、私の宿泊するホテルに立ち寄った後、
食事をするためにタクシーに乗って中心街へ出かけたんですね。

打ち合わせが終わった後に、私は一人でホテルへ戻り、
彼は自宅へ帰って行きました。

すると、1時間後くらいに彼からメッセージが届いて、
パスポートを失くしたというのです。

私のような旅行者はもちろんですが、海外在住の方にとっても
パスポートはとても大事なものです。

いろいろ思い出してみたのですが、中心街を歩き回っていたので、
どのあたりで失くしたのかわかりません。

彼は日本領事館に連絡すると言って、
私はホテルの自室でその報告を待っていました。

すると、ホテルのフロントから私の自室に電話が掛かってきたんですね。

受話器を取ると、ホテルのスタッフがこう言いました。


スタッフ「あなたの友人のパスポートがフロントに届いています」


私はさっそく友人にメッセージを送って、ホテルへ来るように伝えました。

皆さんもお気づきかもしれませんが、ここで不思議な事があります。

どうして、ホテルに届いたパスポートの所有者が
私の友人だとわかったのでしょうか。

確かに友人は私と一緒にホテルへ来ましたが、
チェックインしたのは私だけなのです。

そのスタッフに話を聞いてみると、タクシーの運転手が届けてくれたとか。

タクシーの中で落としてしまったんですね。

しかし、タクシーの運転手は宿泊客のパスポートだと思って、
ホテルに届けただけだと思います。

いろいろ考えていくと、
フロントのスタッフが私の友人の顔を覚えていたのでしょう。

それで、パスポートの顔写真を見た時に私の友人だとわかって、
私に連絡をしたということだと思います。

これって凄くないですか(笑)。

そのスタッフは、洞察力や観察力をフル動員していたのでしょう。

もちろん、パスポートには所有者の連絡先が記載されていますから、
いずれは彼のもとに戻ったと思いますが。

利用後にそのホテルからアンケートが来たので、
最高の評価にしたことは言うまでもありません(笑)。


ちなみに、私はその後、香港空港でノートパソコンを失くしてしまい、
大変な思いをしました。。。

手荷物検査の時にバッグから出して、置き忘れてしまったのです。

私こそ、洞察力、観察力を鍛えないといけませんね(笑)。

紛失に気付いたのが搭乗時間10分前のことでした。

空港スタッフは絶対に間に合わないと言っていたのですが、
理由を説明したら待ってくれたんです。

通常、国際線は待ってくれないのですが、スタッフが優しい人だったのかも。



さて、ネットビジネスを行うにあたって、
今回の洞察力がとても大切になってきます。

なぜなら、リアルビジネスであれば目に見えることが多いのですが、
ネットビジネスは目に見えないことが多いわけです。

例えば、商品やサービスを購入してくれた人の客層がわからないですよね。

年齢や職業を記入してもらったとしても、詳細はわからないことが多い。

私はサラリーマン時代に店舗の管理者をやっていましたが、
近くに工事現場があって、そこの従業員がよく来店するとか、
細かい部分まで把握することができていました。

それが業績アップにつながったことは言うまでもありません。

当然、その会社の給料日も把握していましたから、給料日前にはサービスをして、
給料日後には回収するということもやっていましたね。


それでは、目に見えない部分をカバーするにはどうしたらよいのでしょうか。

それは先程のホテルのように、
アンケートなどを取ってお客様と接する機会を設けることですね。

サービス業であれば利用者と接する機会がありますが、
物販の場合はほとんど無いのでアンケートなどが有効になってきます。

アマゾンなどが急激に成長しているのは、レビューの影響が大きいと思います。

今や、レビューのまったくない商品から購入するのは怖い気がしますね。

そういえば、先日、私のサイトで決済フォームのカスタマイズをしたのですが、
作業終了後に納品書とアンケートが送付されてきました。

これも1つの方法ですよね。



というわけで、ネットビジネスでは洞察力を鍛えることがいかに大切なのか、
おわかりいただけたと思います。

最近ではアナリティクスのデータを見れば、かなりの部分までわかるのですが、
「お客様の気持ち」までわかるわけではありません。

それは目に見えない部分なので、
アンケートなどを取りながら理解していく必要がありますね。


mhiraga1 at 14:59|Permalink マーケティング 

2016年03月01日

ユーチューブに3000本の動画をアップした男

「ユーチューブに3000本の動画をアップした男」


先日、ある本を読んでいたら、
人間が一生のうちに出会う人の数というのは決まっているそうですね。

一度だけ顔を会わせて名刺交換した程度の関係というのではなく、
ある程度親しい関係といったほうが良いかもしれません。

政治家とか大企業の社長さんなどは多いのかなと思いますが、
一般の方と何倍も違うというものではないそうです。

これは、単純に人間の持っている時間が決まっているからだと思います。

特定の人だけ1日が36時間になるわけでもなく、
150歳まで生きられるわけでもありません。

そう考えると、人の「縁」というのは大切にしなければなりませんね。

世界の人口が70億人と言われていて、
その中で自分が親しい関係になるのはほんのわずかですから。



前回のメルマガで、メインサイトのアクセス(訪問者人数)が、
1ヶ月に5万件近くになった会員さんがいるというという話をしました。

その方は、滋賀県で社会保険労務士を営んでいる奥野さんです。

彼からアクセスの内訳をデータで送ってもらったのですが、
それを見て驚きました。

なんと、検索エンジン経由のアクセスが7割を占めているんですね。

広告が2割程度で、その他が1割といった内訳でした。

しかも、この検索エンジン経由のアクセスはロングテールがメインなのです。

さっそく奥野さんに確認してみると、
コツコツと増やしている更新記事の一覧を見せてくれました。

奥野さんがロングテールSEOを狙って記事を書いているのは知っていましたが、
これほど書いているとは。。。

そして、それが実績として出ているところが凄いですよね。


実は、私の会員さんは数年前からビッグワードを狙う検索エンジン対策から、
奥野さんのようなロングテールを狙う対策に切り替えている人が多いです。

今回の事例はその最たるものですが、
月間に3万5千件のアクセスを検索エンジンから集めるというのは凄いです。

私がこれほどまでに驚いているのは、業種が社労士さんだからです。

例えば、私の古い会員さんですと「子育て」関係のサポートをしている方で、
月間に6〜7万件のアクセスを集めている人もいます。

ただ、社労士さんに比べるとアクセスを集めやすいわけですね。

子育てをしている方々のマーケットというのは大きいのです。

しかし、社労士というのは主にBtoBのビジネスになりますから集めにくい。

これは士業全般に言えることですね。


そして、奥野さんはさらに凄いことをやっています。

それは、なんとYouTubeに3000本の動画をアップしているというのです。

3000本ですよ(笑)。

仮に年間300日動画をアップするとすれば、
1日5本アップしても2年掛かる計算です。

これは、ユーチューバー並みの数だと思います。

YouTubeに動画をアップすると、2つのメリットがあります。

1つは、YouTube内で社労士関係のキーワードを検索すると、
奥野さんの動画がたくさん出てくることが予想されますね。

さらに、YouTubeの動画はグーグルの検索エンジンと相性が良いので、
検索エンジンに動画がヒットする可能性もあります。

ビジネスにYouTubeを活用したい場合は、実は後者のほうが効果がありますね。

検索エンジンにヒットした動画というのは、
そこから成約する可能性が高いのです。



以上のように見ていくと、奥野さんがいかに毎日記事を更新したり、
また、動画を更新しているのかがわかります。

それも、短期集中ではなく長い年月をかけて増やしているわけですね。

これは大変なことだと思いますし、今後ライバルが同じことをしたとしても、
追いつくのは難しい。

なぜなら、奥野さんも引き続き更新をしていきますから、
倍以上のスピードで更新しないと追い越すことはできません。

こういった、積み上げ式のマーケティングというのは大変ですが効果的です。

例えば、PPC広告を出すということになると、やはり資本力が鍵になってきます。

よりお金を出せる会社が有利になるわけですよね。

しかし、積み上げ式の場合は毎日の小さな時間を使っていくだけなので、
私達のような小さな会社に向いているやり方だと思います。

冒頭に書いたように、時間というのは1日24時間で決まっているわけですから、
それをどう活用するかで随分と結果が変わってきます。



先日、会員の杉原さんから、
トップ5%に入るとその業界内のシェアを独占するという話を聞きました。

この5%というのは、トータルのアクセス数ということもありますし、
検索エンジンや広告の表示される順番ということもあるでしょう。

奥野さんは確実に5%内だと思いますので、今後の業績が楽しみですね。

一朝一夕にこういった成果は出てきませんが、
1年、2年と継続していくことが必要です。

来月から始めようというのではなく、「いま」から始めるのが良いと思います。

mhiraga1 at 16:17|Permalink 成功事例 
プロフィール
こんにちは。平賀正彦です。インターネットを使った集客方法のノウハウを皆さまにお伝えいたします。
平賀正彦のメルマガ(週刊)

数多くのネットビジネス成功者を世に送り出した平賀のメルマガ。成功事例、マーケティング、旬なビジネスなど、既刊の著書には書かれていない内容が盛り沢山です。

 メールアドレス(必須)
記事検索
携帯で読み取ってください
QRコード