2010年03月

2010年03月30日

極貧から脱出した男のメルマガ大作戦

「昨年の2〜3月期に比べると業績が2倍以上にアップしました」


今回成功事例の報告をしていただいたのは、
資格試験の教材を販売しているTさん。

資格というのは税理士とか司法書士などのいわゆる侍業ですね。
掲載許可を取っていないので、田島さんとしておきましょう。



その田島さん、実はとても苦労人です。

彼自身も資格を取得しており、その後自分の事務所を構えることにしました。
しかし、一向に依頼者(顧客)は現れません。
来るのは、何とか頼み込んで紹介してもらった方のみ。

これはマーケティングをしていないのですから当然のことです。
田島さんは資格を取得すれば自然にお客さんが来るものだと思っていたのです。
結構、このパターンに陥っている資格取得者は多いみたいです。


例えば、この手の資格というのは毎年合格者が出るわけですよね。
そうすると、年々資格取得者の数は増えてくるわけです。
結果、資格取得者の間で顧客の取り合いになるわけですね。

つまり、マーケティング力のあるところが生き残り、
マーケティング力の無いところは生活するのも難しくなってくるわけです。
私のクライアントにも、資格取得者で大成功している人が何名かいます。



さて、実はこの田島さん、
資格業務だけでは生活することもままならない事態に陥ってしまいました。

その時の話をこんな風に語ってくれました。



平賀「足りない生活費はどうやって工面していたのですか?」


田島「アルバイトです(笑)。深夜のコンビニなどで働いていました」


平賀「苦労して資格試験を取得したのに、アルバイトはキツイですね」


田島「一番辛いのは、アルバイトしている人って主に20代前半なんです。
   私は30代。先に入った人が先輩になりますから、
   20代前半の人にアゴで使われることもあるんです(苦笑)」



そんな苦労を経ながら、資格試験用の学習教材を作成したのです。
その後は学習教材が順調に売れたこともあって、
アルバイトを辞めても問題なく生活が出来るようになりました。



ここからが本題なのですが、
昨年の2〜3月が特に悪いということではなく、今年倍増したのはなぜか?

それはとても単純なことでした。


田島「メルマガの配信頻度を倍に増やしたことです。それと書く内容です」


そうなんです。
田島さんは、昨年度はあまりメルマガを書いていませんでした。
月に2〜3回程度。
その配信頻度を倍に増やしたというのです。

さらに、メルマガの内容も大きく刷新しました。
昨年までは10分程度でサラッと書いた内容を配信していましたが、
今では1時間以上かけてじっくりと考えた内容を送っているのです。


田島さんだけではなく、メルマガの内容(質)をアップさせることによって、
業績がとても上がっている人は何名もいますね。

これはメルマガだけではなく、ブログなどにも通じることでしょう。
実の無い内容をただ配信すればいい、更新すればいい、ということではなく、
”読まれるような内容”にするということですね。


ご本人の希望でどんなメルマガを書いているのかは公開できませんが、
会員さんにはお伝えしていきたいと思います。


追伸
ヤフー検索エンジンに強いテンプレート2010年度版を現在配布中。
下記の5種類がダウンロードできます。(会員向け)
http://www.hiragamasahiko.jp/hinagata_new/index.html





mhiraga1 at 12:24|Permalink 成功事例 

2010年03月29日

携帯サイトで業績を数倍に上げた2人

「携帯サイトの販売で大きく業績の上がった2人〜早目の準備が必要」


私のクライアントにはPCサイトでの販売であまり結果が出ず、
携帯サイトの販売を行うようになってから驚異的に伸びた方がいます。



1人目は北海道の神橋さん。
彼はコーヒー豆の販売や恋愛系の情報商材を販売していました。

コーヒー豆はPCサイトでもそこそこ売れていたのですが、
情報商材は当時激戦だったこともあり、ほとんど結果が出ませんでした。

そんな時に私の会員になっていただき、携帯サイトでの販売を勧めたのです。
今から3年近く前の話だったと思います。

業績は短期間にグイグイと上がり始め、
なんと月収が300万円近くまで行くようになりました。
売上ではなくて利益ですよ(笑)
驚きなのは、今でも継続して毎月200万円以上の利益がでていることです。

つまり、3年経った今でもライバルが参入してこないので、
彼はラクラク儲けているということですね。

こんなに簡単に売れてしまう携帯サイトの販売を、
なぜ行わないのか不思議に思うくらいです(笑)


当時の感想を下記のように書いてくれました。


-----------------------------------------------------------
> 「効果的なマーケティングを教えてください」という
> 質問に先生は「神橋さんも携帯を始めてください。」とアドバイスくれました。
>
> 当時、私は携帯など稼げるはずがないと勝手な想像でスルーしていました。
>
> で、翌月の相談でまた「効果的なマーケティングを教えてください」
> という質問に先生はまた同じ返答でした。
>
>
> 結果、あの時携帯を始めていなければ今頃は工事現場にいたかも・・・。
>
>
> まずは素直に実行してみるということもあの時痛感しましたね(笑)
-----------------------------------------------------------


ちなみに、神橋さんは携帯の売れるサイトを何十件も作成してきています。

実際にその売れているサイトを見せていただきましたので、
売れるサイトと集客のポイントを
月末の電話セミナーで公開しようと思っています。



さらに情報商材だけではなく、
その他の商品を販売して成功されている方もいますね。


2人目は許可を取っていないので匿名になりますが、
香川県のIさんはブランド品を販売して大きく業績を伸ばしました。

この方は優秀で、
ネットビジネスを始めてから5ヶ月で150万円を販売しました。

この金額はPCサイトのみの販売だったのですが、
携帯サイトでの販売も始めたら、一気に月商が300万円まで伸びてきました。

今ではコンスタントに月商500万円を達成しています。
なんと、その半分近くが携帯からだというのです。

物販の場合は携帯サイトの作り方もありますが、
どちらかというと集客にちょっとしたコツがあります。



今回のメルマガから分かるように、
早めに準備している方は確実に業績を上げています。

例えば、巷で話題になっているアメーバブログなどは、
私が3年前から会員さんに勧めていたものでした。

2年前の私の著書「ネットの先取り商法」には、
すでに会員さんの成功事例が書かれています。
その当時に始めた人は、現在ラクラクビジネスをされているはずです。

携帯サイトも今のうちに準備していきたいところですね。
もちろん、売れる携帯サイトであることがポイントです。


追伸
ヤフーに強いテンプレートリリース中です。(会員様限定)
下記のテンプレートになりますが、なんとフラッシュ画像が使えるそうです。
素晴らしいですね。
http://www.hiragamasahiko.jp/hinagata_new/index.html




mhiraga1 at 06:36|Permalink 成功事例 

2010年03月27日

やる気の出る確率の話(ポッドキャスティング)

「確率の意味を知っている人と、知らない人では大きく差がつく」


皆さんご存知のように、私は以前パチンコ店の店長をしていました。
その経験から言うと、パチンコとかスロットというのは確率のゲームなんです。


例えば、スペック的に300分の1というパチンコ台があったとします。
つまり、300回スタートが回ると、
その内の1回は大当たりになるように作られているわけです。

といっても、300回スタートを回して必ず1回当たるとは限りません。
中には1000回スタートを回してようやく当たるケースもあるわけです。

逆に、10回スタートを回しただけで大当たりになるケースもあります。

個々のケースではバラツキがあるということですね。

続きはこちらをお聴きください。


mhiraga1 at 07:45|Permalink ポッドキャスティング 

輸入ビジネスの法律〜あなたはこの質問に答えられますか?

「輸入ビジネスの法律〜あなたはこの4つの質問に答えられますか?」


今回は輸入ビジネスをする際に、
最低限知っておかなければならない法律についてお話いたします。


私のクライアントさんにはさまざまな商品を扱っている方がいます。

当然のことながら輸入ビジネスをされている方も多いのですが、
特にその手のビジネスをされている方にトラブルが発生しているのです。

どんなトラブルなのかといいますと、下記のようなものです。


「いきなり画像や動画の削除を求められた」

「ドメインの使用禁止を通告された」

いずれも文書による通告ですね。


この辺はまだ軽い方なのですが、重くなると面倒なことになってきます。
最悪の場合はビジネスを続けることができなくなるばかりか、
訴訟に発展する可能性もあるのです。

特に欧米の会社はすぐに訴訟を始めようとするので注意が必要です。



そこで、私の古参会員の安藤俊介さんが、
法律事務所と一緒に法律に関するマニュアルを作成されました。

安藤さんはご自身で輸入ビジネスを行う傍ら、アドバイスも行っています。
そんな活動の中で、
法律を知っていないと大変なことになると感じたのでしょう。

私にもそのマニュアルを送っていただいたので、一部をご紹介します。
※私の会員さんにはマニュアルを月末に差し上げます。



・質問1
「ネットショップに特定のブランドのロゴマークを掲載しても良いですか?」

・質問2
「ブランド、メーカー、正規代理店の写真、説明、文章をそのままコピーしても大丈夫ですか?」

・質問3
「どこかのサイトに無断でリンクをはっても大丈夫ですか?」

・質問4
「Youtubeの動画を自社サイトに埋め込んでも大丈夫ですか?」



質問1は、普通に考えるとダメでしょう(笑)
しかし、やり方次第ではOKになるケースもあるようです。
絶対にダメということではないみたいですね。


質問2は全部ダメでしょう。


質問3と質問4は似ていますが、これはやり方次第でOKになりそうですね。
どのようにすればOKになるのかは、マニュアルに書いてあります。


今回は、最低限知っておかないとトラブルに巻き込まれるという話ですね。

輸入ビジネスは結果が出やすいのですが、
こういった法律面や関税の問題など、知らなければならないことがあります。

ぜひ皆さんも、知識として知っておくことをおススメいたします。


追伸
ヤフー検索エンジンに強いテンプレート2010年度版を現在配布中。
この5種類がダウンロードできます。(会員向け)






mhiraga1 at 07:36|Permalink 気付いたこと 

2010年03月25日

携帯でビジネスの桁が変わる?〜twitterは携帯サイトとセットで考える

「携帯でビジネスの桁が変わる?〜twitterは携帯サイトとセットで考える」

先日、独自配信メルマガで携帯の話を書いたら結構反響がありました。
皆さん、やっぱり携帯に興味があるんですね。
※独自配信メルマガは下記から購読してください。
http://www.hiragamasahiko.jp/maga.html



というわけで、今回は携帯の話、第二弾です。

最近私の元には携帯の話がよく伝わってくるのですが、
昨日聞いた話はスマートフォンがアツいというものです。

スマートフォンというのはいろんな定義があるらしいのですが、
iPhoneみたいなものですね。

来月になると、ドコモからソニー製のこんな携帯が発売されます。
http://www.sonyericsson.co.jp/product/docomo/so-01b/

実際に、実機を触った方に聞くとかなり凄いらしいです。
私のiPhoneもそろそろ2年が経つので、これに乗り換えようかと(笑)

ただ、iPhoneやiTunesには何百曲も音楽が入っているんですよね・・・。
まんまとアップルの作戦にはまっているわけですが(笑)



さて、ここからがポイントです。

こういったスマートフォン(iPhone含む)って、
現在は使っている人が凄く少ないそうです。わずか数パーセント。
2割くらいの人が使っていると思ったら、まだまだ少数派なんです。
ビジネス系の人がメインですね。

ただ、スマートフォンの普及と共にこれが一般の人にも流通してくると、
twitterが面白くなりそうですね。相性がいいですから。


さらに、twitterに関しては、
携帯サイトとセットで考えると新しい客層にリーチできそうです。

PCユーザーと携帯ユーザーは、あまり被っていないので、
twitterを使って携帯ユーザーにアプローチができると面白いですね。
おそらくビジネスの桁が変わると思いますよ。

そうなると、現在携帯サイトを持っている人は、
twitterとの連動を準備をしておくと良いでしょう。



最後に、もう1つ輸出入ビジネスのトピックを。

私のクライアントで中国支部長の辻さんに聞いたのですが(笑)、
ついに中国でペイパルが使えそうだという話です。
正確に言うと、ただいま協議中とのことです。

なぜ中国でペイパルが使えないんだ、と今まで不思議に思っていましたが、
ようやくその準備に入ったようです。

これが実現すると、一気に輸出入ビジネスが加速するでしょうね。
こちらもビジネスの桁が変わりそうです。


今年は桁の変わるビジネスを目指したいですね。


追伸
ヤフーに強いテンプレートリリース中です。(会員様限定)




mhiraga1 at 08:11|Permalink マーケティング 

2010年03月24日

視力2.5の男が語る携帯サイトで業績を上げる方法

「視力2.5の男が語る、携帯サイトで業績を上げる方法」


先日、ネットのシステム会社を経営される社長さんと食事をしました。

ひょんなことから視力の話になり、
なんとその社長さんは視力が2.5もあるという。

もちろん、これはご本人の推測で、
視力検査をしているときに2.0のマークが楽勝で見えるため、
さらに距離を伸ばして測っても見えたというのです。

私は5年前にレーシック手術を受けたほど近眼だったので、
こういう人を見ると羨ましくなります。

しかも、この社長は東京大学卒。
私と違って子供の頃から勉強をされていたと思いますが、
視力って勉強量とは比例しないのかもしれませんね(笑)



さて、その社長さんと話をしているときに、
店舗経営されている方が携帯サイトを使うと業績が上がる、
という話がありました。

しかも、その際にシステムを使うと効率が上がるそうです。
このシステムに関しては、また追々ご紹介したいと思います。



実際に、私のクライアントさんでも
早い人は4〜5年前から携帯サイトを作っていました。

そういう方々がここ1〜2年、大きな成果を出してきています。
すでに、PCサイトよりも携帯サイトからの売上げが大きい方もいます。

携帯サイトは物販でもサービスでも売れるのですが、
ターゲットがB to C(個人)に限ります。
やはり、B to B(法人)に関してはまだまだ成果があまり出ていません。


そこで、ここ半年くらいいろんな携帯のシステム会社の方と話をして、
法人向けに売れないのだったら個人向けのサービスに変えたらどうか、
と思うようになったのです。

例えば、法人向けのサービスを行っている会社であれば、
個人向けのサービスに変えて、携帯サイトで集客をするわけです。

私なども、より個人向けのサービスを携帯サイトで展開しようと思っています。


このように、媒体に合わせたサービスを行ったり、
媒体に合わせた商品を扱う方がより有利になりますよね。

携帯サイトはウチのサービスや商品に合わないからやらない、
というのではなく、
携帯サイトに自社のサービスや商品を合わせるのです。

そうするだけで、日々拡大している携帯のマーケットに参入できるわけですね。
これはとても大きなチャンスを獲得することになるでしょう。

PCと同じく、携帯にもさまざまな集客方法があります。

ヤフーやグーグルなどのSEO対策、PPC広告の出し方、携帯メルマガ、
携帯と相性のいいブログなどなど。

この辺も、今のうちに一通りマスターしていきたいところです。

また、PCサイトに比べると携帯サイトはレスポンスが非常に良いので、
特徴として面白いところですね。


追伸
ヤフー検索エンジンに強いテンプレート2010年度版を現在配布中。
下記の5種類がダウンロードできます。(会員向け)
http://www.hiragamasahiko.jp/hinagata_new/index.html






mhiraga1 at 10:43|Permalink マーケティング 

2010年03月18日

300万円掛けたサイトVSたった2ページのサイト

「SEO対策費300万円掛けたサイトより、たった2ページのサイトが上に来た(笑)」


今回事例提供していただいたのは、メルマガの常連である沖縄県の玉城さん。

玉城さんは私の古参会員の一人ですが、毎年業績を更新している一人でもあります。
業績は毎年上がっているのですが、唯一の悩みがヤフーの順位。

立ち上げてから最初の2〜3年は良かったものの、
徐々に下がり始めて現在では良くて10位、悪いと2ページ目に行ってしまうのです。


特に昨年は最も忙しくなる夏に大きく順位を落としてしまいました。
しかし、それ以外のマーケティングでカバーができたので、
昨年も過去最高を達成したのです。

もし、ヤフーの順位も5番以内に入っていたら凄いことになっていたでしょう。

もちろん、今まで何の対策もしていなかったわけではありません。



こちらがメインサイトです。

http://www.sururu58.com/
狙っているキーワードは「沖縄 マリンスポーツ」。
ヤフーで現在11位、グーグル2位。

実はこのサイト、2008年度くらいからかなり強力なSEO対策を行ってきました。
バックリンクを増やしたり、内部調整を行ったり。
対策費用は300万以上は軽く掛けたでしょう。

バックリンクは8000件以上。

しかも、ページ総数は1000ページ近くになりました(笑)
私のメインサイトよりも多いです。

しかし、上がらないのです。。。


ある時、私は玉城さんにこう言ったのです。

「これはドメインがダメかもしれませんよ。
 ここまでやって上がらないサイトは見たことがないです」


実は昨年度にドメインを変えようという計画もあったのですが、
これだけお金を掛けてしまったので、二の足を踏んでいました。

つまり、お金を掛けてしまったことが足かせになっていたのです。
グーグルの順位が良かったということもありますが。



さて、今年に入り、
実験的にサイトをもう1つ作ってみたらどうかという話になりました。
もちろん、同じキーワードを狙って。

私のメルマガの常連である桑原さんに作ってもらいました。
http://okinawamarine.jp/index.html

なんと、作っている最中に「沖縄 マリンスポーツ」で
ヤフーの4位まで上がってしまいました(笑)
しかも、ページ数は現時点でたったの2ページ。。。
だって作っている最中ですから(笑)

やっている検索エンジン対策は極めてスタンダードなもの。
特別なことではありません。
というか、作っている最中ですから本格的なSEO対策なんてできません。



このように見ていくと、ヤフー恐るべしですね(笑)
これといった法則性が見えないところがありますが、
唯一言えるのは複数のサイトを作って同じキーワードを狙うということ。

玉城さんの場合も、今後新サイトが今の順位に定着するとは言えません。
現在11位のサイトと、4位の新サイトをうまく使っていくことになります。



最後に、今回書いた内容は極めてレアなケースです。
すべてのケースに当てはまることではありません。
グーグルと違って、ヤフーは複雑系ということですね(笑)

一般的には、
しっかりとヤフー対策をすれば安定した上位表示を獲得できるはずです。


追伸
ヤフーに強いテンプレートは明日リリース予定です。(会員様限定)




mhiraga1 at 13:28|Permalink

2010年03月16日

【本業&副業が過去最高を記録】一時は撤退も考えていた・・・

「無料鑑定を取り入れて1月は過去最高。さらに、副業も絶好調!」


今回ご紹介するのは、トレバー占星術をやっている松田さん。
松田さんがご入会されたのは昨年の4月のことでした。


実はこのサイト、
ご入会された当初はほとんど反応が取れていませんでした。

続きは音声をお聴きください。

mhiraga1 at 07:45|Permalink

スピードを上げるだけで業績アップ?

「問合せはあるのだが、そこから成約しない。なぜでしょうか?」

先日、会員さんからこんな相談がありました。
そこで原因を探るべくヒアリングをすることに。

相談者の名前は田中さんということにしておきましょう。



平賀「問合せはの比率はメールと電話、どちらが多いですか?」


田中「メールが7割で、電話が3割くらいだと思います」


平賀「それぞれ、どんな対応をしているのでしょうか?」


田中「電話はその場で答えられますが、メールは翌日以降に送っています」



田中さんのような対応というのは、
彼が怠慢なわけではなく、一般的な対応だとと思いますね。


実はこういったケースの場合、
成約率を上げることはさほど難しくはないのです。

これはとても簡単なことなのですが、
電話と同じようにすぐに返信すればいいのです(笑)

たったこれだけのことで、大きく成約率が上がってきます。


どうしてかと言うと、まず返信の早さで相手は驚くわけです。
もちろん返信する内容も重要なのですが、
それ以上に返信の早さに驚いて、心に響くわけですね。

これは返信メールの文章を変えるよりも、はるかに効果のある方法なのです。

ライバルは気付いていない部分なので、ぜひ実践してみましょう。



さて、スピードを上げるだけで業績が上がるのはよくあることです。
先ほどのように、メール返信のスピードを上げる、
納品のスピードを上げる、などなど。


例えば、テレビでも放送された内容ですが、
金型制作の中小企業で大きく業績を上げている会社があるそうです。

なぜこの不況時に業績が伸びているのか?

値段が安いのか?

違います。

そこでしかできないような金型だとか?

それも違います。

答えは、納品が早い、日曜祭日も営業している、
さらに深夜の納品もOKだそうです(笑)

いわゆるコンビニのように、24時間年中無休みたいなものですね。


ネットビジネスを行うようになると、
ホームページは年中無休、24時間、閲覧できるわけですよね。

商品を買った人も、問合せをした人も、
早めの対応に期待感を持っていると思います。

結果的に、メール対応は即日返信を心がけるだけで業績は上がってきます。

1人でビジネスをされている方は、
問合せメールや注文メールを携帯に転送するなどすると良いですね。



このようなことを田中さんにアドバイスしてから1ヵ月後。


田中「問合せからの成約率がとても上がってきました!」

平賀「それは良かったです。ここからは返信文の書き方をアドバイスしますよ」


現在では返信文の書き方を学んで、実践している最中です。


追伸
ヤフー検索エンジンに強いテンプレート2010年度版を
3月中旬に配布する予定です。(会員向け)






mhiraga1 at 04:48|Permalink 成功事例 

2010年03月12日

職人さんにネット成功例が多い理由とは?

「職人さんのネット成功事例が増えている理由とは?」

最近、職人系のお仕事をされている方から、問合せが増えています。
徐々にネットでの集客を考える人が増えているのでしょう。
ライバルよりも先に手を打っておきたいですね。


さて、職人系のお仕事といってもいろいろあって、
一言でいうと手に職を持っている人、
専門的な技術や知識を持っている人ということになるでしょうか。


例えば大工さんとかハウスクリーニングはもちろんですが、
歯医者さんや治療院の方もこれに含まれるでしょう。

実は、この手の業種はネットで非常に効果が出やすいのです。

なぜなら、それは一般的にエリアが限定されているからなんですね。
全国エリアの場合はちょっと大変です。

しかし、エリアが限定されていると、
検索エンジンの上位を短時間に獲得することができます。


そういえば、つい先日ヤフーの更新がありましたよね。
上がった方もいれば、下がった方もいたことでしょう。

ただ、この検索エンジンの変動というのはエリア限定の場合は
大きく動くことが少ないのです。

もちろん、ペナルティを受けるような
過度の検索エンジン対策を行った場合は大きく変動しますが、
一般的にはさほど変動がないですね。

そう考えると、エリア限定のビジネスというのは
集客において非常に安定するわけです。



さて、ここで1つ例を出しましょう。
群馬県高崎市でハウスクリーニングを行っている会社があるとします。
その場合、検索エンジンでは「高崎市 ハウスクリーニング」という
キーワードで検索エンジン上位を狙いたいですね。

ヤフーで検索すると比較的簡単に取れそうです(笑)
私の会員向けに配布している、
ヤフーに強いテンプレートを使うと効果的でしょう。

グーグルでも上位を取ることはさほど難しくはありません。


検索エンジンで上位を取れない細かいキーワードに関しては、
PPC広告を出していけばよいのです。
もちろん、細かいキーワードですから費用も安くて済むわけですね。


忘れてはいけないのが、
集客をする前に反応の取れるサイトを作ることです。
この部分をしっかりと行っていないと、
せっかく集めても全然反応が取れないということになってしまいます。

業種によって最適な見せ方がありますから、
その辺はじっくりと考えなければならないところです。


追伸
ヤフー検索エンジンに強いテンプレート2010年度版を
3月中旬に配布する予定です。(会員向け)






mhiraga1 at 13:38|Permalink 成功事例 

2010年03月09日

輸入ビジネス〜マスターへの道

「輸入ビジネスをやりたいのですが、その手順を教えてください」

私は毎日会員さんからのメールに何十通と答えているわけですが、
この質問がとても多いですね(笑)


これは、輸出入ビジネスが非常に成功確率が高いことが人気の1つでしょう。
ここ最近の私のメルマガでも、松田さんとか沢田さん、
その他にも業績の上がった方をご紹介いたしました。

ビジネス的にはホームランにはなりにくいのですが、
確実にヒットが打てるビジネスといえますね。



ネットビジネスというのは、数年前まで「月収○百万円」などという言葉が
踊っていましたが、最近ではあまり見かけなくなりました。

ホームランを狙ったビジネスというのは、当然確率が悪いわけです。

しかし、確実にヒットの打てるビジネスは安心して取り組むことができますね。



さて、冒頭の質問に答えていきたいと思います。

まずは小手調べということで、オークションを使います。
海外のeBayというオークションから商品を仕入れて、ヤフオクで販売するのです。
もちろん、逆で行っても構いません。それは輸出になりますね。

初めての方は100ドル以内の安い商品を購入するといいでしょう。
いきなり200ドル、300ドルの商品を買ってしまうと、
予想した値段で売れなかったときに大変です。

eBayで購入した商品をヤフオクに出品して、一連の流れを学んでください。
出品者や購入者とのメールのやり取り、また配送関係など。

この流れがマスターできれば、本格的に始めていただいて構いません。

私が以前eBayを使っていたときには、ホビー系の商品を扱っていました。
その他、ファッション系、ペット、アウトドア、本やDVD、何でもあります。


それでは、この膨大な商品の中から何を扱うのか?

実は、私が目安としているのは値段なんです。
オークションなので最終的な価格は多少変動しますが、
日本円で2〜3万円のものを探していく。

そうすると、利益が3割だったとすると6000〜9000円になるわけです。
価格から入っていくと、見つけやすいというのがその理由ですね。

もちろん、気になる商品から探しても構いません。



ざっくりとオークションでの売買がマスターできれば、
そこそこ稼ぐことは可能です。

さらに次のステージに行きたい人は、自社サイトを作成して行きます。

サイトといっても難しいことはなく、
初めからショッピングカートの付いているASPがたくさんあります。
簡単ホームページ作成ツールみたいなものですね。

初めての方でも、1時間もあれば十分に作れるでしょう。
いわゆる、ブログみたいなものです。


実はこのステージに上がってくると、売上の桁が変わってくるのです。
オークションだけですと月商で100万円行ったら、凄く忙しくなります(笑)
なぜなら、単品商売だからです。

商品を1個仕入れて、その商品を出品するという繰り返しだからですね。


一方、自社サイトになると複数の商品を1つのサイトで販売することになります。
注文が入ったら発送するという流れが出来てしまえば、
顧客対応だけをすれば良いケースもありますね。

こういった自社サイトを複数持つと、一気に収入が上がってくるでしょう。

私としてはビジネスを長期的に安定させるためにも、
自社サイトでの販売をマスターして欲しいところです。




mhiraga1 at 10:51|Permalink マーケティング 

2010年03月08日

脳のパフォーマンスを最大限引き出す方法

「脳のパフォーマンスを最大限に引き出す方法」

先日、北京オリンピックで女子のソフトボールチームを指導したという、
西田文郎さんの本を読んでいました。

「へー、面白い本だな」と思っていたのですが、
今度は誰かのメルマガで紹介されていた、
林成之さんの「脳に悪い7つの習慣」という本を買って読んだのです。
この方もオリンピックの競泳選手に指導をしていたとか。

すると、この2冊の本に同じようなことが書かれていたのです。
両方とも脳に関する本なので当たり前なのかもしれませんが、
偶然が重なっています。

偶然が重なると面白いことが起きる可能性があるので、
メルマガに書いておきたいと思います(笑)



さて、どんなことが書かれていたかというと、
冒頭にも書きました「脳のパフォーマンスを最大限に引き出す方法」です。

専門的なことは良くわかりませんが、
脳に入った情報が”好き”か”嫌い”かで、
そのパフォーマンスが変わってくるというのです。

例えば好きな情報だったら脳が活発に動き、
嫌いな情報だったら脳はあまり活動しないということでしょう。

確かに、学生のときに好きな教科というのは成績が良いですよね。
逆に嫌いな教科というのは成績が悪い。



これをビジネスに当てはめてみたらどうでしょうか。
ここからは私の考えです。


仮に、毎日ブログを更新するとか、
私のようにメルマガを毎週書くという課題があったとします。

ある人はブログの更新をすることが楽しくて仕方がないわけです。
逆にある人は嫌で嫌で仕方がない(笑)

当然、同じ作業をしていても良い結果が出るのは前者でしょう。



ここからがポイントです。
前者のようにブログを更新することに悦びを感じている人は、
そこに理由があるわけです。

例えば、1日のアクセスが50だったけれど、
毎日更新するようになってから100になったとか、300になったとか。
あるいは、リストが何件獲得できたとかですね。

つまり、達成しやすいような”悦びの理由”を設定すると良いのです。
小さな目標設定ですね。

このような設定をすると、達成するごとに悦びが湧き上がってきて、
なおかつ、次へのヤル気が出てくるわけです。
もっとやってやろう、と思うのでしょう。


逆に、ブログを1から立ち上げた時点で、
いきなり月商100万円などの大きな目標を設定してしまうと、
大抵の方がヤル気を無くしてしまいます。

私のクライアントの成功事例を見ても、
小さな目標設定をしている人は業績が上がりやすく、安定しています。

逆にうまくいかない人は、
あまりにも大きな目標を設定する傾向がありますね。
そのため、途中で嫌になってしまうのです。


なので、”悦び”につながるような小さな目標設定をしていく。
これが、脳のパフォーマンスを最大限に引き出す方法になるでしょう。


追伸
ヤフー検索エンジンに強いテンプレート2010年度版を
3月中旬に配布いたします。(会員向け)




mhiraga1 at 06:32|Permalink 気付いたこと 

2010年03月02日

やる気の出る確率の話

「確率の意味を知っている人と、知らない人では大きく差がつく」


皆さんご存知のように、私は以前パチンコ店の店長をしていました。
その経験から言うと、パチンコとかスロットというのは確率のゲームなんです。


例えば、スペック的に300分の1というパチンコ台があったとします。
つまり、300回スタートが回ると、
その内の1回は大当たりになるように作られているわけです。

といっても、300回スタートを回して必ず1回当たるとは限りません。
中には1000回スタートを回してようやく当たるケースもあるわけです。

逆に、10回スタートを回しただけで大当たりになるケースもあります。

個々のケースではバラツキがあるということですね。



さて、ここからがポイントです。

この300分の1というスペックのパチンコ台が「100台」あって、
なおかつ「1年間」運用したときに平均ではどういうデータが出てくるのか?

限りなく300分の1に近い数字が出てくるはずです。
この数字を管理するのが店長の仕事の1つでもあるわけです。


ここで何を言いたいのかといいますと、
「数」がたくさんあって、なおかつ長い「時間」を運用すると、
”安定した数値”になってくるということです。


これをネットビジネスに応用すると、
サイトの「数」をたくさん持って、長い「時間」運用すると、
安定したアクセスが稼げ、なおかつ売上も安定してくるということです。
もちろん、その際には売れるサイトになっていなければなりません。

さらに、「複数」のマーケティングを行うと、
まさにターボチャージャーを組み込んだ車のごとく加速するでしょう。

そして、この仕組みを作ってしまうと適度なメンテナンスをするだけで、
長期に渡って安定的なネットビジネスを行うことができるのです。

私のクライアントさんで長期間継続してうまくいっている人は、
間違いなく上記の方法を実践しているのです。



ちなみに、もう1つ確率の話をいたします。

私は長くサラリーマンをやっていたのですが、
係長とか課長になるのは結構大変だと思っています。

確率から言うと、
新入社員の中で将来的に課長になる確率はとても低いと思います。
また、それなりの年数も掛かるでしょう。

どんな仕事も入社して1〜2年で役職に就くのはなかなか難しい。



しかし、ネットビジネスで成功する確率は
サラリーマン社会に比べたら非常に高いと思います。

なぜなら、ネットの発達によってモノを買う人が爆発的に増えています。
それに比べて、実はネットビジネスをやっている人が少ないのです。

これは”本気でやっている人が少ない”ということです。
正しいやり方で、と言い換えてもいいでしょう。


現在会社員の人、もしくは以前会社員だった人なら、
課長になってやる、くらいの本気度があれば間違いなく成功します(笑)


また、冒頭に書いたサイトの数、運用の時間、複数のマーケティング、
これらを少しずつ準備すれば、長期的に確率の高いビジネスができますね。

そのためのSEOに強いテンプレート最新バージョン(Ver.3)を、
会員の皆さんへ今月中旬にリリースします。

ご興味のある方はご検討ください。




mhiraga1 at 11:34|Permalink
プロフィール
こんにちは。平賀正彦です。インターネットを使った集客方法のノウハウを皆さまにお伝えいたします。
平賀正彦のメルマガ(週刊)

数多くのネットビジネス成功者を世に送り出した平賀のメルマガ。成功事例、マーケティング、旬なビジネスなど、既刊の著書には書かれていない内容が盛り沢山です。

 メールアドレス(必須)
記事検索
携帯で読み取ってください
QRコード