2013年01月

2013年01月27日

輸出で4800万円稼いだ事例〜円安の流れに便乗

「輸出で4800万円稼いだ事例〜円安の流れに便乗」


ここ最近の急激な円安は、
さまざまなところに影響を及ぼしているようです。

今までは円高だったので輸入ビジネスが良かったのですが、
円安になってくると輸出ビジネスがいいだろうと単純に思っていました。

すると、素晴らしい成功事例が飛び込んできたのです。



先日、古参会員の塚原さんと話しをしていたら、
なんと12月だけで時計が4800万円も売れたというのです。

もちろん、100%海外で販売した実績です。

480万円ではありません(笑)。

4800万円です。


時計の銘柄は書けませんが、日本製の時計って売れるんですね。

それ以上に、海外ユーザーの購買意欲が高いことに驚きを感じます。

彼らにしてみたら、
円安のタイミングを見計らっていたのかもしれません。

しかし、日本の市場だけで4800万円売れるかというと、
個人レベルではなかなか難しいでしょう。

これは、インターネットを使って全世界に販売したからこそ、
達成できた実績だと思います。



ところで、塚原さんといえばコンサルティングの傍ら、
ご自身でも物販を行い成果を出し、本も出版されています。
http://10to1.jp/

私のメルマガでは何回もご紹介させていただいていますが、
ご入会時には会社を退職した直後でした。

まだネットビジネスからの収入も少なかったこともあり、
新聞配達のアルバイトをしていたんですね。

その当時の写真がこれです(笑)。
http://www.hiragamasahiko.jp/images/tsukahara.jpg


塚原さんはこの写真を公開されるのを嫌うのですが、
私のサーバーからこの写真が削除されることはないでしょう(笑)。

この写真の服装を見ると、たぶん冬の寒い時期ですよね。

寒い時期に新聞配達をしてコツコツ稼いだお金。

おそらく、月10万円にも満たない金額でしょう。

それが4800万円ですよ。

480倍です。

投資よりも、ネットビジネスの方が儲かるという所以です。



さて、新聞配達をしながらネットビジネスを行っていた塚原さんですが、
徐々にネットの方からの収入が増えてきました。

そんな時、彼が神妙な面持ちでこう言うのです。


塚原「平賀先生、私はそろそろ新聞配達を辞めようと思うのですが、
   よろしいでしょうか」


別に私が雇っているわけではないので、
勝手に辞めていいと思うのですが、私はこう答えました。


平賀「ダメです。続けてください」


ちょっと意地悪かもしれませんが、特に理由も言いませんでした。

もちろん、簡単に辞めては困る理由があるんです。


実は、塚原さんをはじめ、
私の会員さんでは新聞配達をしながらネットビジネスをやっている人が、
なぜか多いのです。

また、成果を挙げる人も多いことから、
何か理由があるのかなと思っていました。

おそらく、毎日早朝の同じ時間に起きるので、
生活のリズムが自然に作られるのでしょう。

また、軽い運動にもなりますから、
発想やアイデアが沸いてくるという効果もありますね。

おそらく、その当時なぜ私がダメだといったのか、
今の塚原さんにはわかっていることと思います。

かの福澤諭吉も、
早朝の30分間は散歩に費やしていたと言われていますから。



というわけで、
昨今の円安に便乗して輸出ビジネスを行うというのがいいですね。

理由は円安だけではありません。

実は、私の会員さんの中でも輸入ビジネスに対する輸出ビジネスの比率は、
10分の1以下なんです。

つまり、日本製品を海外に売るという状況下では、
ほとんどライバルがいないのです。

私が輸出ビジネスについてアドバイスする際には、
eBayはほとんど使わずに、独自サイトを立ち上げてマーケティングを行います。

そのマーケティングはアドワーズ広告だけなんですね。

極めてシンプル。

これが輸入ビジネスになるとライバルが多数入るため、
検索エンジン対策も激戦になってきますし、PPC広告も高額になります。

さらに、ソーシャルメディアにおいても激戦ですよね。

そう考えると、輸出ビジネスに参入しない理由はないかなと思います。

経済アナリストによると、
この円安は1ドル95円くらいまで続くのではないかという意見が多いです。

為替レートにも注目していきたいですね。



そうは言っても、輸入ビジネスが悪いかというとそうでもありません。

以前の円高が極端すぎたので、ある意味正常に戻ったというところでしょう。

会員さんの中でも過去最高の業績を挙げた人が出てきています。


例えば、同じく時計を扱っているナギラさん。

海外の時計を輸入して国内販売し、12月は500万円売上げたそうです。

これも1人で達成した業績なので凄いですよね。

彼の成功事例は今月の会員セミナーでお話いただけますので、
また別の機会にメルマガでもご紹介いたします。


それにしても、時計が売れまくっていますね(笑)。

こういった成功事例は他で聞くことができないと思いますので、
事例提供していただいた塚原さん、ナギラさん、ありがとうございます。

これからも頑張っていきましょう。


mhiraga1 at 14:15|Permalink 成功事例 

2013年01月23日

パソコンの苦手な人がネットで成功するのか?

「パソコンの苦手な人がネットで成功するのか?」


私のサイトでは無料相談をお一人様一回に限り受けているのですが、
昨年本を出した影響から多くのご相談が届いています。

先日届いたご相談は表題のように、
パソコンが苦手だがネットビジネスはできるか、という内容でした。

実は、ご相談のメールを読みながら「えっ?」と思ったのです。

それは、そのご質問が非常に長い文章で書かれていて、
文字数でいうと約4000文字。

そのままワードにコピペしてみると、なんと10ページ以上もあったのです。

ワード10ページもの文章を書けるのであれば全然問題ありません(笑)。

読むだけでもかなりの時間を要します。

というか、このレベルならパソコンは苦手ではないです(笑)。



私が長年ご相談を受けてきて、
これからネットビジネスを始めようとする方が心配されるのは次の2つ。


1.パソコンのスキルに関する問題。


2.商品選定に関する問題。


1つ目のパソコンのスキルに関する問題ですが、
これはメールが書ければネットビジネスはまったく問題ありません。

私の歴代会員さんの中にはメールを書けない人もいました。
それでも大成功された方もいるのです。


何度かメルマガや本に書いているのでご存知の方も多いと思いますが、
私の会員番号1番であり、
もっとも業績を上げた菅野さんはご入会時メールが書けませんでした。

私とのメールのやり取りは、奥さんに代筆してもらっていたそうです。

当時は電話相談というスタイルでご相談を受けていまして、
彼の話し方はとてもフランクなんです。

しかし、メールになると別人のごとく雰囲気が一変して、
妙に丁寧な書き方になるんですね。

「平賀様、ご機嫌はいかがでしょうか」みたいな(笑)。

菅野さんという方は丁寧なメールを書くな、と思っていたのですが、
実は奥さんが書いていたんですね。

こういったケースは菅野さんだけではなく、
他の会員さんでも同じようなケースがありました。

そして面白いことに、
そういった会員さんに限って大きく成功したという例が複数あったのです。


これはなぜなのか?


私がコンサルティングを始めたのは今から10年前です。

その10年前に、ネットビジネスに目をつけていたという事実がすべてですね。

ご自身がパソコンを使えるとか使えないということよりも、
ネットにビジネスの可能性を感じていたということが大事だということです。

そして、初めの一歩を踏み出したことに今の成功があるわけですね。



2つ目の商品選定に関しては、7割の方が事前に用意していません。

実は、その方が良い場合も多いのです。

どうしてもネットにマッチしない商品などもありますので、
その辺は柔軟に考えた方がいいでしょう。

例えば、1000円の商品をいくら売っても儲からないわけです。

1000円の商品で300円の利益が出る場合、
100個売ってようやく3万円の利益になりますよね。

1ヶ月に30万円利益を出すためには1000個売らなければなりません。

1000個売るということは、1000個配送するということです。

仮に1人でビジネスをしている場合、
1000個の配送をするというのはとても大変です。

もちろん、中には誤配送もあるでしょうから、その対応も大変ですね。


一方、店舗を持っているとか、
扱いたい商品があるというケースが3割ほどありますが、
途中で変わることも多いです。

最初はアフィリエイトをやろうと思っていた人が、
物販をやり始めたらとてもうまくいったというケースは良くあります。

アフィリエイトというのは広告規制の多いビジネスなので、
物販に変えただけでスムーズに広告を出すことが可能となります。

それだけで集客がしやすくなるという良い面はありますね。

また、輸入ビジネスで物販をやっていた方が、
現地の買い付けサービスなどをやってうまくいった例もあります。

BtoCからBtoBへ転換した良い例だと思います。


このように見ていくと、
ネットビジネスというのは業種の転換が簡単にできることがわかります。

つまり、複数のビジネスを1人で行うこともできますし、
ダメだと思ったらすぐに次のビジネスに転換することが可能だということです。

これがリアルビジネスならそうはいきません。

飲食店を始めようと思ったら、すぐに何百万、何千万と費用がかかるわけです。

しかも、スタッフを雇う必要が出てきます。

仮に失敗したとしたら、残るのは負債だけですよね。

ネットビジネスの場合はこういったダメージがとても少ないので、
何度でもチャレンジできるというメリットがあるわけです。

そういう意味でも、失敗を恐れずに一歩を踏み出すことが大事ですね。



というわけで、ここまでメルマガを書いた文字数が約1900文字です。

冒頭のご相談をくれた方の半分以下です。

4000文字書くというのは凄いことですから、
自信を持ってチャレンジください(笑)。

mhiraga1 at 08:38|Permalink 気付いたこと 

2013年01月20日

ネット経由で売上が3割アップしたメガネ屋さん

「ネット経由で売上が3割アップしたメガネ屋さん」



私は8年前までド近眼でした。

確か、視力は右が0.04、左は0.06だったと思います。

このレベルになると、メガネやコンタクト無しでは生活できません。
50センチ離れたところの文字も見ることができません(涙)。

肩凝りもひどくなってきたので、
友人が行ったというレーシック手術を受けることに。

今では裸眼で快適な生活を送るようになったのですが、
夜になると若干左の視力が落ちるため、車の運転には気をつけていました。

そんな時、メガネを販売している二戸さんに会員総会で出会いました。

彼の掛けているメガネは、
さすがメガネ屋さんだけあってカッコいいんです(笑)。

フレームは量販店に置いてあるものとは違ってスタイリッシュ。

レンズは光の量によって色が変わる調光レンズと呼ばれるものでした。

彼に左の視力が落ち気味だという話をしましたら、
こう答えてくれました。


二戸「それでは、流行のフレームに、
   少し色の入ったレンズで左のみ度数を入れたらどうでしょうか?」


私は左目の度数がわかっていたので、
その度数を伝えて1週間ほど経つと、でき上がったメガネが届きました。

そのメガネを見た瞬間、デザインは一発で気に入りましたね。

さらに、ここ8年ほどメガネを掛けていなかったので、
違和感があるかなと思いましたが、まったく心配することはありませんでした。

一度も試着したことがないのに、
鼻の位置や耳の位置がなぜかピッタリ合うんですね。

今では日本人の顔に合わせたフレームサイズになっているそうです。



というわけで、メガネとか靴というと、
お店に行かないとサイズが合わないといった心配がありますよね。

特にメガネは度数がありますから、より神経を使うところです。

しかし、近所のメガネ屋さんで度数さえ測ってしまえば、
あとは好きなフレームを選ぶだけでカッコいいメガネになるわけです。

どうしても、メガネの量販店だとカッコいいフレームが少ないものです。

そんな時に、二戸さんのような流行のフレームを扱っているお店が、
ネットで注目を浴びるようになるのでしょう。


ちなみに、二戸さんのお店の昨年度の実績は、
ネット経由の売上が全体の3割を占めるようになりました。

そして、ネット経由のほとんどが高額商品だとか。

つまり、ネット販売を始めていなければ、
この3割の売上は発生しなかったわけです。

そう考えると、店舗経営されている業種の方は、
ネットに力を入れることが急務となっていますね。

先ほども書いたように、ネット販売の難しいメガネができるわけですから、
他の商品ならもっと楽にビジネスができるでしょう。


と、ここまでメルマガを書いた時点で彼からメールが届きました。


二戸「昨日、4件注文が入りました。うち、3件が高額商品でした。
   メガネ●●のキーワードで上位にあがってきからだと思います」


コンスタントに毎日注文が入るというのは素晴らしいですね。

このようにネットからの売上が順調に伸びている二戸さんのサイトですが、
果たしてどのようなマーケティングを行っているのでしょうか。

上記コメントでキーワードが一部伏字になっているように、
実はSEO対策のみなんです。

PPC広告は一時行っていましたが、今ではまったくやっていません。

ビッグワードも狙いつつ、ロングテールでスモールワードを狙っています。

以前から行っていた対策が実を結んでいるということでしょう。



というわけで、
業績好調な二戸さんから新春のプレゼントを用意していただきました。

私も購入したスタイリッシュなフレーム(2万円以上)をご購入いただくと、
先着10名様にはレンズを半額でご提供してくれるそうです。

レンズを半額にしてしまうと利益は残りませんが、
私のメルマガをお読みの方だけにプレゼントしてくれるそうです。

芸能人が愛用している、
メガネ量販店には置いていないモデルばかりですね。

まずは、こちらをご覧になってください。
※先着10名様レンズ半額キャンペーン(2万円以上のフレームをご購入の方)
http://www.gp-direct.jp/


業績好調な二戸さんですが、益々これからも頑張っていただきたいと思います。


mhiraga1 at 08:19|Permalink 成功事例 

2013年01月17日

ビジネスはタイミングが大切〜ロケットスタートを決めよう

「ビジネスはタイミングが大切〜ロケットスタートを決めよう」


昨年の12月から円がジワジワと安くなり、
昨日の段階で87〜88円くらいになっていますよね。

円安に比例して株価も上がってきているようです。

日本経済全体にとっては良い数字だと思いますので、
景気回復の方向へ少しずつ動いているのかな、という感じがします。


ちなみに、円安になるとすべてが良いわけではありません。

先日、東南アジア在住の友人(日本人)からメールが来まして、
大変だ、大変だ、というわけです。

どうしたのかと思ったら、
彼が持っている日本円を今のうちに自国通貨へ両替しなければならない、
とのこと。

円高が長く続いたので、日本円をそのまま持ち続けていたんですね。

それがあっという間に10円も円安になったので、
今のうちに両替しようと思ったのでしょう。

たかが10円と思うかもしれませんが、
現在1万円両替すると円高時の8800円分しかもらえません。

つまり、12〜13%くらい円の価値が落ちているということですね。



さて、為替とか株価が日本にとって良い方向になってきたときには、
ビジネスチャンスが到来しつつあると思ったほうがいいです。

私がネットビジネスを副業で始めたのが2001年の後半でした。

実際に販売を始めたのは2002年ですね。

先ほど為替レートの推移を調べてみたら、
なんと、2001年の1月は1ドル117円。
株価は13,000円台。

そして、2002年の1月は1ドル133円(笑)。
株価は10,000円台。

その当時はほとんど気にしていませんでしたが、
今見ると驚きの数字ですね。

単純に現在と比較はできませんが、
ビジネスの参入タイミングとしては良かったわけです。

実際に、ネットビジネスを始めて数ヵ月後には、
本業の給料の数倍は稼いでいましたから。

つまり、ビジネスにはタイミングがとても大切な要素だということが、
おわかりいただけると思います。

タイミングさえ合っていれば、
多少ホームページやマーケティングが悪くても売れてしまうんです。

逆に、タイミングが合っていないとかなり苦労をしますね。



昨年の11月に私の新刊を発売させていただきました。

その中で成功事例をご提供していただいた方というのは、
約半数の方が副業から成功された事例です。

実は、ここ3年くらいはタイミング的にあまり良くなかったのですが、
そういった中で成功事例を出してきたというのは素晴らしいですね。

松下幸之助さんの本に、
「景気の悪いときに業績を上げるのが本当の商売人だ」といったことが
書かれていました。

まさに彼らは本当の商売人になってきているのでしょう。



1人目は、シークレットシューズの岡田さん。
http://10cm-over.com/

彼は新聞配達をしながらネットビジネスを始めました。

最初に行ったのは、オークションですね。
それも、ヤフオクではなく海外のeBayを中心にやっていました。

その時にマスターした写真撮影が今でも活用できています。

オークションで徐々に結果が出てきたので、
その後先ほどご紹介した独自サイトでの販売に移行しました。

それからは、業績がとても好調ですね。


2人目は、治療院のサイトでブレイクした杉原さん。
http://www.aimiseitai.com/

このサイトは杉原さんのお母さんのサイトです。

彼も副業としてネットビジネスを始め、
お母さんのサイトの集客をお手伝いしていたわけですね。

サイトをオープンして数ヵ月後、
ネットからの集客人数は100名を超えるくらいまでになりました。

ネットから100名を集客するというのは凄いことなのですが、
それ以上に驚いたのは福島県のいわき市で開業していることです。

福島県いわき市の治療院が月間100名をネットから集める、
これは凄いことですね。

杉原さんは昨年の4月に独立をし、悠々自適な生活を送っています。



その他にも副業からスタートして、
現在は本業となっているケースが多数あります。

彼らがスタートした時点よりは、
今の方がはるかに良い状況だと思います。

今は会社勤めをしている、もしくはアルバイトをしている方も、
最適な準備をしてロケットスタートを切りたいところですね。

そして、いずれはネットビジネスが本業となるくらいになれば、
自分の好きなとき、そして好きな場所で仕事ができるようになります。



mhiraga1 at 12:59|Permalink 気付いたこと 
プロフィール
こんにちは。平賀正彦です。インターネットを使った集客方法のノウハウを皆さまにお伝えいたします。
平賀正彦のメルマガ(週刊)

数多くのネットビジネス成功者を世に送り出した平賀のメルマガ。成功事例、マーケティング、旬なビジネスなど、既刊の著書には書かれていない内容が盛り沢山です。

 メールアドレス(必須)
記事検索
携帯で読み取ってください
QRコード