2016年01月

2016年01月26日

なぜ、auからの購入が多いのか?

「なぜ、auからの購入が多いのか?」


先日、高校時代からの古い友人から連絡がありまして、
中学の次期PTA会長に就任したというのです。

彼は地方公務員なのですが、公務員とか自営業というと、
小中学校の役員になったりするケースが多いですよね。

余程、時間があると思っているのでしょう(笑)。

しかし、私が小さかった1970年代というのは、
PTA会長というと地元の名士とか会社社長、医者の奥さんなどが
務めるというイメージがありました。

時代は変わってきていますね。


ところで、最近格差が広がっているという報道があります。

確かに10年前に比べると格差は広がったのかもしれませんが、
私が小さい頃はもっと格差は何十倍も大きかったですよ。

私の生まれ育った田舎などは、電話や風呂のない家も多数ありましたし、
エアコンなんてほとんどの家にありませんでした。

しかし、先ほど書いたPTAの会長になるような人の家というのは、
1000坪くらいの敷地に車が数台あって、庭には錦鯉が泳いでいました(笑)。

なぜ錦鯉なのか、いまだにわかりませんが。。。

「パン!パン!」と拍手をすると錦鯉が一斉に集まってくるので、
餌を与えるんですよ(笑)。

昔はステイタスシンボルのようなものだったのかもしれません。

大きな家を持っている人は、
必ずと言っていいほど錦鯉を飼っていたような気がします。

ちなみに、この錦鯉が海外で人気あるらしいですよ。

爆買いするらしいです(笑)。


ここ数年、海外視察に行く機会が多いのですが、
外から日本を見た時の良い点とか悪い点がはっきりとしてきます。

私の性格かもしれませんが、良い点ばかりが目につきます。

特に東南アジアへ行くことが多いのですが、そこで一番感じるのは、
日本は相対的な物価が安いですね。

もちろん、絶対的な物価というのは東南アジアのほうが安いと思います。

しかし、安全性や清潔感などを考えると日本の商品は安いなと感じますね。

あと、医療費。

健康保険の関係もありますが、他国に比べて圧倒的に安い。

もちろん、ヨーロッパなどには、
一定の条件を満たしていれば医療費が無料という国もあります。

また、自然災害のリスクはありますが、テロの危険性が低いこともあります。

ヨーロッパとか東南アジアの一部では実際に起きていますからね。



さて、本題に入りたいと思いますが、
先日、東北の中鉢さんから面白い報告がありました。

彼は学習塾の経営をしながら、
eBayで楽器を販売したり、資格試験の教材を販売しています。

その資格試験の教材を購入した方の8割がau回線のスマホからだというのです。

これは購入者のメールアドレスを見て気がついたそうです。

スマホから購入したというのはわかるのですが、
au回線が8割を占めているというのはどういうことでしょうか。

ここで考えられるのは、
auの学割プランなどの関係で学生の購入者が多いのでは、ということです。

中鉢さんに購入者の内訳を聞いてみると、
やはり19歳から25歳くらいの割合がとても多いそうです。

ただ、他のキャリアも学割プランはあるはずなので、
ドコモやソフトバンクの回線を使って購入してもおかしくはありません。

以前、ドコモの検索エンジン(ガラケー)で上位表示されていて、
業績がとても上がったケースがありました。

この辺は今後も調査していく必要がありますが、
もし上記と同じように特定キャリアのサービスからアクセスが多いとなると、
何かしらの原因が考えられます。

ドコモ、au、ソフトバンクといった大手キャリアには、
そのキャリア独自のサービスがありますからね。

私はドコモと契約していますが、dショッピングとかdトラベル、dブック、
dミュージックなどがあります。

中鉢さんの場合も、こういったキャリア独自のサービスから
アクセスが発生している可能性はあります。



この事例から学ぶことは、アクセスの経路を把握するということになります。


1つ目は中鉢さんのように、購入者のメールアドレスを確認することですね。

auのメールアドレスは、「ezweb」の文字が入っています。

それが「docomo」なのか「softbank」なのか、
あるいは「gmail」や「yahoo」、「hotmail」というケースもありますね。

私の場合は圧倒的に「gmail」が多いです。

海外在住の方ですと、「hotmail」を使っていることが多いですね。


2つ目は当たり前のことですが、アクセス解析をよくチェックすること。

皆さん、グーグルのアナリティクスを使っている方が多いと思いますが、
管理画面の左側にはモバイルという項目が出ています。

こちらをご覧いただくと、どういった端末を使っているのか、
そして、どこのプロバイダを使っているのかなどが分かるようになっています。

プロバイダというのは、先ほどのキャリアのことですね。

私の場合はドコモとauがトップを争っていて、ソフトバンクは少ないです。


3つ目はPPC広告の管理画面もよくチェックしておくことですね。

PCの広告費用とモバイルの広告費用を一緒に考えてしまうのではなく、
別々に見ていくことも必要です。

最近売上が落ちているなと思って調べていくと、
広告費のほとんどがPC経由になっていたというケースもあります。

いつの間にか、モバイル広告の露出が減ってしまったということですね。


というわけで、アクセス経路を把握して対策をしていくということは、
とても大切だということをお伝えしておきます。


mhiraga1 at 09:28|Permalink 気付いたこと 

2016年01月14日

将来有望なビジネスの探し方

「将来有望なビジネスの探し方」


いきなりですが、商品としてパソコンとカメラを扱った場合、
どちらが儲かるでしょうか。

量販店では両方扱っているお店が多いと思いますが、
単純に分けた場合、利益はどちらが多いのかということです。


1年ほど前、会員セミナーを撮影するため一眼レフのカメラを買いました。

通常はウェブカメラで事足りるのですが、
画質が暗いのでどうにかしたいと思っていたんですね。

そこで色々調べていくと、カメラって奥が深いんですよ。

特にレンズの種類が無数にあって、手元のものを撮影するマクロ用とか、
遠くのものを撮影する望遠用などがあります。

そのレンズというのが本体よりも高い場合もあるんですね。

カメラ本体も含めて本格的なレンズを一通り揃えようと思ったら、
おそらく数十万円はするのではないでしょうか。

そして、興味深いのがこのレンズというのは古いものでも
高値で取引されていることです。

ここがパソコンと圧倒的に違うところですよね。

10年前のパソコンを買いませんかと言われても、絶対に買いません(笑)。

しかし、ライカの中古レンズなどは驚くほどの高値が付いています。

つまり、新品が高くてもリセールバリューの良い商品というのは、
その後のビジネスにもつながってくるのです。

身近なところでは、iPhoneなどもリセールバリューが良いので、
新品価格が高くてもアンドロイドを買うよりは良いのかなと思います。

それと同じですね。


以上のように考えていくと、カメラの方が利益が出やすいのかなと思います。

もちろん、コンパクトデジカメを扱っても儲かりませんから、
一眼レフのレンズを扱ったりすると良いでしょう。

実際に会員さんでも中古のレンズを扱っている方がいますが、
利益率は高かったですね。



さて、本題に入りますが、今回は将来有望なビジネスの探し方について
お話したいと思います。

私が会員さんから相談を受けた時に、真っ先に調べるのは何だと思いますか?

それは検索広告のキーワード単価なんです。

例えば、私の会員さんに
金融関係のPPC広告を使ったアフィリエイトをやっている人がいます。

ローンとかキャッシングといったキーワードの類ですね。

このキーワード単価が高いのです。

なんと、1クリック3000円くらいします(笑)。

100クリックで30万円、1000クリックで300万円です。。。

先日聞いた方は、1日に100万円前後使うと言っていました。

1ヶ月ではなく1日ですよ。

それでも儲かるというのですから、検索広告からアクセスをした人は、
いかに成約率が高いかがわかります。

ただ、ネットビジネスを始めたばかりの人にはオススメできません。

やはり、キーワード単価の低いビジネスが良いですよね。



いくつか事例を出してご紹介しましょう。

1つ目は、私のやっているコンサルティング系のキーワード。

「ネット集客」とか「ネットで稼ぐ」といったキーワードの場合は、
私の場合で1クリック60〜70円くらいですね。

私の場合は広告からメルマガの読者を集めていますので、
1人の読者を獲得するための広告費用が2500円くらいになります。

昔に比べたら、この費用は10倍くらい高くなっています。

それだけ激戦になったということと、
一般ユーザーのメルマガ登録率が下がってきたのでしょう。


2つ目の事例としては英会話。

先日聞いた話では、1人のメルマガ読者を獲得するのに、
1300円掛かると言っていました。

私よりも半分の金額で獲得できていますので、まずまず良いのかなと思います。

ただ、このケースは検索広告とディスプレイ広告を合わせた金額なので、
検索広告のみにした場合はもう少し上がるかもしれません。


3つ目の事例としては子育ての教育教材。

このジャンルも1クリックのキーワード単価が比較的安い方ですね。

特にメルマガの読者獲得費用は、500円位だと聞いています。

私の5分の1ですね。



以上のように、検索のキーワード単価が安いビジネスに関しては、
広告費用が安く抑えられるため将来有望なビジネスということができます。

それでは、広告費用の高いビジネスはどうしたら良いのでしょうか。

先ほどの金融系キーワードのように単価が高い場合は、
ディスプレイ広告を併用していくと良いです。

例えば、1クリックの金額が3000円だとしても、
ディスプレイ広告になると100円以下で出せる場合もあるのです。

もちろん、成約率は下がりますが、ホームページの作り方しだいでは、
効果を上げることは可能です。

その他、フェイスブック広告などのソーシャルメディアを使うと、
意外なほど広告費が安いケースもありますね。

ただし、成約率に関しては上げる工夫をしていく必要があります。

mhiraga1 at 09:53|Permalink 気付いたこと 

2016年01月08日

簡単・安全にメールを整理する方法

「簡単・安全にメールを整理する方法」


今年最初のメルマガをお送りいたします。

年末年始はアマゾンビデオの無料映画を観ていたのですが、
長時間観ていると眼に良くないですね。

テレビの画面で観るのと違って、
パソコンやiPadで観ると眼が疲れてきます。

というわけでラジオを聞いていたのですが、
YouTubeで録音したラジオ番組が無数にあるんです。

これは結構便利です。

なぜなら、つまらないところは飛ばして聞くことができますし、
画面を観なくても良いので眼が疲れることはありません。

ちなみに、ラジオの通信販売って
凄く売れるという話を聞いたことがあります。


さて、そのラジオの中で経済評論家が言っていたのですが、
最近の若い人は旅行に行かないという話がありました。

車を買わないという話はよく聞きますよね。

それでは、何をして過ごすのかというとスマホだそうです。

スマホでフェイスブックやLINEをやったり、
ゲームをやったり、映画を観て過ごすらしいです。

へ〜、と思いましたが、iPadで映画を観ている私と同じですね(笑)。


そんな時にある会員さんからメールがありまして、
古いiPhone5が壊れたので新型のiPhone6sを分割で購入したとのこと。

下取りが25,000円というのは凄いなと思いましたが、
それを含めても通信料込で月額9千円以上支払う契約だとか。

スマホに毎月9千円ですよ(笑)。

確かにアップルストアでiPhone6sを購入すると10万円前後するので、
それくらいの金額になるのはわかりますが、ちょっと高いですよね。

もし家族が4人いて、全員がiPhoneの新型を分割で契約したら、
どれだけ支払うのでしょうか。

そういうケースは少ないと思いますが、スマホの料金は高すぎですね。

旅行や車を諦めて、スマホを分割契約するというのもよくわかります。

パソコンは家族で共用できますが、スマホは1人1台ですからね。


ちなみに、先ほど下取りが25,000円という話をしましたが、
この下取りをしたiPhone5はどうするのかご存じですか。

これは東南アジアとかインドに持って行って売るのです。

発展途上国では旧型のiphoneに対するニーズが高く、
5年ほど前に発売されたiPhone4sを持っている人も多いとか。

私の会員さんでアフリカに日本の中古車を販売していた方がいましたが、
iPhoneも同じようなビジネスが成り立つということですね。



というわけで、本題に入りたいと思いますが、
ネットビジネスをやっているとさまざまなメールが増えていきます。

ホームページを開設する際に必要なドメインの取得完了メール、
レンタルサーバーのパスワードが記載されたメール。

さらに、お客様からの注文メールや配送完了メール、
仕入先からの請求書メールも来ることでしょう。

このように多くの大切なメールをどのように整理したら良いのでしょうか。

また、大切なメールですから、安全に管理する必要もあります。

私が10年以上行っている方法を書いておきます。


1つ目は、用途に応じてメールアドレスを変えることです。

ドメインの取得やサーバーの契約など、
大切なアカウントを開設する際のメールアドレスを1つ決めること。

また、お客様の問合せや仕入先からの連絡などに使うアドレスを1つ。

そして、注文メールや配送完了メールなどを受信するメールアドレス。

最低でもメールアドレスを3つ持っていると良いですね。

あと、読んでみたいメルマガの登録等は上記のアドレスを使わずに、
ヤフーやGmailなどのフリーアドレスを使うと良いでしょう。


2つ目は、使いやすいメーラーを使うことです。

私の場合は10年以上、ベッキー(Becky!)を使ってメールを受信していますが、
最近ですとGmailなどを使っている人が多いと思います。

メールを受信するメーラーには、パソコンにインストールするタイプと、
Gmailなどのウェブメーラーがあります。

パソコンにインストールするタイプは、代表的なのがアウトルックエクスプレス、
私の使っているベッキー、Macにもメールというソフトがあります。

ただ、これらは使いやすいのですが、
パソコンを変えると面倒な設定が必要になってきます。

しかし、Gmailなどのウェブメーラーは、
パスワードさえ入れればパソコンが変わっても問題なく使えます。

というわけで、これから使うのであればGmailを使うのが良いでしょう。

そして、Gmailには5つまでアドレスを追加することができますから、
先ほどの用途別アドレスをセットすれば受信と送信が可能になります。


3つ目はクラウドサービスを効果的に使うことですね。

私はメールに添付してあるファイルなどをすべてドロップボックスに入れています。

クラウドストレージですね。

パソコンに保存するよりはるかに安全ですし、
スマホやタブレットからもアクセスできますからとても便利です。

私は年間1万2千円の有料プランに入っていますが、
無料のプランでもある程度の容量があるため、結構使えると思います。

最近ではパソコンにデータを保存するということがなくなり、
実はベッキーのメールソフトもドロップボックス内で動かしています。

その他、グーグルドライブやマイクロソフトのOneDrive、
ヤフーボックス、アップルのiCloudなどがありますね。

メールや資料を整理すると、仕事が数倍はかどりますのでオススメです。

mhiraga1 at 08:17|Permalink 気付いたこと 
プロフィール
こんにちは。平賀正彦です。インターネットを使った集客方法のノウハウを皆さまにお伝えいたします。
平賀正彦のメルマガ(週刊)

数多くのネットビジネス成功者を世に送り出した平賀のメルマガ。成功事例、マーケティング、旬なビジネスなど、既刊の著書には書かれていない内容が盛り沢山です。

 メールアドレス(必須)
記事検索
携帯で読み取ってください
QRコード