2011年05月

2011年05月26日

中古車店の成功事例〜月間50アクセスで車が売れた?

「月間50アクセスで車が売れた?」


私のクライアントでとても有名になってしまった保険の加藤さん。

保険業務の方はとても好調で、
火災保険とか地震保険などは数倍の勢いで問合せが来ているとか。

これらの問合せも、売れるホームページをしっかりと作って、
なおかつ、マーケティングも確実に行っていたからだと思います。



さて、先日彼とお話をしたら、またまた面白い事例を教えてくれました。

彼の弟さんが中古車の販売をしているのですが、
加藤さんがホームページを作ってあげて簡単なSEO対策を行ったそうです。

すると、面白い結果が・・・。

そのときの会話は以下のようなものでした。



加藤「弟のホームページが売れてきたんです。しかも月間50アクセスです」


平賀「月間ではなくて1日のアクセスでしょ?」


加藤「いえ、月間なんです(笑)」



1ヶ月のアクセスが50ということは、1日のアクセスは1〜2。
こんなに少ないアクセスでも車が売れてしまうわけです(笑)


実はこういったことは珍しいことではなく、
エリア限定のビジネスであればよく見受けられるケースなんです。

もちろん、1日のアクセスが1〜2というのはちょっと極端ですが(笑)


例えば、前回のメルマガでご紹介した、
岐阜県で工務店をやっている洞山さんのケースもそうです。
http://www.hiragamasahiko.jp/mag/back-number/mailmag92.html

なぜ業績が好調なのかと言いますと、
「岐阜県 カーポート」と検索すれば1位に入っているからですね。


この傾向は、地方になればなるほど顕著に表れてきます。
逆に、東京とか大阪などの大都市ではライバルが多いために、
マーケティングが大変になります。

その他で言いますと、治療院やクリニックしかり、
学習塾とか飲食店などもそうでしょう。

ネットが発達してから全国エリアでのマーケティングが行われていますが、
税理士や行政書士などの侍業も一部当てはまりますね。



ここでポイントになるのは、
1つ目はどうやったら成約率の高いホームページが作れるのか、
そして、2つ目は検索エンジンの上位に表示させる方法です。

2つ目は特に大事なので、よく読んでください。



まず1つ目。

初めてホームページを作る方は、作成の段階で止まってしまうと思います。
そこで時間がどんどん過ぎてしまい、結果的に思ったようなホームページができない。

ということは、結果もなかなか出ないという状態になります。

しかし、加藤さんなどは売れるホームページのレイアウトを知っているため、
サクサクと作れるわけですね。

もちろん、ホームページ作成業者に頼むという手もありますが、
ある程度は自分で完成形がイメージできるようになった方がいいです。

すべてお任せというのはご自身の成長につながりませんから。



次に2つ目。

ホームページを作りながらSEO対策も施していきます。

ここからが”大事なポイント”です。

この制作の段階でよくある間違いは、ビッグワードを狙ってしまうこと。
「カーポート」といった単体ワードを狙っても上位表示されるわけがありません。

エリア限定のビジネスなのですから、
「岐阜県 カーポート」とか「○○市 カーポート」とするべきです。


さらに、私が現在会員さんに勧めているのは、
岐阜県だったら「岐阜市 カーポート」、「関市 カーポート」、
「美濃市 カーポート」、「高山市 カーポート」etc.

というように、岐阜県の市町村名を1つのサイトで全部取得する方法です。

これは、以前ロングテールSEOということで行われた時期もあるのですが、
当時の検索エンジンにマッチせずにあまりうまく行かなかった方法です。

しかし、今のグーグルというのは、
作り方次第でこういった細かいページ、そしてキーワードを拾ってくれます。


ちなみに、私のメインサイトは4月下旬に内部を大幅に変更しました。
http://www.hiragamasahiko.jp/

見た目は変わりませんが、従来のhtmlで作ったものへMTを部分的に組み込んだのです。
約1ヶ月で150ページを増やしました(笑)

増やしたページは24時間後には検索エンジンにインデックスされています。
何というスピード、さすがグーグルです。

そして、下記のような細かいページがガンガン検索上位に表示されているのです。
http://www.hiragamasahiko.jp/mag/cat14/mailmag23.html


この調子で3ヶ月、半年と続けていったら面白いことになりそうですね。

皆さんも、今のうちからこのスタイルでホームページを作成したほうがいいと思います。

きっと数ヵ月後には成果が出てきます。




mhiraga1 at 09:35|Permalink 成功事例 

2011年05月22日

文章の順番を逆にしただけで反応が倍増した事例

「文章の順番を逆にしただけで反応が倍増した事例」


ネットビジネスを行う上で、
ホームページに掲載する文章というのは極めて大切です。

一部を変えただけで大きく反応が変わってきたりするのです。

例えば、下記はPPC広告から誘導しているランディングページの一部です。

このランディングページでメルマガに登録してもらっているのですが、
文章を一部変えただけで反応率が2倍違うのです。

さて、AパターンとBパターンのどちらが反応が良かったでしょうか?



※一行目の文章は画像で作った大きな赤文字になります。
--------------------------------------------------------------------------------

(Aパターン)

成功事例満載の「平賀正彦のメルマガ」を週刊でお送りいたします。←大きな画像の赤文字

下記にメールアドレスをご登録いただきますと、
毎週メルマガにてネットの最新情報や成功事例をお届けいたします。
また、効果実証済みの売れるテンプレートを”期間限定で無料進呈”しております。

https://*********************************



(Bパターン)

売れるテンプレートを”期間限定で無料進呈”しております。←大きな画像の赤文字

下記にメールアドレスをご登録いただきますと、
効果実証済みの売れるテンプレートを”期間限定で無料進呈”しております。
また、成功事例満載の「平賀正彦のメルマガ」を週刊でお送りいたします。

https://*********************************

--------------------------------------------------------------------------------



答えは、Bパターンの方が約2倍メルマガの登録率は高いのです。

実は、よく見ていただくとわかるように文章の前後を多少変えているだけです。

Aパターンはメルマガを週刊で送ります、という文章が冒頭に出ています。
Bパターンは売れるテンプレートを無料配布しています、という文章が来ています。

しかし、全文を比較すると書いてある内容は同じなんです(笑)

一般的に、「無料プレゼント」とか「無料進呈」のようなキーワードを
文章の前に持ってきた方が反応は高い傾向があります。

ここがポイントですね。


現在のホームページでイマイチ反応が悪いのであれば、
もしかしたら文章のちょっとした表現を変えるだけで改善されることもあります。

これが最もお金の掛からない業績アップの方法なのです。




mhiraga1 at 08:19|Permalink 成功事例 

2011年05月18日

工務店ってそんなに儲かるの?〜過去最高を毎月更新

「工務店ってそんなに儲かるの?〜過去最高を毎月更新」


私のメインサイト・トップページでもご紹介している岐阜県の洞山工務店さん。
先日連絡があって、過去最高の業績を毎月更新しているとか。

しかも、相見積もりは丁重にお断りしているそうです(笑)
要は、これ以上仕事を受けられないということなのでしょう。

社長の洞山(ほらやま)さんは数年前に1型糖尿病と診断され、
インスリン注射を毎日打ちながら生活をしています。

私はそのことを知っていたので、
生活に困らない程度の仕事量にしたほうがいいのでは、と言ってきました。

休みもないくらいに働いて、体調を崩してしまっては意味がありません。
何といっても体が大事ですからね。

でも、次から次へと仕事が入ってしまうわけです。
もちろん、それはそれで有り難いことではあると思いますが。。。



さらに、洞山さんだけではなく、
湘南でリフォーム関係の仕事をしている狩谷さんも好調だと言っていました。

普通に考えると、大震災の影響もあって社会全体が不況なわけですよ。
不況の時にはこういった工務店のような業種というのは、
結構影響を受けるはずなんです。

少なくとも不況に強い業種ではないと思います。
しかし、彼らはとても好調だと。

これはどういうことでしょうか?



その答えは、インターネットで集客をしているからです。

工務店という業種が好調なわけではなく、
”インターネットで集客している工務店が好調”なのです。

これは工務店に限ったことではなく、他の業種も同じことですね。
治療院や歯医者、学習塾、美容室・・・etc.
さらには、物販全般においても同じことです。


このメルマガを読んでいる皆さんは特にそうだと思いますが、
何か探しものをするときにインターネットで検索しますよね?

今はほとんどの方が何を探すにしてもネットを使っているのだと思います。

しかし、当たり前なことですが、
ネットを使った工務店の中でも好調なところと不調なところがあります。

そのポイントは売れるホームページと、
今の時代に合ったマーケティングが行われているかどうかですね。

ここで難しいのは、
今の時代に合ったマーケティングを行えているかどうかです。

ホームページを持っているだけでは意味がなく、
しっかりとマーケティングが行われているかどうかが重要なのです。

業績が好調か不調か、
というのはここで決まるといっても過言ではないでしょう。



それはどんなマーケティングなのでしょうか。

今だったらメインサイトを強くする検索エンジン対策でしょうね。
ページ数を数百ページ以上に増やす方法です。

もちろん、従来通りにバックリンクも強化していく必要はあります。

さらに、PPC広告をいかに使いこなしていくかですね。

実は、このPPC広告を使いこなしている人は本当に少ないのです。
費用を抑えながら、最大限の効果を得ている人はとても少ない。

さらに、新機能を使いこなしている人はほとんどいません。
この辺はスピードが早いので、私も乗り遅れてしまいそうになります(笑)

これらのことをしっかりと行えば、
冒頭のお二人のように業績を上げることができるでしょう。





mhiraga1 at 08:28|Permalink

2011年05月15日

成功しているネットビジネス・ベスト3

「成功しているネットビジネス・ベスト3」


最近、ネットのトラブルに関する相談を持ちかけられることがあります。
3つほどご紹介いたしましょう。



1つ目はドロップシッピングの業者。

少し前にマスコミでも取り上げられたケースなのでご存知の方も多いと思います。

ドロップシッピングで儲けましょう、という触れ込みで、
ホームページの作成や商品の仕入れをセットで契約します。

すると、数十万円から100万円以上もの契約金を支払うことになるというもの。
商品はほとんど売れなかったというケースが多いです。



2つ目はSEO業者からの電話勧誘。

私のところにも掛かってくるくらいなので、
片っ端から電話をしているのでしょう(笑)

これは先ほどのドロップシッピングと違って、
まったく効果がないわけではありません。

ただ、金額が比較的高いので費用対効果が悪いのです。



3つ目は新手の方法です。

健康系の商品というのは薬事法に気をつけながら販売しなければなりません。

その販売ページを見て、
「薬事法に抵触している」と言いがかりをつけてきます。

そして、「私の会社に修正依頼をすれば内緒にしておく」というものです。

いわゆる悪質なホームページ作成業者ということですね。


以上、軽く3つほどご紹介しましたが、くれぐれもご注意ください。



ところで、別のメルマガでも一部書いているのでご存知の方もいると思いますが、
私の会員さんでは4月に過去最高益を出した方が何名もいらっしゃいます。

今回はより詳しい内容でご紹介いたしましょう。


この不況の中、どうしてそれだけの結果が出たのでしょうか?

特に業績の良かった方の事例ベスト3を紹介したいと思います。



まず第3位。

輸入ビジネスで”靴”を販売している方です。

この方は、半年前にこのビジネスを始めたのですが、
なんと、アクセスが始めた当初の6倍にまで増えたそうです。

結果、4月は過去最高の業績を達成いたしました。

ポイントは検索エンジン対策がバッチリうまく行ったからですね。
素晴らしい結果を出してくれました。



そして第2位。

治療院の方です。

この方は少人数で経営されている治療院の院長さんですが、
4月が最も新規の患者さんがネット経由で来院されたそうです。

この方も、第3位と同じく検索エンジン対策がうまく行っていますね。

ちなみに、地方のクリニックの院長さんも会員に入っていただいていますが、
ここも過去最高だったそうです。

治療院とかクリニック系はなかなかいいですね。



最後に第1位。

ネットを使った食品の販売です。

これは安定していますね。
景気不景気関係ありません。

食品というのはなぜこんなに調子がいいのでしょうか?

理由は2つあります。

1つは、ネットで食品を買う人が激増しているからです。
そしてもう1つは、リピートするからです。

一度買った人は、二度目、三度目も買いやすいというデータが出ています。
つまり、雪だるま式に売上は伸びていくわけですね。

結果、余程のことがない限り昨年よりも今年、
そして今年よりも来年の方が業績は良くなっていくのです。


このようにベスト3を見ていくと物販の方が好調なようです。
これからのネットビジネスのヒントになると思います。

景気も不透明になっていますので、
今こそネットビジネスで安定した収益を上げていきたいですね。





mhiraga1 at 08:19|Permalink

2011年05月13日

PPC広告VS検索エンジン対策〜成約率が高いのはどっち?

「PPC広告VS検索エンジン対策〜成約率が高いのはどっち?」


永遠のテーマのような気もしますが、
PPC広告を出すのと検索エンジン対策ではどちらが成約率が良いのか?

結論から言いますと、やっぱり検索エンジン対策ですね。

お金を掛ける検索エンジン対策もありますが、
私の会員さんがやっているのはお金がほとんど掛からない方法なので、
そういう意味ではやりやすいと思います。

要は習慣のごとく、毎日コツコツと行うことだけです(笑)

もちろん、PPC広告も併用して行うに越したことはありません。

初めての方にもわかりやすいようにご説明いたしますと、
PPC広告というのは検索結果ページにも出てきますし、
またニュースサイトや個人のブログなどにも出てくる場合があります。

前者の場合を検索広告、スポンサードサーチ、
後者の場合をディスプレイ広告とかインタレストマッチなどと呼んでいます。



さて、それではなぜ検索エンジン対策の方が成約率がいいのか?

その理由を考えるというよりは、
私の会員さんでそのような事例が多発しているからなんです。

”論より証拠”という言い方のほうが当てはまるでしょう。


私の会員さんには、昨年度よりメインサイトのページ数を増やしましょう、
という話をしていました。
これは検索エンジン対策のためです。

それを実践されてきた方の業績がグングン伸びているんですね。

ページ数を増やしていくと、
スモールワードで細かいページがヒットするようになります。

作り方にちょっとしたコツはありますが、結果的に業績が伸びてくる。

前回のメルマガでも書きましたが、
4月が過去最高の業績だったという人が何名も出てきたのです。

この不況下でよく最高益が出るな、と私自身も感心するばかり。

実は昨日もある会員さんから連絡がありまして、
何とアクセスが6倍に増えてきたというのです。

当然、商品も売れるようになって4月は過去最高の業績だったとか。

この方も、PPC広告よりも検索エンジン対策の方が良かったと言っていました。



それでは、
これらの業績が上がってきた方はどのような手順で準備をしていたのか?

ポイントはここですね。

私なりに分析していくと、



1.メインサイトのページ数を増やしていく


2.無料のブログなどを複数運営していく


3.PPC広告を併用していく



どの程度まで行うのかにもよりますが、
早い人ですとこれらの準備を2〜3ヶ月でやってしまう人もいます。

もちろん、その後も継続することが大事ですね。

半年、1年と継続していけば、おそらくライバルは追いつけません。
その時にはビジネスが安定期に入ってくるでしょう。

安定期に入ってしまえば、メインサイトのページを増やしたり、
ブログを更新したりするのは外注さんに依頼することも可能です。

ご本人の仕事は注文と配送の確認、
アクセス解析やPPC広告などのデータチェックくらいになります。

私の会員さんにはほとんどの業務を外注に依頼してしまって、
次のビジネスを考えている、なんていう人もいます。



ちなみに、4月が過去最高だったと連絡いただいた会員さんは
物販の方が圧倒的に多いです。

サービス系はサンプルが少ないので何とも言えませんが、
物販に比べるとやや動きが鈍いかもしれませんね。

ただ、昨日ご連絡いただいた方はリフォーム業の方だったので、
サービス系も徐々に上がってくるでしょう。

今年の夏以降に結果を出すためにも、
今のうちから準備をしていきたいものです。




mhiraga1 at 06:33|Permalink マーケティング 

2011年05月09日

3日で検索効果が出た〜ハイブリッド型のホームページ

「3日で検索効果が出た〜ハイブリッド型のホームページ」


独自配信のメルマガで少し書いたことなのですが、
4月の後半から私のメインサイトを大きく改造していました。

見た目には変わっていませんが、中身は大きく変わったのです。

その結果が早くも表れてきましたのでご紹介いたします。



まず、このトップページは普通にhtmlで作ったものです。
http://www.hiragamasahiko.jp/

今回増設したのがMT(ムーバブルタイプ)で作った下記の仕組み。
http://www.hiragamasahiko.jp/mag/

この部分はMTで作ってあるのですが、
見た目はhtmlで作ったトップページとほとんど変わらないですよね。

主要なページはhtmlで作って、記事を大量に増やす部分はMTで作りました。
このサイトのことを”ハイブリッド型”と呼んでいます(笑)

作ってくれたのはクライアントの井関さんです。



さて、その結果が早くも出ています。

例えば、3日前にアップした下記のページ。

メルマガのバックナンバーです。
http://www.hiragamasahiko.jp/mag/back-number/mailmag22.html

一番のミソは、ページの一番上に自動的に次の記事タイトルが入るようになっています。

「4月に過去最高益だった人たち〜ネットは不況に強い? - 集客 請負人・平賀正彦のサイト」

この記事タイトルに入っているキーワードで検索するとヒットするわけですね。
例えば、「ネットは不況に強い」で検索すると3位に入っています。

スモールワードなので、1ヶ月に2〜3回でも検索してくれたらいいのです。
それが数百、数千とあったなら結果的には大きな力になりますから。

さらに、こういったスモールワードでアクセスしてきたユーザーは、
成約率が抜群に高いことがわかっています。


ちなみに、下記の私の別サイトが5位にも入っています。
http://www.netwins.net/d_melmaga/post_139.html

このサイトは全ページMTで作っています。



という感じで、まだまだ記事の数が少ないのですが、
外注さんに頼んで毎日3〜5ページずつ増やしてもらう予定です。

このペースですと、年間で1000〜1500ページ増えることになります。
1年くらい経ったら凄いことになりそうですね。

実はこの方法ですでに結果を出している会員さんが何名もいるんです。

1000ページ、2000ページと増やしてスモールワードを押さえて行く。

彼らが口をそろえて言うのは、ビッグワードの順位は気にしていないとのこと。
あくまでもスモールワード狙いなんですね。

こういう戦略ってライバルには中々見えませんから、
真似されにくいというメリットもあります。


私は今年の初めに、
「メインサイトを強くしよう」という話を会員さんにいたしました。

その準備は着々と進んでいるようです。




mhiraga1 at 10:31|Permalink マーケティング 

2011年05月04日

4月に過去最高益だった人たち〜ネットは不況に強い?

「4月に過去最高益だった人たち〜ネットは不況に強い?」


先日、ネットニュースを見ていたら面白い記事がありました。

横浜のホテルの話なのですが、
今年の3月は震災の影響や自粛ムードのため昨年比で3割程度だったそうです。

しかし、4月後半のゴールデンウィークからは予約が多く入っているとか。
結果的に昨年比で8割くらいの稼働率になるという話でした。

また、ここからが注目すべきところなのですが、
8割の稼働率になったホテルは”ネットの集客”をメインにしているそうです。

逆に、ネットの集客をあまりやっていないところは5割程度の稼働率。

このように見ていくと、いかにネット集客が重要であるかがわかります。
そして、景気にあまり左右されないことが証明されています。



さて、5月に入り会員さんから業績の報告が毎日届いています。

なんと、本日は4月が過去最高益だという方から3通もメールをいただきました。

そのメールを読んでいると私も嬉しくなってしまい、
休日なのでメルマガもお休みしようかと思いましたが、
思わず書いてしまった次第です(笑)

許可を取っていないので詳細は伏せますが、主に物販の方ですね。



1人目は、美容室などで使うものを販売している方です。
いわゆる、BtoB。

美容室などの店舗を持ってビジネスをされているケースは、
業績が振るわないと思っていました。

しかし、必要なものは買わなければならないということでしょうか。
4月という時期的なこともあるかもしれません。

さらに、この方のマーケティングがうまく回りだしたというのもあるでしょう。
これが一番大きいと思います。

SEO対策、そしてPPC広告などが効果を発揮してきたということですね。



次に2人目ですが、食品を自社サイトで販売している方です。

このような食品というのは楽天などで販売する人が多いと思います。

しかし、私はあえて独自サイトで販売することをこの方に勧めてきました。
なぜなら、利益が残るからです。

よく言っていることですが、
我々のような小規模事業主は売上ではなく利益をどの程度出すのかがポイントです。

売上が高くても全然儲かっていないところも多いですからね。

そういう意味では、より利益の取れる独自サイトで販売するのが良いでしょう。



3人目はマニュアルを販売している方。

この方の場合は、
1人目の方と同じように複数のマーケティングが回りだしたのでしょう。

例えば、最初はPPC広告のみで販売していたとします。

その後、ブログを量産するとか携帯サイトを作るなどして、
別のルートから集客を行うとします。

そうすると、マーケティングに厚みが出てくるためアクセスが増えてきます。

さらに、成約率の高いホームページを作っておけば利益が上がってくるわけです。



以上、3名の方の事例をご紹介いたしましたが、
サービス系の方は昨年比で多少落ちている傾向が出ているかもしれません。

物販よりもサービス系のほうが立ち上がりの遅いところがありますので、
ゴールデンウィーク明けから徐々に上がっていくのではないでしょうか。

そのためには、しっかりとした準備を行っていく必要がありますね。


現在、私の会員さんには
htmlとMTを組合わせたハイブリッド型のサイト作成を進めています。

私のメインサイトもハイブリッド型に改造を完了しましたので、
今後はページ数を増やしていく体制ができあがってきました。




mhiraga1 at 12:21|Permalink 成功事例 

2011年05月02日

狙い目の集客方法はこの2つ〜携帯PPCとロングテールSEO

「データ分析から判明した狙い目の集客法2つ」


ここ最近、データ分析を細かくやっています。
データ分析といってもアクセス解析とPPC広告の管理画面を
見ているだけですが(笑)

その結果、面白いことがたくさんわかってきました。


例えば、自分の思い込みで必要以上に広告費を使っていたり、
自分の思い込みでエネルギーを掛ける場所がズレていたり。

このデータ分析を通じて感じたのは、
"お金とエネルギー"をどのように配分して使うのかということですね。

我々のような小規模事業主はここを間違ってしまうと大変です。
ある意味、"生命線"ともいえるところでしょう。

大きな会社のようにお金や人がたくさんあるわけではありませんから。

さて、このようなデータ分析の中で狙い目の集客方法を2つ見つけました。


1つ目は、モバイルのPPC広告ですね。

これは初めて書くことですが、
今年に入ってからモバイルのPPC広告が非常に調子が良いのです。
費用対効果が高いということですね。

例えば、パソコンのPPC広告でリストを獲得しようと思うと、
1アドレスで1000円くらい掛かることが多いです。
この金額は年々上がっているわけですね。

キーワードのセッティングの仕方次第でこの金額を多少下げることも可能です。

また、コンバージョン率の上がるようにホームページを変える方法もあります。

しかし、そんなことをしなくてもモバイル広告を出せば5分の1に下がります(笑)


私の場合、グーグルのアドワーズ広告をメインにやっていますが、
モバイル広告は現在1クリックが13円。

1リストの獲得コストは200円くらいです。
パソコンの広告に比べると安いですね〜。

コンバージョン率もパソコンの広告に比べると高いことが分かります。


昨年の夏くらいだったと思いますが、
海外にアドワーズ広告を出すといいという話をしました。

現段階では費用対効果的にモバイルの方がいいかもしれませんね。

スマートフォンの普及率が上がってきたことが理由なのかもしれませんが、
今後も良い傾向が続くと思います。

2つ目は、前回のメルマガで書いたロングテールSEOですね。

メルマガを書いた瞬間に何名かの会員さんからメールをいただきました。

ページ数を増やすというのは以前からアドバイスをしていましたので、
昨年度の同時期に比べると、
検索ワードの数が2倍、3倍になったという報告がありました。


例えば、詳しくは書けないのですが、
受験の通信講座を行っている会員さんがいます。

この手の業界ってロングテールSEOが完璧にマッチする思うんです。

仮に英語だったとしたら、「5文型」ってありますよね。
「S+V」とか、いわゆる専門用語です。

先ほど検索してみたら、簡単に上位が取れそうです(笑)

要は、受験生以外は検索しないキーワードなので簡単にヒットできるんですね。

その他、理数系の科目などは専門用語が多いのでいくらでもヒットできそうです。


この手のSEO対策というのは昔からあったんです。
アフィリエイターなどは大量にページを作ってやっていましたよね。
何万ページとか(笑)

それが検索エンジンのアルゴリズムの変更によって、
通用しなくなってしまった。

しかし、ここに来て再びヒットしやすくなってきたということでしょう。
ヤフーとグーグルが同じ検索エンジンを使っているというのも理由です。

もちろん、単純にページを増やすだけではダメです。

実はキーワードをヒットさせやすいホームページの作り方というのがあって、
これは会員セミナーでお話しする予定です。

私の会員さんの中にはSEOアフィリを専門にやっている人がいますが、
徐々に業績が良くなっているんです。

検索エンジンの動向次第では、
こういった業種も面白い状況になるかもしれません。




mhiraga1 at 04:51|Permalink
プロフィール
こんにちは。平賀正彦です。インターネットを使った集客方法のノウハウを皆さまにお伝えいたします。
平賀正彦のメルマガ(週刊)

数多くのネットビジネス成功者を世に送り出した平賀のメルマガ。成功事例、マーケティング、旬なビジネスなど、既刊の著書には書かれていない内容が盛り沢山です。

 メールアドレス(必須)
記事検索
携帯で読み取ってください
QRコード