2015年04月

2015年04月26日

なぜ彼は頻繁にトイレへ行くのか?

「なぜ彼は頻繁にトイレへ行くのか?」


先日、会員さん向けにお送りしているDVDの撮影を行いました。

撮影してくれたのは古参会員の矢代さん。

彼はアフィリエイトで成功して、本も出版しているのですが、
撮影業務もパートナーの小川さんと行っているのです。

私のような講義の撮影というのは動きがないのでそれほど難しくなく、
いつも1台のカメラで行っていたのです。

しかし、今回は3台ものカメラを持込んできたので、
彼らの本気度が伝わってきます(笑)。

撮影担当は小川さんなので、
彼が3台のカメラを真剣にセッティングしていきます。

すると、矢代さんが何度も部屋から出て行くんですね。

最初は部屋の外で電話でもしているのかなと思ったのですが、
そんな雰囲気でもありません。

彼はボクシングを習っているくらいなので喫煙でもないと。

気になったので聞いてみたんです。


平賀「どうしたんですか?」


矢代「あ、ちょっとトイレに・・・」


平賀「昨日飲み過ぎたんですか?(笑)」


矢代「いえいえ、そうではないのですが。。。」


私が彼に尋ねた瞬間、表情が一瞬曇ったんですね。

その瞬間を見逃さなかったので、それ以上は聞かないことにしました。

しかし、何となく気になりますよね(笑)。



しばらくして、小川さんのセッティングが終わったようなので、
さっそく撮影をはじめました。

今回の撮影は順調で、
ほぼノンストップで2時間半くらいしゃべりましたね(笑)。

ちょっと長く話しすぎました。。。

過去一年間の代表的な成功事例を22件ご紹介したのですが、
それぞれの成功事例が完成されたものだったからでしょう。

特に多かったのは、モバイル関係とソーシャル関係の成功事例ですね。

面白いのは、モバイルとソーシャルが絡み合っていることです。

これは、現在と今後のネットビジネスを象徴していると思います。

さっそく、2つほど代表的な例をご紹介いたしましょう。



1つ目はフェイスブックページに関する成功事例。

フェイスブックページで顧客を集める際には、
フェイスブック内の広告を使っていくのが手っ取り早いです。

そのフェイスブック広告には大きく分けて2つの種類があり、
1つは「いいね!」の数を集める広告。

そして、もう1つは自分のサイトに誘導するアドワーズのような広告。

私が皆さんにオススメしているのは、
「いいね!」を集める前者の広告ですね。

ここ最近は値段も上がりつつありますが、
カテゴリーやバナー広告を変えたりするとまだまだ安い金額で獲得できます。

特にバナー広告のデザインを変えていくと、かなり効果が出てきます。

ここからが成功事例なのですが、
例えば手描きの絵を書いたり、イラストを使うという手法があります。

たったこれだけのことで、コストが3分の1とか5分の1になるのです。


フェイスブック広告で「いいね!」を集めるとともに、
記事の更新を定期的に行っていく必要があります。

フェイスブックというのは、スマホなどで閲覧する人が多いため、
記事を更新する際に、その辺も考えた文章構成にする必要があります。

注意点としては、文章内にリンクをあまり頻繁に入れないことですね。

これはスマホの「フェイスブックアプリ」との兼ね合いがあるのですが、
操作しにくくなるんですね。

パソコンだとまったく問題のない操作が、
スマホだと致命傷になることがあります。



2つ目は、YouTubeの動画やフェイスブックの記事が、
検索にヒットしやすいということです。

私の会員さんにはYouTubeのチャンネルを持っている人が増えてきました。

定期的に動画をアップすることによって、
キーワードによっては検索の上位にヒットすることが多くなるのです。

例えば保険代理店の加藤さんなどは、
保険の面白いキーワードで上位表示を達成しています。

このキーワード選定は、なかなか私たちには想像できないものですね。

専門家ならではの発想だと思います。

実際にアクセス自体は少ないのですが、成約率が高いキーワードです。


そして、リフォーム関係全般の仕事をされている狩谷さんもそうです。

「○○県 雑草対策」で検索すると、YouTubeの動画が出てきます。

また、彼の場合はフェイスブックページも検索にヒットしていますね。



先ほども書きましたが、YouTubeやフェイスブックといったソーシャルは、
スマホなどのモバイルで利用する人が圧倒的に増えています。

そういう意味でも、
ワードプレスなどによるレスポンシブ化が大切になってきますね。

前回のメルマガで書きましたが、
私のメインサイトもワードプレスでリニューアルを行いました。

「WP social Bookmarking」というプラグインをインストールすると、
あっという間に全ページにソーシャルマークがセットされます。

皆さんもご覧になったことがあると思いますが、
ニュースサイトなどにフェイスブックやツイッター、
LINEのマークがついていますよね。

ワードプレスを使っている方は、ぜひこのプラグインを使ってみましょう。

※全ページの一番下に出てきます。
http://www.hiragamasahiko.jp/



さて、DVDの撮影も終わり、
矢代さん達とは駐車場で別れることとなりました。

私が車に乗って駐車場から出ようとすると、
矢代さんが一人で再び建物の中に入っていくのが見えました。

何か忘れ物でもしたのかな、と思って彼に電話してみると、、、

「トイレに行こうと思いまして。ボク、頻尿なんですよ・・・(苦笑)」

なるほど、そういうことだったんですね(笑)。

mhiraga1 at 15:47|Permalink マーケティング 

2015年04月22日

丸投げを成功させる方法

「丸投げを成功させる方法」


前回のメルマガで書きましたが、
ちょうど昨日、サイトのリニューアルが完了しました。

リニューアルと言っても、
デザインはそのままなので見た目は変わりません(笑)。
http://www.hiragamasahiko.jp/


ワードプレスで作り変えたということと、
レンタルサーバーを変更したというところですね。

私のメインサイトは1000ページ以上ありますので、
ワードプレスで作り変えるのは大変だっと思いますが、
専属の外注さんが3週間くらいで作り変えてくれたようです。

皆さんも専属の外注さんと契約していると、
こういった大掛かりな作業の時にもスムーズに事が進むと思います。

ちょっとした作業だったら、
その都度ランサーズなどで探してもいいのですが、
サイトのリニューアルなどの場合は専属の方がいいですね。

明らかにスピードが早くなってきます。


今回のリニューアルのポイントは、ワードプレス化というよりも、
レンタルサーバーの移行でした。

長年同じサーバーを使っていると、結構大変なんですよね。

特にメールアドレスの移行が大変かなと思っていたのですが、
実はそれほどでもありませんでした。

新サーバーに旧サーバーと同じメールアドレスをセットして、
ドメインのDNSを切り替えます。

わずか1時間も経たないうちに移行されましたね。

重複したメールが届いたりするのかなと思っていましたが、
そんなこともありませんでした。


余談ですが、皆さんはメールアドレスのパスワードって変えていますか?

私もずっと同じものを使っていたので、今回すべて変更しました。

せっかく新しく設定するので、全部変えようと思ったんですね。

これもサーバーを切り替える1つのメリットかもしれません。


今後の展開ですが、リニューアルするだけで終わりではありません。

現在、香港在住の会員さんである永島さんに、
英語と中国語のサイトを作成してもらっています。

今のサイトにこれらの2つの言語をドッキングさせる予定です。

実はワードプレス化とかレンタルサーバーの移転というのは、
その関係もあったんですね。

すでに中国語は出来上がっているので、
英語版が完成したら今のサイトにドッキングしていきます。

私の場合は実験的に行っているだけですが、
特に実店舗を持っているような業種の場合は多言語が必須になってきますね。

海外からの観光客も激増していますし、
2020年にはオリンピックが開催されますから。



さて、本題に入りたいと思います。

先日、ある会員さんから相談がありまして、
マネジメントがうまく行かなくて、結果的にあまり儲からないと。

この会員さんは長くご入会されている方ですが、
私から見ても良い商品を扱っているんですね。

オリジナル商品のため、利益率が高いのが魅力的です。

そして、ご本人が商品開発を専属で行っているため、
当初からマーケティング全般と日常業務を外注やスタッフに任せていました。

これ自体は良いと思います。

しかし、結果的に儲からない状態が続いているのは、
マーケティングや日常業務をすべて人任せにしてしまっているからですね。

例えば、広告費用が1日どの程度掛かっているのかは認識していますが、
内訳に関してはまったく知りません。


ある時、業者に任せっきりにしている広告の部分を、
自分でもやってみたらどうかと提案しました。

業者にはそのまま続けてもらって、
別の広告を社長さんが出してみるということですね。

結果は、業者が出している広告の半分以下の費用で
成果が出るようになりました。

結局、そういうことなんですね(笑)。

社長さんは自分のお金を使って広告を出すわけですから、
必死になってコストを下げようとします。

しかし、業者はそこまで必死になってコストを下げようとしませんよね。

「自分のお金なのか、他人のお金なのか」という単純な話です。

もちろん、業者に依頼することが悪いわけではないので、
社長さんはそれを定期的にチェックする必要があるということですね。

チェックするためには、仕組みを知っておく必要があるので、
一度は自分でやってみる必要があるということです。

ホームページ制作なども同じですね。

多少自分で作れる人であれば、
業者が提示する価格や制作過程についても理解できます。

まったく理解できないと、相手の言いなりになってしまうことがあります。

そうすると、サイトの作成費が100万とか言われた時に、
高いな、と思うだけで支払ってしまうんですね(笑)。

多少の知識があれば、
なぜこのサイト作成で100万円するのか質問することができます。



冒頭で、1000ページ以上のサイトリニューアルが、
わずか3週間で完了したという話をしました。

これって、外注さんに丸投げなんです。

私が行ったのは、メールアドレスのパスワード設定くらいです(笑)。

1000ページ以上のサイトをなぜ丸投げでリニューアルできるかというと、
それは私の考えを理解している外注さんだからです。

相手が私の考えを理解しているだけではなく、
私も相手の考えやスキルを知っているので、丸投げが可能なわけですね。

相互の考えが一致していないと、
丸投げしても良い結果が得られないということです。


mhiraga1 at 09:40|Permalink マーケティング 

2015年04月09日

サイト・リニューアルのメリット

「サイト・リニューアルのメリット」


前回のメルマガで書いた税務調査の結果が出てきました。

クレジットカードの件を一点指摘されただけなので、
とりあえず良かったな、というところです。

しかし、法人の経費で貯めたクレジットカードのポイントは、
今後注意が必要かもですね。

例えば、毎月PPC広告に100万円以上も使っている場合、
ポイントがガンガン貯まってきます。

私の会員さんには、
マイルが100万ポイントも貯まっているという人がいました(笑)。

そのマイルで家族旅行とか行ってしまうと、指摘されるかもしれません。

社員旅行に使うのであれば問題無いと思いますが。


今回のように普通に納税していれば、
税務調査があっても何ら問題はありません。

私がヒアリングを受けたのは1時間程度で、
あとは顧問の税理士さんに対応していただきました。

なので、調査の最中、私は普通に仕事をしていました。

また、1ヶ月くらい前に調査日の連絡もありますので、
事前の準備もしっかりとすることができます。

しかし、稀なケースとして、いきなり来る場合もあるみたいですね。

朝9時になったら、玄関のチャイムが「ピンポーン」と鳴るとか(笑)。



さて、今月の後半からグーグルの順位変動があるようです。

少し前からモバイルフレンドリーテストなるものを公開していたので、
モバイルに対応しているかどうか、という部分がポイント。

この変動に合わせて、
レスポンシブデザインへリニューアルを進めている方も多いかと思います。

また、これから独自サイトを作成される方は、
はじめからレスポンシブデザインで作るのが良いでしょう。

実は私も、今までムーバブルタイプで構成されていたメインサイトを、
ワードプレスで全面リニューアルしている最中です。

サイトをリニューアルする際には、
普段チェックしないような所が目に付いてきます。

結果的にはメリットになることが多いので、
今回はそんな話を書いてみたいと思います。



まず1つ目はレンタルサーバーの性能や料金について。

今回、メインサイトをリニューアルするということで、
10年ほど契約しているレンタルサーバーのことをいろいろ調べてみました。

すると、自分の使っているサーバーの値段が、
かなり高い部類に入ることに気付いたのです(笑)。

ほぼ同じスペックで、安いところですと月額で3分の1以下。

しかも、開設した当時にSSLプランなるものを申し込んでいたため、
オプション料金で毎月3500円ほど多く支払っていました。。。

ここ5〜6年はまったくSSLなんて使っていないのに(笑)。

以前は、自前のフォームを一部使っていたのでSSL対応にしていたんですね。

しかし、今は他社のフォームサービスを使っているので、
そのフォームにリンクを張るだけなんです。

つまり、自分のサーバーにSSLをオプションで入れる必要はないのです。

今さら気が付くなんて遅すぎですよね。

レンタルサーバーというのは、
1回申込むと変えるのが面倒なのでそのままになってしまいます。

皆さんも一度、性能と価格を調べておくとよいでしょう。


さらに契約している他のレンタルサーバーも調べてみると、
私が会員向けに提供しているSNSのサーバーはさらに高額でした(笑)。

2007年にこのSNSはスタートしたので、
その当時、SNSに対応しているサーバーが少なかったんですね。

しかし、今ではどこのサーバーでも問題なく動くことが判明。

こちらは、月額で4分の1の価格になりました。

レンタルサーバーって、年々性能が良くなって、
しかも安くなるんだということを実感した瞬間です。



次に、長く使っているとサーバー内に不要なファイルが増えてくるので、
それを整理整頓する良い機会となります。

数年前に、キャンペーンに使っていたランディングページなど、
使っていないものは削除してしまったほうが無難かもしれません。

検索エンジンにヒットしているということで残しておきたい場合は、
リンク切れを起こさないように注意する必要がありますね。

あとは、使っていない画像ファイル。

これも多いですよね。



あと、意外と忘れてしまいがちなのがメールアドレスの設定ですね。

高めのプランになると、メールサーバーを別途利用することもありますが、
最近のレンタルサーバーはほとんどが一緒になっているタイプです。

その際に、いくつもメールアドレスを作ってしまって、
ほとんど使っていないものが残っていたりするんです。

この使っていないメールアドレスに、
いつの間にか迷惑メールなどが溜まってしまうことがあります。

そうすると、全体の容量が圧迫されて、ウェブページが表示されないとか、
必要なメールが受信できないということもあります。

こういった事態を防ぐためにも、
リニューアルの際にはメールアドレスも設定し直すのが良いですね。



というわけで、サイトのリニューアルを行うと、
今までほったらかしにしていたものを改善する良い機会となります。

今回グーグルの変動もありますが、
将来的にはレスポンシブデザインが主流となるのは明白です。

じっくりと考えてみる必要がありますね。


mhiraga1 at 08:46|Permalink マーケティング 

2015年04月03日

副業が本業を越えた瞬間

「副業が本業を越えた瞬間」


先日、法人を設立してから2回目の税務調査を終えました。

1回目の税務調査が法人を設立して6年後にありまして、
今回は再び6年後の調査となりました。

そう考えると、私の法人所在地では6年毎に来るのかなと思います。

前回は私のミスもあって、あまり良い印象はなかったのですが、
今回はスムーズに終わりましたね。

最初は2日間の予定だったのですが、調査自体は1日で終了。

2日目は私の税理士さんのみが対応してくれました。


1回目の反省もあって、法人と個人の区別をしっかりと行ったため、
調査官からはお褒めの言葉を頂きました(笑)。

もちろん、まだ確定していないので、結果が出るのは少し先ですね。

しかし、これといった問題が見つからないと、
こちらが考えてもいないことを指摘してくるんです。

確定したらまたメルマガでも書けると思いますが、
「へー、そこを指摘しますか」というようなところもありました。

ちょっとヒントを書いておきますと、
クレジットカードを使う時に法人の経費と個人の利用を混ぜているケース。

もちろん、個人利用で何かを買った場合には除外して、
法人の経費には含めないのは当然のことです。

ほとんどの方がそうだと思うのですが、
法人と個人で同じカードの場合は注意が必要になってくるかもしれません。

あとは、クレジットカードから発生するポイントの問題とかですね。

いろいろなところを突いてきますので、私も勉強になりました(笑)。



さて、タイムリーなことに今月末の会員セミナーでは、
税理士の堀井昭彦さんにゲスト出演してもうらうことになっています。

堀井さんがご入会されたのは、今から10年前の2005年でした。

今でも覚えているのは、最初にお話した時の第一声です。


平賀「堀井さんは税理士さんなので、顧問先を集めたいんですよね?」


堀井「いえ、顧問業はあまりやりたくないので。。。」


税理士なのに顧問を集めたくないなんて、
変わった人だなと思いましたね(笑)。

しかし、お付き合いが長くなってくると、
彼が言っていた意味が徐々にわかるようになってきました。


現在の税理士業界というのは、
ネットを見てもわかるようにとても激しい競争となっています。

私がコンサルタントとして起業した時に、
ある税理士さんのマーケティングをお手伝いしていました。

その時には、年間で100社の顧問がネット経由で獲得できたんですね。

今考えると、これって凄い数字ですよ。

10年以上前の話ですから、PPC広告の単価も安くSEO対策も楽勝でした。

しかし、今は状況が大きく変わりました。

現在の状況を見ていくと、堀井さんの判断は正しかったのかなと思います。



それでは、堀井さんがどんなビジネスをネットで行いたかったのか。

それは、会員制ビジネスですね。

私が行っているコンサルティングも会員制ビジネスですが、
それに近いものを考えていたようです。

最終的に彼が選択したのは、国民健康保険が節約できるという会員制です。

これを始めたのが約8年前。


細かなスキームは専門家ではないのでわかりませんが、
要するに堀井さんの「節約する会」に入会すると安くなるということですね。

ただ、節約できる金額がその人の年収や家族構成で決まってくるため、
すべての人が該当するわけではないそうです。

コツコツ8年掛けてご入会された方の総数はかなりの人数になりました。

ここが会員制ビジネスのポイントですね。

私のコンサル会員もそうですが、一気に増えるわけではありません。

時間を掛けてコツコツと増やすため、
逆に一気にその数が減ることもありません。

結果的に、事業の業績が安定するため精神的にもラクになってきます。

これが会員制の最大の特徴であり、またメリットでもあります。


一方で、私が起業するきっかけとなった情報販売等のリピート性のない商品。

これは売り切りなので手離れがとても良いという特徴があります。

しかし、リピート性がないということは、売上の安定性に欠けます。

また、毎回新規の顧客を獲得する必用があるため、広告費が掛かるわけですね。

ビジネスによって、それぞれ一長一短がありますね。



さて、堀井さんのビジネスですが、
現在では国民健康保険を節約する会を主軸とした構成となっています。

以前は税理士の顧問業をメインとしていましたが、
今ではこちらがサブになってしまうくらいの勢いですね。

また、昨年の夏には物販にも挑戦しました。

奥様がたまたまナンタケットバスケットというバッグを作っていまして、
それをネット販売しようと思ったわけです。

正確に言うと、すでに奥さんは楽天で販売していて、
そこそこ売れていたんですね。

しかし、堀井さんは独自サイトを立ち上げて、
検索エンジンとかPPC広告で売ろうと思ったわけです。

サイト自体は業者に依頼して完成させて、
実際に販売したところかなり売れましたね。

やっぱり、楽天の客層と、
独自サイトの検索エンジンを中心とした客層は違うんです。

オープンした初月で3万円くらいのバッグが10個以上売れました。

成果としては飛び抜けて大きいものではありませんが、
初月からこれだけ反応が取れるというのも面白い結果だと思います。



というわけで、税理士というカチッとした本業があるにも関わらず、
その他の可能性も模索していたことが良い結果につながったのだと思います。

この辺のマインドについては、私たちも学ぶところがありますね。

堀井さん、これからも頑張ってください。

mhiraga1 at 06:23|Permalink 成功事例 
プロフィール
こんにちは。平賀正彦です。インターネットを使った集客方法のノウハウを皆さまにお伝えいたします。
平賀正彦のメルマガ(週刊)

数多くのネットビジネス成功者を世に送り出した平賀のメルマガ。成功事例、マーケティング、旬なビジネスなど、既刊の著書には書かれていない内容が盛り沢山です。

 メールアドレス(必須)
記事検索
携帯で読み取ってください
QRコード