2013年04月

2013年04月29日

利益率は最低○%欲しい〜何よりも利益が大切

「利益率は最低○%欲しい〜何よりも利益が大切」


前回のメルマガで外注の話を書きましたが、
予想以上の反響をいただきました。
http://www.hiragamasahiko.com/archives/52072651.html

今まで書いたことのないコンテンツだったので、
珍しいと感じた方がいたのかもしれません。



さて、今回は前回書かなかった配送や梱包について、
そして、後半では商品の利益率について書いてみたいと思います。


まず配送ですが、どこまで自分でやるべきかですね。

副業時代、私の場合は家族に協力してもらいながら、
最後まで自分でやり通しました。

ただ、今は専門の業者に依頼をして、
注文が入ったら自動的に発送をしてくれる体制にしています。


スタートの段階では、できるだけ自分で行った方が良いと思います。

しかし、注文が1日10件を超えるようになってくると、
在庫の管理も含めて専門業者に依頼した方が良いでしょう。

ちなみに、配送費に関して言いますと、
私が自分で配送していた時代はドライバー次第で安くなることがありました。


例えば、佐川急便のドライバーに「全国一律500円にしてよ」と言います。

ある程度ドバイバーにも決定権があった時代なので、
「月間の配送数が100個を超えるようだったら500円にしましょう」、
などと言ってきます。

その話を、そのままヤマト運輸のドライバーにもするんです(笑)。

このやり方で、私の会員さんでは全国一律450円になった人がいました。

これは凄い金額ですよね。


ちなみに、今では革命的なことが起きています。

アマゾンが配送から在庫管理までを、
すべて行ってくれるサービスを開始しました。

詳細はよく調べて欲しいのですが、
300円くらいで配送できるみたいですよ。

先ほども書きましたが、今までは500円が480円になったり、
20円安くなっただけで大きなインパクトがあったんです。

でも、アマゾンはいきなり200円くらい安くなってしまうのです(笑)。

凄い時代になりましたが、私たちにとっては良いことですね。



配送に関しては大きな革命が起きようとしていますが、
やはりビジネスの目的というのは利益がどの程度出るかですね。

先日、ある会員さんと話をしていたところ、面白いことを聞きました。

その方は輸入ビジネスをしているのですが、
昨今の円安で利益が少なくなっているのでは、という話をしたのです。

すると、彼はこう答えてくれました。


平賀 「2割以上円安になっているので大変でしょう?」


Aさん「それでも、まだ利益は5割近くあるんです」


これだけ円安になったというのに、まだ5割近い利益があるそうです。

なんとこの方、
70円台の円高の時には7割くらいの利益があったそうです(笑)。

当時はちょっと利益を取りすぎかな、と思っていたとか。。。


それでは、Aさんはなぜこんな価格設定にできるのでしょうか?

理由は2つあります。


1.独自サイトで販売しているため自由に価格を決めることができる。


2.販売数が徐々に増えているため、仕入れが安くなっている。


皆さんに参考にして欲しいのは、この1番目ですね。

大手ショッピングモールやオークションに出品すると、
価格をこちら側で自由に決めることが難しくなってきます。

決めることはできるのですが、
ライバルの動向を見ながら決めていくケースが多いですよね。

ライバルが100円安くしたら、自分は110円安くするとか。

この状態になると、チキンレースになってしまいます。


また、2番目に関して言いますと、
仕入先に配送をしてもらうドロップシッピングという販売方法があります。

つまり、自分は注文を取るだけですね。

ただ、この販売方法はせいぜい20%程度の報酬額しか発生しないため、
大きく儲かるというモデルではありません。

配送を仕入先がやってくれるということで一見良さそうなビジネスですが、
実はそれほど儲からないビジネスでもあります。


私の経験から言いますと、
最低でも4割程度の利益がないとビジネス的には面白くないですね。

4割程度の利益ということは、仕切りが6掛けということです。

例えば、1万円の商品を6000円で仕入れたとします。

広告費を2000円使ったとすれば、利益はざっくり2000円です。

ここがギリギリのラインですね。



私たちのような小規模事業の場合、
数を多く売って儲けるというモデルはあまり良くありません。

少ない販売数であっても、確実に儲かるというモデルが最適なのです。

忙しいだけで、あまり儲からないというモデルは避けなければなりません。

mhiraga1 at 08:08|Permalink 気付いたこと 

2013年04月25日

外注を使って業績を数倍に上げる方法

「外注を使って業績を数倍に上げる方法」


先日、ある会員さんと話していましたら、
次のようなご質問をいただきました。



Aさん「すべての作業を1人でやっているので、時間が足りなくて・・・」


平賀 「誰でもできる仕事は外注に依頼したほうがいいですよ」



ネットビジネスが全盛の時代ですから、
このAさんのようなパターンはとても多いと思います。

誰でもできるような作業を全部1人で行っているため、
毎日深夜まで働くことになりますね。

作業に支障が出ないうちはいいのですが、
あまりにも忙しいとミスも出てきますし、ストレスも溜まります。



実は、私が起業した当初、このAさんと同じ状態でした。

今から10年以上前、2001年後半から2002年に掛けて、
副業として情報販売を始めたのです。

当時、そのようなことをやっている人はほとんどおらず、
私の身近な人誰もが「こんなもの売れるわけがない」と言っていました。

ところが、蓋を開けてみるとビックリ。

月商200万円を約3年間に渡って継続したのです。


当時はPDFでダウンロードするというやり方ではなく、
1冊ずつ自分で製本していたんですね。

製本キットなるものを購入して、
プリンターで印刷したものを手作業で製本していたのです。

さすがに月間で200冊以上売れるため、数ヶ月でギブアップ。

自分での製本は諦めました。。。

そこで、近所の印刷所に持ち込んで、
1000冊単位で製本してもらった記憶があります。

ただ、配送に関しては3年間すべて自分で行っていました。

今考えると、配送の代行業者もありますから、
依頼すればよかったと思っています。

誰でもできる仕事を全部自分でやってしまうと、
”考える”という一番大切なことが疎かになってしまいますね。

これが一番のデメリットだと思います。



その後、私は独立起業を果たし、
ホームページ制作とマーケティングをセットにしたサービスを始めました。

当時、そういうサービスをやっている人がいなかったので、
口コミで10件くらいの会社と契約。

ただ、10件のホームページ制作とマーケティングを行うというのは、
至難の業です。

毎日、深夜まで仕事をして睡眠時間は3時間程度だったと思います。

その時に、ホームページ制作に関しては他の人に任せようということで、
SOHOの主婦の方にお願いすることにしました。

これが大きな転機となりましたね。

ホームページ制作は私の指示のもと、SOHOさんが作ってくれます。

私はマーケティングに専念できるため、より良い結果が出てきたのです。

良い結果が出るわけですから、当然クライアントは喜びますよね。

もっとも大切な”考える”時間を得ることとなり、
その後のコンサルタント業への大きなステップとなったのです。



ちなみに、このSOHOさんは今でも私の専属デザイナーとして
お手伝いをしてくれています。

お付き合いはもう10年になりますね。

東京に在住している方なのですが、
今まで2回しか会ったことがありません(笑)。

最初の1〜2年は頻繁に電話でのミーティングをしていましたが、
今ではメールのみのやり取りです。


例えば、

「色はブルー基調で、背景に世界地図を入れてください」

この程度の指示だけで、下記のメインサイトは出来上がったのです(笑)。
http://www.hiragamasahiko.jp/

もちろん、文章は全部私が考えますが、
デザインはこの方のアイデアが多いですね。

メールで軽く伝えただけでサクサクホームページが出来上がるというのは、
ある程度の期間が必要になってきます。

ただ、時間が掛かってもこういったSOHOさんがいるのは心強いですね。



私の会員さんで3人のSOHOさんを使って、
業績を3倍くらいまで伸ばした方がいらっしゃいます。

しかも、3人とも一度も会ったことのない人だとか(笑)。

以前はなかなか作業が進まずに、結果が伴いませんでした。

ご本人も、それがストレスとなっていたことでしょう。

しかし、SOHOビレッジなどの求人サイトでSOHOさんを探し、
今では劇的に業績が伸びてきました。

やっぱり、誰でもできる仕事は社長がやるべきではないということですね。

もちろん、私が最初そうだったように自分で作業をしてみることも大事です。

それによって、作業内容とかコスト感覚が身に付きますから。

しかし、代わりにやってくれる人が見つかったら、
ご自身は”考える”ということに時間を充てるのが良いですね。

それだけで、業績は大きく変わってくることでしょう。

mhiraga1 at 07:24|Permalink 気付いたこと 

2013年04月18日

無料VS有料〜集客するならどっち?

「無料VS有料〜集客するならどっち?」


ネットの集客には無料のものと、有料のものがあります。

リアルビジネスの場合は、
なかなか無料で集客するというのは難しいのですが、
ネットビジネスの場合は無料で集客できる媒体がありますね。

この辺がネットビジネスの面白いところでもあります。


私がネットビジネスを始めた10年前は、そもそも有料媒体が少なく、
ほとんどが無料媒体からの集客でした。

主にまぐまぐの無料メルマガで集客していたのですが、
それ以外にもランキングサイトに登録したり、
また、掲示板にガンガン書き込んで集客をしていました。

掲示板というのは宣伝の書き込みがNGのところが多かったのですが、
お構い無しにやっていた時もありましたね(笑)。

というわけで、今回は無料集客と有料集客のポイントを、
成功事例を交えながらお話したいと思います。



まず無料集客ですが、先ほど書いた私が起業した当初よりも、
今の時代の方がバリエーション豊富ですね。


例えばフェイスブック。

少し前までは有料のサービスや商品がフェイスブック経由で売れる、
というケースが少なかったのです。

しかし、ここにきて私の会員さんからもフェイスブックからの
成功事例が報告されるようになりました。

これはユーザー数の増加と、スマホの普及に関係があると思います。

スマホでフェイスブックをやる人が多いですからね。

一番多い成功事例はフェイスブックページが検索結果の上位に表示されて、
その結果、商品やサービスが売れるというパターンですね。

フェイスブックページとグーグルとの相性が良いため、
このような結果が出てきます。


次に、皆さんやっていると思いますがアメブロですね。

これもフェイスブックと同じく、ユーザー数がとても多いために、
更新頻度が高ければ、かなりのアクセスを稼ぐことができるからです。

中には1日4〜5回更新してアクセスを稼いでいる方もいます。

使い方も簡単なので、無料の媒体としては代表的なものとなっていますね。


そして、もう1つはYouTubeですね。

これは、YouTube本体の利用者がとても多いことと、
検索結果の上位にヒットしやすいという性質があります。

つまり、動画をYouTubeに投稿すれば本体からのアクセスが見込めると共に、
検索エンジンからのアクセスも見込めるということですね。

私の会員さんには毎日動画を投稿している人もいて、
そこからメインサイトに誘導して売上アップにつなげているケースもあります。


以上のように代表的な無料媒体を3つご紹介いたしましたが、
ポイントはすべてが良質なアクセスだということではありません。

アクセスの質としては薄い傾向もあって、
いくらアクセスを稼いでも商品やサービスが売れないというケースもあります。

その場合は、一旦リストを獲得してから、
メルマガなどで成約に持ち込むというパターンが良いでしょう。

いわゆる、ツーステップマーケティングですね。



次に有料集客についてお話いたします。

代表的なのはグーグルのアドワーズ広告、
ヤフーのプロモーション広告ということになります。

これはご存知のように検索結果に表示されるタイプのものと、
ニュースサイトや個人ブログに表示されるものがあります。

アドワーズ広告の場合はディスプレイ広告と呼ばれているものです。

どちらかと言いますと、検索結果に表示される広告のほうが成約率は高く、
ニュースサイトなどに掲載される広告はアクセスの質が薄いところはあります。

しかし、このディスプレイ広告というのは、
うまく使いこなしている人が少ないため、ある意味おいしい広告とも言えます。

先日、私の会員さんで1クリック5円という方がいました。

たったの5円ですよ(笑)。

私が今まで聞いた中では最安値になります。

これがいい加減な設定になってしまうと、
すぐに1クリック50円以上になってしまうこともあります。


その他、有料集客としては、
メール広告とかアフィリエイトを使った集客もあります。

私も数ヶ月前からアフィリエイトを使った集客を実験的にやっていますが、
思ったより良い結果が出ていますね。

さらに、検索エンジン対策もお金が掛かることが多いと思いますので、
1つの有料媒体として考えたほうがいいかもしれません。

私の会員さんには、ページ数を増やすロングテールSEOを勧めていますが、
記事作成を代行してもらうとお金が掛かりますからね。


以上のように、有料媒体を使った集客というのはアクセスの質が高く、
とても成約率が良い場合が多いです。

特に、検索エンジン経由のアクセスはとても質の高いことが多いと思います。

なぜなら、自分から目的があって能動的に検索するわけですから、
それは購買意欲の高いアクセスということになるわけです。



というわけで、無料集客と有料集客の特徴をいくつか書いてみました。

ただ、ビジネスを始めた当初はできるだけ無料集客を中心に使うのが鉄則です。

そして、ある程度利益が出るようになったら有料集客を取り入れていくのが、
失敗の少ない集客の手順ということになりますね。

現時点のステージにおいて集客の仕方が変わってくると考えればよいでしょう。

ポイントは、いつ、どのくらいのお金を使うのか?

それがわかっていれば、
最小限の費用で最大限の効果を得ることができるのです。


mhiraga1 at 09:27|Permalink

2013年04月08日

検索エンジンを3本の矢で攻略せよ

「検索エンジンを3本の矢で攻略せよ」


前々回のメルマガで、検索エンジンを攻略した会員さんが、
軒並み業績をアップしているということを書きました。
http://ameblo.jp/hiraga9/entry-11505815112.html

また、前回のメルマガではPPC広告のキーワード設定次第で、
費用対効果が抜群に上がるということも書きました。
http://ameblo.jp/hiraga9/entry-11505815283.html

PPC広告においては検索エンジンに表示されるタイプだけではなく、
様々なニュースサイトに表示されるディスプレイ広告もあります。

しかし、まずは検索エンジンに表示される広告が大切です。


なぜ、私が検索エンジン対策についてしつこく言うかといいますと、
圧倒的に成約率が高いからです。

検索をしてくるユーザーというのは購買意欲が高いわけですね。

例えば、ダイエットサプリメントを欲しい人は、
「ダイエット サプリメント」などと検索をしてきます。

もしくは、ダイエットのトレーニング器具を探している人は、
「ダイエット トレーニング器具」とか、その器具の名称を検索しますよね。

このように、正しいキーワードを選んで検索エンジン対策、
もしくは、PPC広告を出していくと業績が上がりやすいということです。

先日も、私の会員さんで時計を販売している方がいらっしゃって、
時計を購入する人は○○で検索するケースが多いと教えていただきました。

この○○は、かなり時計の好きな人が取る行動だそうです。

これを知っているだけで、その方は1人で月商500万円を達成しています。

それほど検索エンジンというのは強力な集客ツールなんですね。


というわけで、検索エンジン攻略の大切さがおわかりになったと思います。

それでは、検索エンジンを攻略するにはどんな方方があるのでしょうか?

ポイントを3つ書いておきます。



まず1つ目。

これはオーガニック検索の攻略ですね。

検索結果ページのできるだけ上位を狙っていく方法です。

これは、細かいキーワードを狙ったロングテールSEOを行っていきます。

やり方としては、時計の販売をしている方のように、
商品ページをひたすら増やしていきます。

今では2000ページに迫る勢いのようですね。

単純に考えますと、
2000個のキーワードが検索エンジンにヒットする計算となります。

このやり方で、先ほどの時計の方は、
売上がほぼ検索エンジンから発生しているとのことです。



次に2つ目。

これは冒頭にも書きましたように、PPC広告ですね。

以前は、幅広く網をかけるようなキーワード設定をする方が多かったのです。

しかし、実際にうまく運用している方は、
コンバージョンの上がるキーワードのみをセットしています。

私も先日このようなセッティングに変更したのですが、
従来よりも広告費は3分の2くらいに減りました。

しかし、コンバージョン自体は変わらないという状態になりましたね。

さらに精度を上げていけば、
半分くらいの広告費で今まで以上の成果を上げることができるのでは、
と思っています。



そして3つ目。

ソーシャルメディアの活用ですね。

以前も少しメルマガで書きましたが、
ソーシャルメディアは検索エンジンにめっぽう強いことがわかっています。


例えば、フェイスブックページ。

先日も私の会員さんがフェイスブックページを立ち上げたのです。

そうしたら、数日後には自社のメインサイトよりも上に表示されたとか(笑)。

そのメインサイトは何年も掛けて育ててきたサイトですよ。

わずか数日でフェイスブックページに追い抜かれてしまいました。。。


さらに、YouTubeも上位表示されやすい媒体ですね。

私の会員さんの中には、動画を量産している方も多数いらっしゃいますが、
検索結果ページのトップ10に3つも4つも入っているケースがあります。

毎日1分程度の動画をスマホで撮影して、
それをYouTubeにアップしていくというやり方ですね。

これを継続していくと、
年間で300本以上の動画をアップすることになります。

ちなみに、アドワーズ広告をYouTubeに出すこともできるのですが、
使い方によっては効果の上がる方法もあるようです。


そして、皆さんご存知のアメブロも検索エンジンには相性がいいですね。

私が狙っているキーワードの中にも、
1位はアメブロだったりするケースが見受けられます。

検索結果ページのトップ10を見ていくと、
1〜2件はアメブロが入っていたりしますよね。

ビジネス系では特にその傾向が強いと思います。


以上のソーシャルメディアですが、
うまく使っていくと、検索エンジンを攻略する1つの力になってきます。

また、無料で使えるというのが大きいですね。



検索エンジンというのは、
購買意欲の非常に高いユーザーを集めることができます。

先ほど書いた中のいずれか1つを試していただければ、
きっと業績が上がってくることでしょう。

mhiraga1 at 07:31|Permalink マーケティング 

2013年04月06日

PPC広告の必勝法とは?〜ネットビジネスに必須の知識

「PPC広告の必勝法とは?〜ネットビジネスに必須の知識」


先日、PPC広告のセッティング代行をしている、
リスティングプラスの長橋さんと1時間ほどお話をいたしました。

彼は私の会員さんなのですが、
私の関係筋から絶賛されている人物なのです。

実際にお話したところ、実力的には日本でも指折りでしょうね。

私もPPC広告に関するご質問を会員さんから多数受けていますが、
彼の話を聞いて、「なるほど」と思うことがたくさんありました。

このPPC広告のセッティングを少しでも見直すと、
広告費が削減できて、なおかつ業績が上がってきます。

費用的には半分くらいになってくることもありますよ。



実は、私の会員さんの必勝パターンというのは決まっていて、
最初はお金を掛けずに実績を出していきます。

例えば、検索エンジン対策とかソーシャルメディアを使った
マーケティングですね。

ブログやフェイスブック、YouTubeなどを使っていくと、
お金を掛けずにアクセスを集めることができます。

次に、ある程度利益が出るようになったら、
PPC広告を使って集客をしていくわけですね。

ここまで行くと、当初の目標はクリアされることが多いです。

つまり、月商○○○万円という数字は超えていくことになります。



というわけで、手っ取り早く集客するのは何といってもPPC広告。

しかも、”正しい使い方”をすれば、
良質なユーザーを集めることができます。


それでは、PPC広告の正しい使い方とは?


冒頭にも書きましたように、
いい加減なセッティングだと費用対効果は最悪となります。

正しいセッティングをした場合と間違ったセッティングをした場合、
その費用対効果は倍くらい違ってくることでしょう。

正しいセッティングだと月間10万円の広告費用が、
間違ったセッティングだと月間20万円以上掛かってしまうということです。


それでは、どのようにセッティングしたらいいのか?


1つ例を出しましょう。

私の会員さんで補聴器の販売をされている方がいらっしゃいます。

仮にSさんとしておきましょう。

Sさんは様々なキーワードを考えてPPC広告のセッティングを行いました。

1ヶ月、2ヶ月と運用するうちに、
どんなキーワードから濃い見込み客がくるのかがわかってきました。

なぜなら、コンバージョン機能のセッティングをしておけば、
どういったルートで問合せが来たのかわかりますからね。

なので、このコンバージョンセッティングは必須となります。

そのデータを見るうちに、Sさんは1つの結論を導き出しました。


1つの結論とは何でしょうか?


それは、「金額」に関するキーワードから来る人は、
圧倒的に成約しやすいということです。

例えば、「補聴器 価格」、「補聴器 料金」、「補聴器 費用」、
このようなキーワードですね。

当たり前といえば当たり前なのですが、
金額に関することを検索する人というのは”今すぐ客”なんですね。


一方、「補聴器」という単体ワードでPPC広告を出した場合は、
どのようなユーザーが検索してくるでしょうか。


補聴器の機能について調べたい人。


補聴器の種類について調べたい人。


補聴器のメーカーについて調べたい人。


以上のように、様々な人が検索してくるわけです。

そうすると、上記の方々の中に、
補聴器を今すぐ購入したいという方は少数となりますよね。

ここが大きなポイントとなってきます。

アクセスを大量に集めても、
購入予定者が含まれていなければ売れることはありません。

私たちがもっとも欲しているのは、購入予定者のアクセスなのです。

この部分を間違ってしまうと、
PPC広告をうまく使うことができないわけです。



ここまで書いた広告は、
皆さんご存知の検索結果ページに出てくる広告のことですね。

さらに、代表的なPPC広告であるアドワーズ広告には、
ディスプレイネットワークという広告の配信方法があります。

これはニュースサイトやブログ、YouTubeなどに出てくる広告なのですが、
上級者になるとこの広告を最大限に活用するようになります。

しかも、ディスプレイ広告の1つの機能である、
リマーケティングを活用する人が多いですね。

リマーケティングというのは、一度広告をクリックした人に、
何度も同じ広告を配信する機能ですね。



以上のように、
PPC広告の攻略はネットビジネスに不可欠となっています。

セッティングが面倒臭いな、と思うかもしれませんが、
一度覚えてしまえば、長年にわたって使いこなすことができます。

そして、PPC広告を使いこなすことができたとき、
皆さんの目標をはるかに超える実績を出すことができるでしょう。

私の会員さんで成功されている方は、皆さんこの必勝パターンです。

mhiraga1 at 07:41|Permalink 成功事例 

最近の成功事例ベスト3

「最近の成功事例ベスト3」


最近も続々と会員さんから成功事例のご報告が寄せられています。

メルマガでご紹介した事例もありますが、
今回は思いつくところを3つほどご紹介させていただきます。



1つ目は検索エンジンの上位表示を達成した事例ですね。

事例を提供していただいたのは、京応保険設計の加藤さん。

インターネットを使っている保険代理店としては日本でも有名ですね。

なんと、昨年の後半から、
「学資保険」、「がん保険」、「火災保険」といった超ビッグワードで、
1位を獲得しています。

昔から、保険関係のキーワードはとても激戦なんです。

例えば、PPC広告などですと1クリック数百円もするキーワードですね。

それらのキーワードすべて1位にしてしまった加藤さん、
只者ではありません(笑)。

加藤さんに、どんな対策をしたのかを聞いたところ、
いたってシンプルな方法でした。

一言でいいますと、コンテンツの充実ですね。

検索エンジン対策に詳しい方ならお分かりかと思いますが、
現在のグーグルというのはサイトのコンテンツを特に重視しています。

そのグーグルの意向にマッチしたサイトということですね。

ちなみに、以前はバックリンク中心の対策をしていました。

分散サーバーを使ったり、
ブログを量産してバックリンクを張ったりしていたわけです。

今ではこれらの対策はまったくせずに、
コンテンツの重視を特に行っています。


そして、私のサイトも加藤さんを見習ってコンテンツの充実を図っています。

また、質の悪いバックリンクを削除することで、
一時期4ページ目まで落ちていた順位が、現在は7〜10位で動いています。

1年前は1〜3位で動いていましたのでまだまだですが、
かなり良い状態に近づいていると思います。


もう1つ、検索エンジン対策の素晴らしい結果をご紹介いたします。

事例を提供していただいたのは、私の師匠である園先生のサイトです。

なんと、「気功」というビックワードで1位を獲得しました。
http://kikou.info/

正確に言うと、ウィキペディアと1位を争っている状態ですね。

こちらは、完全な情報サイトとして運営していますので、
やはりグーグルのコンテンツ重視という方向性にマッチしています。

こういった自己啓発的なキーワードというのはPPC広告の単価が高いため、
1リストが5000円もするというケースがあります。

しかし、オーガニックの検索順位が1位なので、
メールアドレスの獲得コストは、ほとんどゼロに近いということになります。



2つ目は輸出ビジネスで1ヶ月に4800万円売上げた事例。

これは昨年12月の話ですが、
輸出ビジネスのコンサルティングをやっている塚原さんがやってくれました。

なんと、日本の高級時計を海外に販売して、
1ヶ月間に4800万円を売り上げたという事例です。

確かに、12月くらいから少しずつ円安基調になってきましたよね。

この流れに乗ったことで、大きな実績が出たのだと思います。

輸入ビジネスにおいても、輸出ビジネスにおいても、
為替の影響を少なからず受けますから、
普段から経済情勢には気をつけておいたほうがいいですね。



3つ目はモバイルビジネスで年収4300万円になった事例。

ちなみに、この金額は売上ではなく実質的な収入ということになります。

1人でビジネスをされている方の収入ですから、
年収4300万円ということですね。

業種などはご本人の許可を取っていないので公開できませんが、
モバイルを使った情報発信系のビジネスになります。

しかも、会員制度をやっていますから極端に業績が悪くなることはありません。

毎月、ある一定の金額は収入が発生するというビジネスモデルですね。

ポイントはモバイルに特化しているということです。

ネットビジネスというと、どうしてもパソコン主体になってしまいますので、
モバイルを使って集客すると驚くほど結果が出てきます。

要はライバルが少ないということですね。



以上のように、面白い成功事例が続々と出ていますね。

次の成功事例は、ぜひ皆さんが出していただければと思います。

mhiraga1 at 07:38|Permalink 成功事例 

フォーム最適化で売上大幅アップ〜トピック3連発

「フォーム最適化で売上大幅アップ〜トピック3連発」


今回は、最近の気になるトピックについて、
3つほどお話したいと思います。

フォーム最適化、アドワーズ広告、検索エンジンですね。



トピックの1つ目はフォームの最適化です。


皆さん、「カゴ落ち」って知っていますか?

これは、名前や住所などの記入フォームまで行ったのに、
結局申し込まなかったことを言うそうです。

なんと、7割の方がカゴ落ちするというデータもあります。

つまり、10人中7名はフォームまで行きながら、
買わないということですね。

そこで、このフォームを最適化すれば、
簡単に売上の確保ができるのではないか、という話です。

実際にデータを取ったところ、15〜20%も改善されたとか。

確かに、10人中7名がカゴ落ちをしているのであれば、
最適化することで10人中4名になるかもしれません。

1つ1万円の商品であれば、これだけのことで3万円違ってきます(笑)。

別にアクセスを増やすわけでもなく、
フォームを変更するだけで売上がアップするならやらない手はありません。


それでは、どのように最適化したらいいのでしょうか?

これは、申し込みフォームとかショッピングカートで、
名前やメールアドレスを記載する部分がありますよね。

ここにナビゲーションをつけるのが一般的なやり方となっています。

マウスのカーソルを持っていくと、
「住所を記入してください」とか「全角で記入してください」などの
表示が自動的に出てくるようになります。

この機能を持っているフォームが最近少しずつ増えてきました。

私の会員さんには、今月の会員セミナーでご紹介する予定です。



次にトピックの2つ目です。


先日、新しいビジネスを立ち上げるため海外を忙しく周っていたんです。

すると、見慣れない電話番号から着信がありました。

私の携帯は、2〜3日に1回程度しか着信がなく、
ほとんどが登録している知り合いからなんですね。

まして、海外にいるときに日本から電話があったということで、
何かトラブルでもあったのかな、と思ったわけです。

例えば、家族に何かあったとか、
仕事上でトラブルがあったのかと一瞬思ったわけです。

その電話に出てみると、女性の方がこう言いました。


「お世話になっております、グーグルです」


実は、アドワーズ広告の件で私のところには時々連絡があるんです。

おそらく、ある一定以上の広告費を使っている人には、
新しい機能が追加されたときなどに連絡しているのでしょう。

もしくは、私がネットコンサルをやっていることを知った上で、
連絡を取っているのでしょうか。

その辺の真相はわかりません。。。


使っている方はすでにご存知かと思いますが、
エンハンストキャンペーンという新しい機能が追加されました。

簡単に言いますと、パソコンやモバイルなどの端末に応じて、
金額設定などが簡単にできる機能ですね。

そのため、従来の機能で、
パソコンとモバイルのキャンペーンを分けているような人は、
新しく設定しなおす必要があります。


ちなみに、グーグルの女性スタッフから電話が掛かってきたときに、
その方が面白いことを言うんです。

どんなことを言ったのかといいますと、


「もし設定の変更が面倒であれば、私が行うことも可能です」


おおー!

なんと、設定変更まで全部やってくれるというのです。

もちろん、依頼したことは言うまでもありません(笑)。


設定変更してから1週間ほど経ちますが、
画面も見やすくなりましたし、金額調整もしやすいですね。

また、女性スタッフと話しをしたときに、
ディスプレイ広告の性別や年齢別に絞る方法を教えてもらいました。

この機能も使っている人は少ないと思いますので、
今のうちにマスターしておきたいですね。



最後に、トピックの3つ目は検索エンジンですね。

先日、リフォーム業を営むKさんが興奮気味にこう話してくれました。


「48位だった順位が、一気に1位まで戻ってきました!」


経緯をお話しすると、
以前はリフォーム系のキーワードで1位だったのです。

その後、ジワジワと順位が下がっていき、
48位まで低下してしまいました。

その時にご相談をいただきましたのでバックリンクを見たところ、
ブログから極端に多く張られていることに気付きました。

1日に5回更新して、毎回バックリンクを張っているのです(笑)。

ご本人も自覚していたようなので、手作業ですべて削除。

ほどなくして、1位に返り咲きを果たしました。


実は、私のメインサイトも長年運用していますから、
昔の質の悪いバックリンクなどが張られたままになっているんですね。

如何せんバックリンクの数が多いですから、少しずつ整理しています。

これがかなり効果を出していまして、順位的にも良くなってきました。



というわけで簡単ではありますが、3つご紹介いたしました。

ネットビジネスというのはスピードが早いので、
こういった最新のトピックを押さえておく必要があります。

その中で、ご自身のビジネスに使えるものをいち早く導入することが、
ライバルより一歩先を行く行動となってきます。

この積み重ねが、右肩上がりの業績アップを生み出していくわけですね。

mhiraga1 at 07:37|Permalink 成功事例 
プロフィール
こんにちは。平賀正彦です。インターネットを使った集客方法のノウハウを皆さまにお伝えいたします。
平賀正彦のメルマガ(週刊)

数多くのネットビジネス成功者を世に送り出した平賀のメルマガ。成功事例、マーケティング、旬なビジネスなど、既刊の著書には書かれていない内容が盛り沢山です。

 メールアドレス(必須)
記事検索
携帯で読み取ってください
QRコード