2006年04月

2006年04月27日

5ヶ月ぶりの箱根路

9f299385.JPG昨年の11月以来、5ヶ月ぶりに箱根へ行った。
曇っていたのは残念だったけど、友人のオープンカーで気持ちよくドライブ。

その友人がスピード狂なので、彼の運転は冷や汗モノです。

「何で前の車にそんなに接近するんだよ」と言うと、

「いや、煽っているだけっスよ」と彼は平然と答えた。。。(苦笑)


助手席に座っているほうが疲れるので、運転を代わってあげるよ、といったら感謝されました(笑)

箱根って独特の雰囲気があるんですよね。
うまく言えないけど、幸せな気分になります。

My Yahoo!に追加
このボタンをクリックすると、あなたのMy Yahoo!に追加され最新の記事を読むことが出来ます。

mhiraga1 at 08:03|Permalink 写真 

2006年04月23日

ルービックキューブ(頭の体操)

c7ea031b.JPG誰もが一度はやったことのあるルービックキューブ。
20年以上前に随分流行って、その頃は入手するのも大変だった記憶がある。

昔は5分もあれば出来たのに、できない。。。
結局、1回目は3時間も掛かることになってしまった。

コツをつかんだので、2回目は5分で完成。

今回チャレンジしたのは、オーソドックスな3×3タイプ。
しかし、最近では4×4や5×5のタイプもあるらしい。

チャレンジしてみようかな(笑)

My Yahoo!に追加

mhiraga1 at 08:14|Permalink 気付いたこと 

2006年04月20日

友人が撮ってくれた写真〜その2

7137e60f.jpgこの写真も同じく末岡氏が撮ってくれました。
モデルはSEOコンサル日本一の鈴木氏。

この写真、やばくないですか?(苦笑)
※クリックすると拡大します。

My Yahoo!に追加

mhiraga1 at 07:54|Permalink 旅行 | 旅行

友人が撮ってくれた写真〜その1

ad0663c0.jpgこの写真は一緒にオーストラリアへ行った末岡氏が撮ってくれました。
う〜ん、色とかおかしくないですか?
※クリックすると拡大します。

彼が撮影してくれたときに使っていたのは”使い捨てカメラ”。
納得の仕上がりです(笑)

My Yahoo!に追加

mhiraga1 at 07:51|Permalink 旅行 | 旅行

2006年04月07日

平賀正彦のオーストラリア紀行〜その12(日本へ)

65166e68.JPGビジネスクラスって初めて乗ったけど、凄いですね。対応が全然違う。
スペースもエコノミーの2.5倍くらいある。

食事はフルコース(笑)
しかも、次から次へと飲み物を持ってくる。

そんなに飲めないよ・・・。


写真は飛行機から撮影した夕焼け。

※今回で平賀正彦のオーストラリア紀行は終わりとなります。

mhiraga1 at 07:10|Permalink 旅行 

平賀正彦のオーストラリア紀行〜その11(ケアンズ編)

b68cb75d.JPGオーストラリアの最終日、ついにケアンズに晴れ間が見えるようになった。
今の時期は雨季なので、どうしても曇りがちなのだ。

午後12時過ぎのフライトに備えて、10時にはホテルをチェックアウト。

空港でチェックインした後に、中で食事をしようということになったのだがトラブル発生!?

私がカンタス航空のカウンターへ行くと、その飛行機は満員だと言っている。

「満員?そんなわけないだろ?ここにチケットあるよ」

と言うと、早口の英語をまくし立ててきた。
対応に困っていると、日本語の出来るスタッフが出てきて、どうも向こうのミスでダブルブッキングしたみたいだ。
鈴木氏と末岡氏は関西空港行きなので、成田へは1人で帰らなければならないのだ。


「オイオイ、帰れないじゃないか・・・」


すると、そのスタッフはこう言った。


「1時間後の飛行機でよろしければ、ビジネスクラスに無料でグレードアップしますが・・・」

「別にいいですよ」


と言うと、スタッフが4〜5人集まってきて大騒ぎ。

”あなたは最高だ!”なんて言いながら、親指を立てている(笑)

そんなに凄いことなのかな、と思いながら親指を立てる私(照)

オーストラリア人はフレンドリーなのだ。

mhiraga1 at 07:08|Permalink 旅行 

2006年04月06日

平賀正彦のオーストラリア紀行〜その10(グレートバリヤリーフ編)

41bea8e2.JPG1時間ほど船に揺られていると無人島に辿り着いた。
15分で1周できるような小さな島。

そこにテントを張って、ダイビングなどを楽しむ。

私は日焼け対策でダイビングで使うスーツを着ていたのだが、一緒に行った日本人観光客はスーツを着ていなかった。

すると、わずが1時間で体の色が変わってくるのが分かる。それほど日差しが強いのだ。

その日の夜は、体中が痛くて寝れなかったと思う(笑)

mhiraga1 at 07:42|Permalink 旅行 

平賀正彦のオーストラリア紀行〜その9(グレートバリヤリーフ編)

d305a549.JPG次の日はグレートバリヤリーフだ。ここも世界遺産の1つ。

ケアンズからバスに1時間ほど乗り、そこから船でさらに1時間ほど下る。
熱帯雨林だけあって、それらしい雰囲気になってきた。

TVでよく見るような風景だ。

mhiraga1 at 07:34|Permalink 旅行 

2006年04月05日

平賀正彦のオーストラリア紀行〜その8(エアーズロック編)

d5af1e90.JPG悪戦苦闘の末、ついに頂上へたどり着いた。

健闘を称え合う2人。

しかし、こんなに危険な登山を一般に公開しているのは凄いと思った。
日本では絶対にありえない。

他の観光スポットは日本人が多いのだが、エアーズロックだけはいなかった(笑)
ま、フツー登らないですよね。。。

さて、明日はグレートバリヤリーフだ。

mhiraga1 at 06:48|Permalink 旅行 

平賀正彦のオーストラリア紀行〜その7(エアーズロック編)

ee8093f0.JPGこの急斜面。。。
いざ登ってみると、まさに這って歩くような感じである。
足元はすべるし、両サイドは絶壁。

私は一緒に登った末岡氏にこう言った。

「写真撮るからこっち向いて」

そうしたら、彼はバンザイしながら振り向いた。

オイオイ、危ね〜よ(笑)

mhiraga1 at 06:41|Permalink 旅行 

平賀正彦のオーストラリア紀行〜その6(エアーズロック編)

8bb56f68.JPG皆さん、この写真見てください(笑)
私の後方に移っているのが登山口。青い線に沿って登るわけです。

ありえない急斜面・・・。

mhiraga1 at 06:32|Permalink 旅行 

平賀正彦のオーストラリア紀行〜その5(エアーズロック編)

d4341545.JPGいよいよ姿を現したエアーズロック。
今回の旅行で1番の目的はこの岩に登ることである。

エアーズロックは世界有数のパワースポットとして有名なのだ。

しかし、登山口はどこなのか?


mhiraga1 at 06:29|Permalink 旅行 

2006年04月04日

平賀正彦のオーストラリア紀行〜その4(エアーズロック編)

40c0e02e.JPGいよいよエアーズロックに到着。

この岩を登るのであるが、かなり急斜面だ。
しかも、入り口には「何名もの人が命を落としています。家族が悲しみます」などと書いてある。

う〜ん、どうしようか。

写真の赤丸のところに人が登っているのが分かる。
※写真をクリックすれば分かります。

あんなところを登るのか〜!


mhiraga1 at 06:23|Permalink 旅行 

平賀正彦のオーストラリア紀行〜その3(エアーズロック編)

ab64b648.JPG翌日は朝4時に起きて、エアーズロックへ向かった。

エアーズロックは世界最大の1枚岩で出来た世界遺産。
場所はオーストラリアの真ん中辺りにあるため、ケアンズから2時間半も飛行機に乗らなければならない。
現地の人に日帰りでエアーズロックへ行く、と言ったら「No!」と言っていた(笑)

写真は機内から撮影した雲の上の様子。

mhiraga1 at 06:20|Permalink 旅行 

2006年04月03日

平賀正彦のオーストラリア紀行〜その2(ケアンズ編)

a1ホテルで早々と寝ているのは誰だ??
友人の鈴木さんです(笑)。しかし、この人はSEOのコンサルで日本一なのです。しかも、オーストラリアに5年住んだ経験があり、英語はペラペラ。



到着した夜はナイトクルーズへ。魚貝類は最高においしい!
a2a3



mhiraga1 at 10:24|Permalink 旅行 

平賀正彦のオーストラリア紀行〜その1(ケアンズ編)

7ed5f8ca.JPG友人2人とオーストラリアへ行ってきた。
成田から7時間半のフライトの後、ケアンズに到着。
快晴を期待していたのだが、天気はどんよりと曇っていた。

写真は、ホテルのベランダから撮影したもの。

オーストラリアへ来た1番の目的である、「エアーズロック」は明日に行く予定。しかも、6時のフライト。ということは4時起きだ(笑)


mhiraga1 at 09:42|Permalink 旅行 
プロフィール
こんにちは。平賀正彦です。インターネットを使った集客方法のノウハウを皆さまにお伝えいたします。
平賀正彦のメルマガ(週刊)

数多くのネットビジネス成功者を世に送り出した平賀のメルマガ。成功事例、マーケティング、旬なビジネスなど、既刊の著書には書かれていない内容が盛り沢山です。

 メールアドレス(必須)
記事検索
携帯で読み取ってください
QRコード