2009年01月

2009年01月29日

【ドン底からの再起】運命を変えたその瞬間とは?5

「”あの時”決断しておいて本当に良かったです」

こう語ってくれたのは、クライアントの中村智規さん。

中村さんは2003年度にお父さんが経営している会社の100%親会社が倒産。
それをきっかけに、中村さんは実家のある茨城に帰ることになりました。

その後、お父さんと会社を運営していくわけですが、
メールでは書けないほどの厳しい時期を過ごされてきたようです。

続きは音声をお聴きください。

mhiraga1 at 05:42|Permalink ポッドキャスティング 

2009年01月23日

毎朝2時半に起きる男5

「毎朝2時半には起きて、3時には職場に到着します」

以前ご紹介した輸出マスターの塚原昭彦さん。
なんと、彼は毎日2時半に起きて新聞配達をしているという。

元々サラリーマンだった彼は会社を退職後、
新聞配達をしながらネットビジネスを行ってきたのです。

今では月収が100万円を超えるようになりましたが、
初心を忘れないために新聞配達を続けているのです。



毎朝2時半に起きるという彼に、こう聞いてみました。


平賀「2時半に起きるということは、何時に寝るんですか?」

塚原「10時とか11時です」

平賀「それだったら3〜4時間しか寝てないじゃないですか。
   ちなみに、前の日に飲み会とかあったときにはどうするんですか?」

塚原「寝ません(笑)」


さらに驚いたのは、
新聞配達をするのに自転車を使っているというのです。

免許を持っていないわけではないそうですが、
体を鍛えるために志願して自転車で行っているとか。

どこまでストイックなんだ〜(笑)

というわけで、彼の貴重な自転車姿です。
画像はダウンロードしないようにしてください(笑)
http://www.hiragamasahiko.jp/images/tsukahara.jpg



塚原さんの1日というのは、
2時半に起きて3時から新聞配達を始めます。

奥さんも仕事をしているため、
新聞配達から帰ってきたら子供を保育所に連れて行くそうです。

そして、9時からネットビジネスの仕事を始めるわけです。
かなりハードな1日ですね。


●ポイント

ここで重要なのは、朝の2時半に起きるという”習慣”です。
この習慣によって1日の生活のリズムが作られるわけです。

彼が今ネットビジネスで成功しているのも、
この習慣にほとんどの要因があるといっても過言ではないでしょう。

なぜなら、成功されている方は必ず自分なりの習慣を持っているからです。

この習慣、生活のリズムが崩れない限り、
塚原さんは今後もさらに成功していくことでしょう。




mhiraga1 at 08:21|Permalink 気付いたこと 

2009年01月09日

木を見て森を見ず5

先日、アマゾンで売れている”奇跡のリンゴ”という本を読みました。
絶対に作るのは無理だといわれていた無農薬栽培のリンゴを、
8年かけて作った木村さんのお話です。

これをネットビジネスに当てはめてみると・・・

詳しくはこちらをお聴きください。

mhiraga1 at 12:46|Permalink 気付いたこと 
プロフィール
こんにちは。平賀正彦です。インターネットを使った集客方法のノウハウを皆さまにお伝えいたします。
平賀正彦のメルマガ(週刊)

数多くのネットビジネス成功者を世に送り出した平賀のメルマガ。成功事例、マーケティング、旬なビジネスなど、既刊の著書には書かれていない内容が盛り沢山です。

 メールアドレス(必須)
記事検索
携帯で読み取ってください
QRコード