2010年04月

2010年04月29日

ホームページをリニューアルしました

「ホームページをリニューアルしました」


本日、ホームページのリニューアルを行いました。
正確には、専属デザイナーが昨日の夜に更新してくれたみたいです。
一部、色の合っていないページがありますが、順次直していきます。
http://www.hiragamasahiko.jp/


今まではビジネス系の定番であるブルーを使っていましたが、
今回は明るめの色を選択。
春夏バージョンですね(笑)

ショッピングサイトではこの系統の色があると思いますが、
サービス系のサイトでこの手の色はあまり見かけないと思います。
海外では見かける色なのですが、英語とのマッチングがいいのでしょう。



さて、ポイントはいくつかあります。


1つ目はトップのボタンを人物画像(バナー)の上に上げてしまったこと。
これによって、バナーとその下の文章が連動しているように見えてきます。

この辺はホームページリニューアルの井関謙二さんや、
ゼロ円集客の桑原浩二さんの意見を参考にしたところもあります。


2つ目はバナーの左サイドに「平賀への直接相談」をセットしました。

従来は、トップボタンの右側にセットしていたのですが、
これによって今まで以上に視界に入るようなポジションになったと思います。

というわけで、今後データを見ながら徐々に微調整をしていきます。



それと、下記ページに新しい会員メニューが追加されていますが、
4/30に開催する会員セミナーよりUSTREAMを使った映像セミナーを開催します。
映像を使うことによって、より分かりやすいセミナーになるでしょう。
http://www.hiragamasahiko.jp/support_menu.html

もちろん、当日ご参加できない方には映像を録画して後日お送りいたします。
明日で受付は一旦終了いたします。


追伸
会員の方にはアドワーズ・コンテンツマッチ広告とヤフーリスティング
インタレストマッチ広告の完全攻略動画を進呈します。(4月末配布)





mhiraga1 at 17:07|Permalink マーケティング 

2010年04月28日

このサイトが売れる理由

「ちょっとしたレイアウトの違い、文章の違いで反応が大きく変わる」


先日、保険の加藤さんとホームページレイアウトの話しをしていました。
彼の下記サイトはとても反応がいいのです。
その業界では、おそらく日本一の反応率ではないでしょうか。
http://gakushihokenhomepage.jp/

もちろん、検索エンジン対策などのマーケティングがうまくいっている
ことも見逃せません。


一方、他の方のケース。

加藤さんの知り合いで1日300ものアクセスがあるのに、
ほとんど問合せのないサイトもあるとか。

そのサイトを拝見しましたが、まずレイアウトが良くないのです。
さほどコンテンツが多いわけでもないのに3カラム(3列)にしています。

さらに、あまり意味のないイメージ画像などを載せているため、
スペースの使い方があまり良くないと思いました。

このように、アクセスは結構あるのに全然反応の取れないサイトがあるんです。



対策としては、部分的に修正を加えながらデータを取ることですね。

トップのバナーだけを変えてみるとか、見出しの文章を変えてみるとか。
もしくは、写真を変えてみるというのもポイントになります。


私のメインサイトを明日の28日(水)に全面リニューアルをいたします。
参考にしてみてください。
http://www.hiragamasahiko.jp/



追伸
4月の会員セミナーでは、今回からUSTREAM(ユーストリーム)を使った
ライブセミナーを行います。映像は録画して後日お送りいたします。

また、会員の方にはアドワーズ・コンテンツマッチ広告とヤフーリスティング
インタレストマッチ広告の完全攻略動画を進呈します。(4月末配布)






mhiraga1 at 06:19|Permalink 成功事例 

2010年04月27日

目標達成された方が多数出てきています

「目標を達成した方々が続々と出ています」


4月に入ってから、目標を達成したというご連絡が結構あるんです。

例えば、コーチングの永澤さんとかカウンセラーの鈴木さん。

彼等はセミナーを開催しているのですが、
以前から目標にしていた人数を達成できたそうです。
つまり、集客がうまくいっているということですね。


さらに、物販では先週独自メルマガの方でご紹介した素直さん。

彼の目標は月間100万円を稼ぐことだったのですが、今月の半ばで達成。
おそらく、4月は200万円前後まで行ったのではないでしょうか。


そして、もう1件面白い成功事例がありました。

ご本人の許可を取っていないので名前は伏せますが、
5万円くらいのある教材を販売している方がいるんです。

この方、ご入会されたときに月間100本を売りたいと言っていました。
5万円を100本ですから、月間500万円の売上。

これはちょっとハードルを高くしすぎではと思いましたが、
頑張りましょう、ということで進めてきました。

しかし、初めは月に2〜3本しか売れなかったんです。
あまりお金が使えなかったというのもありますが。

それが、4月に入ってから順調に売れてきて、
なんと20本以上売れたそうです。
ということは、100万円以上の売上になっているということですね。

目標の500万円にはまだまだですが、良い兆しが出てきていると思います。



さて、4月28(水)に私のメインサイトを全面リニューアルします。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
まったくの偶然ですが大安(笑)
もっと早くにリニューアルしたかったのですが、
専属デザイナーがこの日じゃないと間に合わないということで。。。

ここ数ヶ月いろいろ実験してきたのですが、1つの方向性を見出しました。
28日になったら、ぜひご覧になってください。


また、4月のゴールド会員セミナーですが、
今まで音声のみだったのですが、
今回よりUSTREAM(ユーストリーム)を使ったライブ映像を配信いたします。

もちろん、当日ご参加できなかった方のために、
録画をして後日お送りいたします。


追伸
会員の方には、アドワーズ・コンテンツマッチ広告とヤフーリスティング
インタレストマッチ広告の完全攻略動画を進呈します。(4月末配布)

また、4月の会員セミナーでは、
3つのネットビジネス(物販)を成功させた倉崎氏のノウハウを公開します。






mhiraga1 at 07:31|Permalink 成功事例 

2010年04月21日

脱サラ後5ヶ月で100万円突破〜4月は200万円を超えるかも?

「脱サラ後、5ヶ月で100万円を稼いだ男。4月は200万円を超えるかも?」

今回ご紹介するのは、輸入ビジネスをやっている素直さん。

素直さんがご入会したのは昨年の3月、ちょうど1年位前ですね。
その当時はサラリーマンをやっていたのですが、
先行きに不安があったことから独立起業を決意。

当初はサラリーマンを続けながらネットビジネスの勉強をしていました。
ここは重要なポイントですね。

いきなり会社を辞めてしまって起業準備をしても、
間に合わない場合があります。

そういうケースを避けるためには、
会社員を続けながら勉強すると良いでしょう。


しかし、素直さんも順調に業績が上がったわけではありません。
初めはビジネスを安易に考えていたところがあったのでしょう。

その辺を書いてくれましたので、原文のまま引用いたいます。



------------------------------------------------------------
> 最初は、販売するというところまで意識が行きませんでした。
> サイトを作れば売れる的な安易な発想でした。
> それに輪をかけて、『売れるテクニックさえ身に着ければ・・・』という
> お手軽に売上げがあがるノウハウを追い求めていました。
>
> ですが、当然の事ながら、一向に結果が現れず、
> 定職がない事もあわせて、精神的に不安になりました。
> その当時は、『成功している方と何が違うのか?』ばかり気になっていました。
> 一時は、『売れる商品を運よく見つけた人が成功している』とまで考えたこともありました(苦笑
>
> そんな中、平賀先生主催のSNSや勉強会で知り合った
> 大成功されている諸先輩からのアドバイスや
> 成果が出ずに苦労している仲間との交流から、少しずつ意識が変わってきました。
>
> そして、自分に出来ることを地道にやり続けよう(=怠けない)と決めました。
------------------------------------------------------------



確かに、素直さんから入会当初に頂いた相談メールは、
簡単に売れる方法ばかりを質問されていたと思います。

しかし、それでは売れないことに気が付いて、
私に対する質問も随分変わってきました。

また、私の会員内ではお互いにアドバイスしあったりする雰囲気があるので、
そういう面でも助けられた面が多かったのだと思います。


その後、素直さんがうまく行き始めたのは、
ヤフオクをやって自信をつけたのがきっかけです。

さらに独自サイトで販売しようとしましたが、
これが思ったほど売れません。

その段階で私に相談がありましたので、
いくつかのポイントをアドバイスし、またご自身で工夫されたのが下記です。



------------------------------------------------------------
> 【サイト上】
> ・トップ画面に商品写真を配置し、そこで購入が出来る導線を作った
> ・アメブロ等の無料ブログを頻繁に更新し、Yahoo、Google等で当該ブログが上位表示
> ・検索結果画面をキャプチャーしサイトの実績として公開
> ・過去の購入者や商品の感想を調べ、商品を購入される方の悩みに訴えるような
>  キャッチコピーやボディコピーを改善
> ・サイトに過去ブログを頻繁にアップし、現在も活発に販売しているサイトである事を
>  アピールするとともにサイト自体のボリュームアップを実施
> ・販売者の顔写真を出し、お客様への安心感と信頼感を演出
>
> 【集客】
> ・PC用と携帯用のPPC広告の実施。現在は2割ほどが携帯サイトからの購入
> ・サイトを訪れた方の検索キーワード調べ、PPCのキーワードを反映&改善
> ・無料ブログを50サイトほど運営
> ・サイトボリュームが増えたためか、無料ブログのバックリンクからか
>  商品名の単体キーワードでYahooで2位まであがりPPC以外の導線を確保
>
> 【販売】
> ・入金や代引き決済が終了するまで、細かくメールのやり取り
>  (注文受付→注文確定→送付→商品指導→購入のお礼)
> ・月に一度、既存顧客へのフォローと関連商品のアプローチ
>
> 【仕入】
> ・以前は、個人でebayから直接購入していましたが、品質、送付コスト&輸送期間、
>  購入数量等で不安定でした。それを解消するため、アメリカにパートナーをつくり、
>  安定したサービスをお客様に提供できる体制を構築
------------------------------------------------------------



これらの工夫を継続して行っているうちに、
なんと今年の3月には100万円に届かなかったのですが、
4月には15日時点で100万円を突破。

正確には、119.4万円だそうです。
この調子で行くと、200万円も夢ではないですね。

利益も十分に取れているようなので、
サラリーマン時代よりは遥かに良い収入になっていることでしょう。

素直さん、月間300万円を目指してこれからも頑張って下さい。


追伸
会員の方には、アドワーズ・コンテンツマッチ広告とヤフーリスティング
インタレストマッチ広告の完全攻略動画を進呈します。(4月末配布)

また、4月の電話セミナーでは、
3つのネットビジネス(物販)を成功させた倉崎氏のノウハウを公開します。





mhiraga1 at 15:24|Permalink 成功事例 

2010年04月17日

成功している院長さんは餃子が大好き?

「成功する院長さんは餃子が大好き?」


今から20年以上前の話です。

私は当時、とある大学受験の予備校に通っていました。
その時の楽しみといえば、月に1回仲間と行く餃子の王将(笑)

しかし、予備校生はお金を持っていませんから月に1回行けるかどうか。
それほど、我々にとっては大きなイベントだったわけです(笑)

なので、普通の何もない日に行ったりはしません。
模擬試験が終わった日などに限定して行くわけですね。

そうなると模擬試験が行われる数日前から仲間と会うたびに、
「試験が終わったら王将へ行こうぜ」
と互いに言っていたものです。

ささやかな楽しみですね〜(笑)

我々のルールというのは何をどれだけ食べてもワリカン。
つまり、多く食べた人が得をするというルールなのです。
当時これを「王将ルール」と呼んでいました(笑)



さて、私の王将仲間として最も餃子を食べまくり、
なおかつ成績優秀だったのが今回紹介する北井君です。

北井君は国立大学の医学部を卒業し、
その後、勤務医として実績を積んだ後、3年前に独立開業しました。

マスコミでもよく報道されていますが、
医者不足といわれている中で、実は開業医には大きな格差があるのです。

単純に、患者さんが多いところと、まったく患者さんが来ないところ。


例えば、親が開業医をやっていて、それを息子が継ぐ分には良いと思います。
長年地域に密着した医療活動をされているわけですから、
それを引き継げばいいわけです。

しかし、北井君の場合は親が医者であったわけではありません。
しかも、彼の地元でないところに医院を開業することになったのです。

これは結構大変なことだと思います。



当然のことですが、お医者さんが詳しいのは医療のことです。
医療のスペシャリストではありますが、経営のスペシャリストではありません。
もちろん、マーケティングも詳しくはないでしょう。

北井君が3年前に今のクリニックを開業する際に、
私にこんなことを言いました。


「ホームページを作って、そこから患者さんに来てもらいたいんだよね。
 アドバイスして欲しいんだけど」


この部分に着目したのは素晴らしいことだと思います。
結果的に彼の運命を変えることになった1つの要素かもしれません。

その後、彼やホームページ制作を依頼したソフトプランニングの玉井さんと
相談しながら作成したのが下記のサイト。
この人が私の二十年来の友人です(笑)
http://www.kitainaika.com/


作成当時のものからは何度か修正をしていますが、
コンセプトはそのときのままです。

そして、このホームページはとても良い結果をもたらしました。
また、検索エンジンで「鈴鹿市 内科」と検索すれば現在ヤフーで1位、
グーグルでも4位に入っています。

もちろん、彼自身の診察内容やスタッフの患者さんに対する対応も
素晴らしいことは言うまでもありません。

実際の医療活動を充実させること、
そしてネットをうまく使ったことが良かったのだと思います。

ネットに関しては、
開業当時からホームページの準備を進めていたというのが良かったですね。
しかも、反応の取れるホームページを作ったというのが大きいです。



現在は分刻みのスケジュールをこなしながら、
忙しい毎日を送っているそうです。

そこで、「エネルギー源はなに?」と聞いてみると、
予想通りの答えが。


「もちろん、餃子やろ」(笑)


北井君、餃子パワーでこれからも頑張って下さい。


追伸
現在ご入会いただくと、ゴールド会員総会のDVD(パート1〜3)を進呈中。
パート3は5月上旬の配送になります。

また、ヤフー検索エンジンに強いテンプレート2010年度版を現在配布中。
下記の5種類がダウンロードできます。
http://www.hiragamasahiko.jp/hinagata_new/index.html





mhiraga1 at 16:36|Permalink

2010年04月15日

視力2.5の男が語る携帯サイトで業績を上げる方法〜ポッドキャスト

ここ半年くらいいろんな携帯のシステム会社の方と話をして、法人向けに売れないのだったら個人向けのサービスに変えたらどうか、と思うようになったのです。

例えば、法人向けのサービスを行っている会社であれば、個人向けのサービスに変えて、携帯サイトで集客をするわけです。

私なども、より個人向けのサービスを携帯サイトで展開しようと思っています。

続きはこちらをお聴きください。


mhiraga1 at 08:28|Permalink ポッドキャスティング 

2010年04月14日

あなたのPPC広告問題ありませんか?

「PPC広告が使えるかどうか、これは大きなポイントです」


ここ最近、数名の会員さんからグーグルスラップになってしまった、
というご連絡をいただきました。

グーグルスラップというのは、
突如アドワーズ広告の入札金額が上がってしまい、
ご自身の広告が表示されなくなってしまう現象です。

簡単に言うと、あなたの広告は出せませんよ、ということです。



もう随分昔の話になりますが、
グーグルスラップになってしまったという報告が出始めた当初は、
情報商材を扱っている方がほとんどでした。

しかし、ここにきてスラップになったという報告は物販だったり、
あるいはサービス系だったりするのです。

アドワーズ広告を出しながら順調に進めているビジネスが、
突如広告停止になることによって立ち行かなくなってしまう。
これは辛いですね。

確かに最近では、
アメブロを使ったり携帯を使ったりする集客法もありますが、
やはりPPC広告からの集客は濃い客層が集まるんです。
成約しやすいということですね。

そういう意味では、PPC広告からの集客を軽視することはできません。



そこで質問です。


『ある方が、アドワーズ広告から誘導しているページで、
無料プレゼントを進呈するという名目でリスト(個人情報)を獲得していた』


このスタイル、OKでしょうか?
それともNG?



実はこのスタイル、問題ないように思いますが、
厳密に言うとアドワーズ広告ではNGなんです。
私の会員さんでもこのスタイルでスラップになった人がいました。

つまり、無料プレゼントを前面に出すことによって、
アドレスなどの個人情報を集めるのはNGだということです。

ただし、アドレスを集めることがダメだと言っている訳ではありません。
現にメルマガの登録欄などは、多くのサイトに付いていますからね。
そこにはスラップにならないホームページの作り方あるのです。

この出し方は、いつ効果がなくなるかもしれない裏技的なことではなく、
アドワーズ広告の規約に抵触しない正しい方法なんです。



上記の話、これは私のクライアントでアドワーズ広告を専門に研究している、
川田達矢さんにお聞きしたことなんです。

彼は本当に詳しい(笑)
まさに、アドワーズ広告のことなら何でも知っている感じです。


また、彼の友人で落合さんという方がいるのですが、
その方はヤフーのインタレストマッチを専門で研究しています。


実は、彼等がアドワーズ広告とインタレストマッチの肝といえる部分を
動画に収めてくれました。

その動画を、今月中には私の会員さんに公開することとなりました。
※配布はダウンロード形式になります。

この中でスラップに陥らないアドワーズ広告の出し方、
またインタレストマッチの効果的な出し方を学ぶと良いですね。


結論として、ネットビジネスは、
正しい知識を総合的に組み合わせていく時代に入っているのでしょう。
断片的な知識ではうまくいかないということです。


追伸
ヤフーに強いテンプレートリリース中です。(会員様限定)
下記のテンプレートになりますが、なんとフラッシュ画像が使えるそうです。
素晴らしいですね。
http://www.hiragamasahiko.jp/hinagata_new/index.html





mhiraga1 at 14:02|Permalink マーケティング 

2010年04月13日

伸び盛りのビジネス・ベスト3

「伸び盛りのビジネス・ベスト3」


今回は、ここ数ヶ月業績が大きく伸びているビジネスの
ベスト3をご紹介したいと思います。

ここ数ヶ月伸びているということは、
今後も延びる可能性が高いということですね。



まず第3位。


これはツーステップ販売を使ったビジネスです。
先日、”3200万円のログハウス”を受注したという話も聞きました。

この方法は以前からあるやり方ですが、
特に高額商品、売りにくい商品などを販売している場合に使います。

例えば、ネット上で資料請求を募ったり問合せをいただくわけです。
その後、資料を送るとか電話などでお話しすることで成約に持ち込みます。


さて、先ほどのログハウスですが、
これは私のクライアントの狩生さんに教えていただきました。

狩生さんはホームページ制作とライティング代行などをしているのですが、
そのお客様がこの手法で成功されたというのです。

なんと、資料請求のあった方に資料を送り、
その後3人に電話をしたら決まったというのです。

手間隙を惜しまずに、電話はするべきですね(笑)



次に第2位。


これは、今や全盛期ともいえる勢いの輸出入ビジネスです。

本日も、あるクライアントから報告がありまして、
海外から8000円で仕入れた靴をオークションに出品したら、
なんと19000円で売れたという報告がありました。

1つ販売して1万円以上の利益が出るのですから、
とても効率の良いビジネスですね。

これを本業にされている方もいますが、
本業の傍ら副業としてやっている人も増えてきています。

手軽にできて、結果が出やすいというところがポイントなのでしょう。



最後に第1位。


これは携帯サイトを使った販売ですね。

私のクライアントでは、
すでに携帯サイトからの売上がPCサイトを上回っている方もいます。

3年ほど前から携帯サイトの作成を勧めてきましたが、
ここにきて結果の出ている人が多くなってきましたので、
ビジネス的に変わり目に入ってきたのでしょう。


それでは、なぜ携帯サイトは売れるのか?
単純に携帯電話を持っている人が多いからなのですが、
PCサイトに比べて携帯サイトのマーケティングの方が反応がいいんです。

SEO対策、PPC広告、メルマガなど、非常に反応がいいですね。
このように、マーケティングの反応が良いというのはコスト削減にもなります。


今回は第1位から第3位をご紹介しましたが、
ご自身に合ったビジネスをやっていかれると良いでしょう。


追伸
ヤフー検索エンジンに強いテンプレート2010年度版を現在配布中。
下記の5種類がダウンロードできます。(会員向け)
http://www.hiragamasahiko.jp/hinagata_new/index.html






mhiraga1 at 07:16|Permalink 成功事例 

2010年04月11日

3人が成功するためには○○が必要だった

「この3人が成功するためには、いずれも○○が必要だった」


この○○には、何が入るでしょうか?
文章を読み進めていくと分かってきます(笑)



私のところには日々多くの相談が寄せられているのですが、
その中で最近こんなケースがありました。

許可を取っていないので、名前は仮名で進めていきたいと思います。



1.酒屋さんを営んでいる鈴木さん。

鈴木さんは、現在ご夫婦で酒屋さんを営んでいる。

親の代から地元に根付いた仕事をされてきたため、
ある一定の顧客はいるものの業績は頭打ち状態。

地酒を取り扱っているため、
ネットを使って地酒販売にも力を入れていきたい。



2.果物農家を営んでいる山田さん。

山田さんのところでは、
そろそろ出荷の季節になってきたさくらんぼを扱っている。
品評会では特別賞をいただくほどの品質。

リピーターも多く、その味の良さをうかがい知ることができる。
品質には自信があるので、さらに業績を上げていきたい。



3.治療院を経営されている田中さん。

新しい治療法を確立し、
現在通院されている患者さんからは圧倒的な支持を得ている。

しかし、その治療法が浸透していないのか、
思ったほどの業績アップにはつながっていない。

そのため、ネットを使って治療法の浸透と集客を図っていきたい。



この3名の状況を読むと、共通点が見えてきます。


酒屋の鈴木さんは地酒という、
あまり”手に入らない商品”を持っています。

さくらんぼを扱っている山田さんは、
賞を取るほど”品質の高い果物”を扱っています。

治療院の田中さんは、
既存患者から評価の高い”新しい治療法”を持っています。


このように3名のプラスの共通点は、
商品やサービスに特徴があること。また、いずれも評価が高いこと。

しかし、マイナスの共通点として”集客”が圧倒的に弱いのです。

商品は素晴らしいのですが、集客が苦手という典型的なパターンです。



さて、ここまで読むと冒頭の○○はお分かりですね。
そう、彼らには”集客”が足りないのです。

特に職人タイプの方はこのケースに陥りますね。


商品開発やサービスの向上には素晴らしい能力を発揮するのですが、
それを広めるということに関してはとても苦手なわけです。
もしくは興味がない(笑)


この職人タイプのケースの場合、
ある一定の売上になってくると頭打ち状態になることが多いです。

なぜなら、ある一定の売上になってくると集客力とかマネジメント力が
必要になるからですね。

この部分を他人に任せてしまうという手もありますが、
できれば、ある程度経営者が把握しておいた方が良いでしょう。

ネットの集客はさほど難しくないので、
他人に任せるよりは自分で覚えてしまった方が早いと思います。


追伸
ヤフーに強いテンプレートリリース中です。(会員様限定)
下記のテンプレートになりますが、なんとフラッシュ画像が使えるそうです。
素晴らしいですね。
http://www.hiragamasahiko.jp/hinagata_new/index.html




mhiraga1 at 09:04|Permalink マーケティング 

2010年04月07日

43の成功事例から学ぶ、ネットの稼ぎ方

「43の成功事例から学ぶ、ネットの稼ぎ方」


私の監修本が発売になりました。
二色刷りでコンパクトな新書サイズ、価格は700円。



「実例が教える!ネット購買心理をつかむ成功の法則」
平賀正彦(監修) TAC出版 700円(税込)
http://www.amazon.co.jp/dp/4813235867/

※「通常4〜6日以内に発送します」と表記されているかもしれませんが、
随時補充していますので早めに届くと思います。



実は、この本の企画が持ち上がったのは去年の夏でした。
TAC出版というところから連絡があったのですが、
なんとなく聞き覚えのある名前。

その名前を聞いて、思わず私はこうつぶやきました。

「TAC(タック)?、それって資格試験の学校じゃないの?」


そうなんです。
TAC出版というのは、資格の学校として有名なTACの出版事業部なんです。
http://www.tac-school.co.jp/

つまり、資格試験の参考書とか問題集を主に作っているわけですね。
それがなぜ私に本を書いて欲しいのだろう?(笑)


担当者に良く聞いてみると、
最近はビジネス系の本も少しずつ出していて好評だとか。

しかも面白いのは、北は北海道から南は沖縄まである、
全国のTACの学校に本を置いてくれるらしい。

私は思わず膝をポンと叩きながら、
それだったら受けましょう、と快く引き受けたわけです(笑)



実はこの本、私の監修となっていますが全編私のオリジナル原稿です。

私と編集の方が過去の著作やメルマガから良いものだけをピックアップし、
さらに手を加えて完成させたのです。


ポイントは、

1.43件の成功事例をベースにしている

2.文章は少なく、図解でわかりやすくしている

3.図解が多いため、二色刷りにしている

4.700円と安い(笑)


特にアマゾンキャンペーンは行っていませんが、
コンパクトな参考書としてお使いいただければと思います。

「実例が教える!ネット購買心理をつかむ成功の法則」
平賀正彦(監修) TAC出版 700円(税込)
http://www.amazon.co.jp/dp/4813235867/


追伸
ヤフーに強いテンプレートリリース中です。(会員様限定)
下記のテンプレートになりますが、なんとフラッシュ画像が使えるそうです。
素晴らしいですね。
http://www.hiragamasahiko.jp/hinagata_new/index.html




mhiraga1 at 07:16|Permalink おススメ本 

2010年04月04日

売れない商品を売る方法

「最近反応の落ちてきた方へ〜売れない商品を売る方法」


その時々で、売れ筋の商品と売れない商品は変わってきます。

例えば、5年前であれば情報商材というのはとても売れたわけです。
汚いホームページでも売れましたし、さほど集客に工夫をしなくても売れた。

中には、汚いホームページが売れるんだ、なんていう人もいました(笑)
投資系や恋愛系の情報商材なんて飛ぶように売れましたね。

それが今では、かなり工夫しないと売れないようになってきています。
これはライバルが何十倍にも増えてしまったことが大きな原因でしょう。

また、物販においても5年前であればダイエット関連の商品や
美容系の商品は飛ぶように売れたわけです。

しかし、薬事法の強化によりなかなか売れないようになってしまいました。



さて、それでは売れない商品をどうやって売ったらいいのか?
次のようにいくつか方法があります。


1.マーケティングを拡大する


2.2ステップ販売をする


3.ホームページの見せ方を変える


4.セット販売をする


ざっと思いつくのはこの4つになります。



まず1つ目。

マーケティングを今まで以上に拡大するのは常套手段です。
しかし、そこには集客コストに対する考えがなければいけません。
10万円掛けて集客しても、5万円しか売れなければ赤字になるわけです。

ちなみに、無料で集客する方法もありますが、
無料の集客というのはお客様の質も薄かったりするわけです。

薄いお客さんをどうやって濃いお客さんに変えるのか、
という考えや方法がなければ意味がありませんね。



次に2つ目。

最近、「FREE」という本がベストセラーになりました。
ここで言っているのは、無料でお客様を集めるということですが、
1つ目でも書きましたように、
薄い顧客を濃い顧客に変える方法がなければなりません。

資料を提供するなり、電話や対面をするというのも1つの方法でしょう。
最終的に成約することが目的になりますからね。



そして3つ目。

私のオススメはこれですね。
ある意味、王道だと思います。

ライティングや掲載する写真を工夫することによって成約率を上げる。
大きくお金も掛かりませんし、ご自身の勉強次第でどうにでもなります。

また、その経験は今後のネットビジネスに大きく影響してくるでしょう。



最後に4つ目。

3つ目と同じく、私のオススメです。

例えば、単価の低い商品を販売している場合にセットにして単価を上げる、
という方法があります。
また、売れない商品に特典をつけるとかサポートを付けることによって、
売れるようになることもあるわけです。

セットの組み合わせ方、見せ方を変えるだけで反応を上げる方法ですね。
これも勉強次第でどうにでもなることです。



先日、大富豪の方の本を読んだらこんなことが書かれていました。

「自分でコントロールできないことをするな」

ビジネスの本なので、ビジネスに限ってということでしょう。

例えば、株式投資なんてコントロールしにくいですよね。
リーマンショックのようなこともあるわけですから。

そういう意味では、1〜4番はコントロールしやすいものだと思います。
その中でも、3番と4番は特にコントロールしやすいですよね。


追伸
ヤフー検索エンジンに強いテンプレート2010年度版を現在配布中。
下記の5種類がダウンロードできます。(会員向け)
http://www.hiragamasahiko.jp/hinagata_new/index.html





mhiraga1 at 08:09|Permalink マーケティング 
プロフィール
こんにちは。平賀正彦です。インターネットを使った集客方法のノウハウを皆さまにお伝えいたします。
平賀正彦のメルマガ(週刊)

数多くのネットビジネス成功者を世に送り出した平賀のメルマガ。成功事例、マーケティング、旬なビジネスなど、既刊の著書には書かれていない内容が盛り沢山です。

 メールアドレス(必須)
記事検索
携帯で読み取ってください
QRコード