2009年12月

2009年12月29日

今年の成功事例ベスト3

こんにちは、平賀です。



「記憶に残った成功事例ベスト3(下半期)」


先ほど、今年メルマガに書いた成功事例を調べていたのですが、
あまりにも件数が多かったので下半期に限ってご紹介したいと思います。


まず1人目はサラリーマンから輸入ビジネスで起業した高須さん。
この高須さんは2008年度の3月にご入会。
その後、順調に業績を伸ばしてきました。
ご入会してから3ヵ月後に100万円近くの利益が出ています。

さらにNHKにも出演し、ビジネス雑誌にも紹介されました。

詳しい内容はこちら。
http://www.hiragamasahiko.jp/d_melmaga/090721.html



2人目は地元の馬刺しを販売している倉崎さん。
写真撮影の仕方を研究して大きく業績を上げた事例ですね。

特に彼が教えてくれた「撮影のテクニック・4つのポイント」、
それから「機材について・4つのポイント」は必見です。

詳しい内容はこちら。
http://www.hiragamasahiko.jp/d_melmaga/090623.html



3人目は不況に苦しむ工務店で、
3ヶ月先まで予約で埋まっているという岐阜県の洞山さん。

洞山さんが成功した大きな理由は、
地方でこれだけ考えられたホームページを作っているところが少ないからです。
洞山さんの人柄がよく出ているサイトに仕上がっていますね。

詳しい内容はこちら。
http://www.hiragamasahiko.jp/melmaga/091016.html



事例提供していただいた3名に共通しているのは次の2つになります。


1.スピード感がある。
ネットビジネスは「スピード」で決まるといっても過言ではありません。
「スピード=売上」くらいに考えると良いでしょう。


2.諦めない気持ち。
やることすべてが成功するわけではありません。
それは彼らも同じでしょう。

「ホームページを作ったけど反応が悪い」
「マーケティングを強化してもアクセスが集まらない」

この辺のことは、3名とも当然のことながら経験しているのです。
しかし、そこで諦めずに試行錯誤したことによって結果が出てきます。
そして、結果が出てきたときの達成感は次のステップにつながるでしょう。


以上、下半期の記憶に残った成功事例をご紹介いたしました。

今回ご紹介した方々が特別な人ではありません。
ちょっとした”知識”とそれを実行する”努力”があれば、
誰でも結果が出ると思います。


来年も、ぜひ頑張っていきましょう。




mhiraga1 at 10:32|Permalink 成功事例 

2009年12月23日

ネット上で無料の集客ツールを使いまくる

「ネット上で無料の集客ツールを使いまくる」


ネット上の集客ツールには有料のものと無料のものがあります。


有料のものは、いわゆるPPC広告と呼ばれているもの。
アドワーズ広告やヤフーの広告(旧オーバーチュア広告)が代表的ですね。

グーグルやヤフーで検索したときに表示されたり、
ニュースサイトやブログの記事下に掲載されている場合もあります。

手っ取り早く質の高いユーザーを獲得するには最適な広告でしょう。
ただ、2つ問題点があります。

詳しくはこちらをお聴きください。


mhiraga1 at 11:23|Permalink ポッドキャスティング 

2009年12月21日

【こんな夢を見たことがありませんか?】その正体は○○だった

こんにちは、平賀です。



「こんな夢を見たことがありませんか?〜悪夢の正体とは?」


先日、劇場で上映されたばかりの”フォース・カインド”という映画を見ました。
詳しい内容は書きませんが、その中に悪夢の話が出てくるのです。
その話を聞いてピンと来るものがありました。

そうです。私にも悪夢を見た経験があるのです(笑)


私が見た悪夢というのは2つあります。



1つ目は大学生の頃。

運よく志望大学に合格して楽しい学生生活を送っていました。
しかし、時々「大学に落ちた夢」を見るんです(笑)

学生生活をすでに送っているのに、なぜ不合格になった夢を見るんだろう?
と、その時は不思議に思っていました。



2つ目は社会人になってから。
私は入社時の目標が店舗責任者になること、
そして管理職に就くことでした。

6年後にその目標を達成して、
晴れて店舗責任者になり、管理職にもなることができました。

業績も好調で、過去最高の数字を上げる時もあったほどです。
しかし、なぜか時々「クビになる夢」を見るんです。

「平賀クン、明日から来なくていいよ」みたいな夢です(笑)

目標も達成して、業績も好調なのになぜそんな夢を見るのでしょうか?


皆さんはどう思いますか?


実は、その答えが分かってきました。
それは、その時々に”依存していた対象”がいたからです。


つまり、大学入試の際には親に依存をしていますよね。
参考書を買ったり、予備校に通えばその費用も出してもらうわけです。
その裏返しとして、「不合格になったらどうしよう」と思うわけです。
不安や怖れが増長されるわけですね。


また、会社員になると会社の社長をはじめ、上層部に依存するわけです。
実際のところは、
余程のことがない限りクビになるということはないと思いますが、
常に従業員というのは社長や取締役の顔色を見ています。

その想いが過度になってくると、
「失敗したらどうしよう」と思うわけです。



その後、私は起業をし、会社も7期目に入っています。

起業してからはどうなのか?

実は、まったく悪夢は見ないようになりました。

これは、以前のような”依存の対象”がなくなり、
自分の判断で仕事をし、責任も自分が負うという形になったからでしょう。
※私は心理学の専門家ではないので、あくまでも体験談からの話です。


もちろん、起業するということはとても勇気がいることですし、
また不安もあることでしょう。

しかし、ネットビジネスというのは何といってもお金が掛かりません。
自分でホームページを作るのであれば、
数千円のサーバー代とドメイン代で出来てしまうのです。

ところが、何か商売を始めようとして実店舗を作ったりすると、
軽く1000万円くらい掛かったりします。
ここで借金をしてしまうと、今度は”依存の対象”が銀行になったりします(笑)
返済に対する恐怖が出てくる場合もあるかもしれません。


そう考えると、起業の中でもネットを使った起業というのは
リスクが少なく、依存から来る怖れも極めて少ないということがいえますね。

ノーベル平和賞を受賞し、南アフリカの元大統領だった、
ネルソン・マンデラ氏がこう言っています。
成功への最大の障害は「怖れ」だと。



mhiraga1 at 09:09|Permalink 気付いたこと 

2009年12月15日

好調なネットビジネス・ベスト3

こんにちは、平賀です。



「今年儲かったビジネスのベスト3は?」


今年儲かったビジネスというのはたくさんあるのですが、
その中で特に調子が良かったビジネスを3つご紹介いたします。



まず第三位。

これは今年だからというわけではありませんが、
地域密着ビジネスは相変わらず調子が良かったですね。

例えば、岐阜県の洞山工務店などは3ヶ月先まで仕事が決まっている状態です。
http://www.ex-gifu.com/

これは、サイトの作り方が良いと言うことと、
もう1つはライバルが極めて少ないからですね。

検索をすると、当然のことのように1番目に出てきます(笑)


さらに、地域密着ということで治療院とかクリニック関係も良かったですね。

ホームページを作って業績が上がらなかった、
という例はほとんどありません。



次に第二位。

これは高級食材の販売です。

例えば、先日もメルマガで書いたマンゴーなどの季節商品が挙げられます。
さらに、その地方で獲れる魚介類とか肉類などですね。

昨日も私の会員だけが入れるSNSで、
肉類を扱っている方が12月に入ってから注文が止まらない、と書いていました。

やっぱり、ネットビジネスで食材は売れるんですね。



そして、第一位。

これは輸出入ビジネスで決まりでしょう。
現在は円高なので、輸入の方がオススメだと思います。

初めてネットビジネスをされる方が、高確率で結果の出るビジネスですね。
もちろん、2つ目、3つ目のビジネスとしても良いと思います。


それでは、どんな商品がいいのか?

1つはブランド系のバッグ、財布とか靴ですね。

ただし、スーパーブランドではありません。
一部の層しか知らないようなブランドがオススメです。
なぜなら、そういったブランドはマーケティングがラクだからです。


もう1つは、キーワードとして”きれいにするもの”ですね。

例えば、美容とか健康に関する商品。
または、お掃除グッズのように家をきれいにするもの、車をきれいにするもの、
などなど。

”きれいにするもの”は、もともと従来の通信販売で売れていたものです。

従来の通販で売れていたものは、ネットでも売れるわけですね。



というわけで、不況と言われる世の中ですが、
ネットビジネスは相変わらず調子が良いみたいです。

これは単純に、ネットでモノを買う人の増加スピードが、
景気の落ちるスピードよりも速いためだと思います。

あとは、ネットだとついつい買ってしまう、というのもあるでしょう。



mhiraga1 at 06:31|Permalink

2009年12月14日

ポッドキャストを更新いたしました

こんにちは、平賀です。



「季節モノの商品はネットで簡単に売れるんです」


携帯のシステム会社を経営しているファーストビットの安田さん。
彼は3年ほど前から果物のネット通販を始めました。

面白いのは本業とはまったく関係のないビジネスだということです。

詳しくはこちらをお聴きください。

mhiraga1 at 12:40|Permalink ポッドキャスティング 

2009年12月08日

無料集客ツールを使いこなす

こんにちは、平賀です。



「ネット上で無料の集客ツールを使いまくる」


ネット上の集客ツールには有料のものと無料のものがあります。


有料のものは、いわゆるPPC広告と呼ばれているもの。
アドワーズ広告やヤフーの広告(旧オーバーチュア広告)が代表的ですね。

グーグルやヤフーで検索したときに表示されたり、
ニュースサイトやブログの記事下に掲載されている場合もあります。

手っ取り早く質の高いユーザーを獲得するには最適な広告でしょう。
ただ、2つ問題点があります。


1つは、金額が年々上がっていること。

日々ライバルが増えている状況なので、高くなるのは仕方がないですね。
私のクライアントの中には、月間で数百万円使っている人もいます。


2つ目はアカウントの停止などの措置が目立ってきていること。

先日、別のメルマガでも書きましたが、
アドワーズ広告で規約に沿っていないという理由から
アカウントの停止が激増しています。

集客できている状態で、
いきなり広告ストップというのはダメージが大きいです。


以上の2つの理由から、
PPC広告に完全に依存した集客というのは危うい感じがしますね。



そこで無料で使える集客をやってみたらいいのでは、と思うのです。
何といっても無料です(笑)
もちろん、その分時間を使う必要があります。

無料集客ツールの中で、今回は3つほどご紹介しましょう。


1つ目は、すでに多くの方がやっていると思いますが、
アメーバブログです。
私が始めたのは2007年の6月ですが、今では数倍の規模になっているはずです。
規模が大きくなれば、それだけ集客力が大きくなります。

やり方はとても簡単で、毎日更新するだけ(笑)
さらに、読者登録機能やグルっぽなどの機能を使うと効果が倍増します。

現在、最も簡単にアクセスを増やすならアメブロですね。


2つ目は、今更ですがYou Tubeです。
動画をたくさん撮影して、どんどんYou Tubeにアップするんです。

実は、私も動画を10件近くアップしているのですが、
これを見た人から問合せが結構来るんです。

皆さん、よく見ているんだな〜、と実感しました。


3つ目は、ポッドキャストですね。
私もやっていますが、現在の登録者数が77,000人を超えてきました。

最近ちょっとサボり気味ですが、
これを聞いて問合せをくれた方もたくさんいます。
ポッドキャストに関しては、効果のある業種が限られると思います。

ただ、1番目のアメブロと2番目のYou Tubeはどんな業種でも使えそうですね。

是非ともやってみてください。




mhiraga1 at 06:19|Permalink マーケティング 

2009年12月03日

名産品販売のプロが語るその手法とは?

こんにちは、平賀です。



「季節モノの商品はこうやって探しています」


前回のメルマガでもご紹介した、
携帯のシステム会社を経営しているファーストビットの安田さん。

5年前に私の会員になっていただいて、
当時3人だったスタッフが、今では50人まで増えたそうです。

本業の傍ら、3年前からマンゴーのネット通販を始めました。
※マンゴーが販売できるのは約2ヶ月間だけです。

これが初年度から1000万円近くの売上を達成し、
今では北は北海道から南は九州沖縄まで全国の名産品を扱っています。


それって、農家や漁師さんに知り合いがいたんじゃないの?
と思うかもしれません。

しかし、彼にはまったくそういったコネはありませんでした。
初めて扱ったマンゴーの農家は沖縄ですが、
そもそも沖縄に行ったことが1〜2回しかなかったそうです。

それでは、どうやって商品を見つけたのかを彼に聞いてみると、
こんな風に答えてくれました。



安田 「菓子折りを持ちながら、
    アポなしで農家を1軒1軒廻っていったんです。
    初めは怪しい人物だと思われましたよ(笑)」



アポ無しだから怪しい人物に間違われたのかもしれませんが、
この行動力は見習うべきところがあります。

面白いのは訪問する際の服装だと言うのです。



安田 「スーツだとすごく警戒されてしまうんです。
    なので、沖縄の農家を廻ったときにはアロハを着ました」



うーむ、アロハで交渉するのはどうかなと思いますが(笑)。



初めて農産物や魚貝類を扱う特には、
相手にリスクのない提案をこちらからすると良いでしょう。

初めから折半で、みたいな話をすると相手にしてもらえません。
小口から初めて、実績を積みながら徐々に信頼を得ていくのがいいですね。



次に、安田さんの場合で言うと、
マンゴーで成功した後には交渉が簡単なのです。
ここがポイントですね。

つまり、1つ成功してしまえば、
その成功例を説明するだけで相手は納得してくれるわけです。

見ず知らずの人が訪ねて行って、
いきなり「おたくの商品をネットで売らせて欲しい」と言っても、
なかなか納得してくれないでしょう。

そんな時にネットの成功事例を話してあげると、
話は早いということになります。


最後に安田さんは、「名産品の商売は本当に儲かりますよ」
と付け加えてくれました。

これからも全国の名産品を販売してください。




mhiraga1 at 05:44|Permalink 成功事例 
プロフィール
こんにちは。平賀正彦です。インターネットを使った集客方法のノウハウを皆さまにお伝えいたします。
平賀正彦のメルマガ(週刊)

数多くのネットビジネス成功者を世に送り出した平賀のメルマガ。成功事例、マーケティング、旬なビジネスなど、既刊の著書には書かれていない内容が盛り沢山です。

 メールアドレス(必須)
記事検索
携帯で読み取ってください
QRコード