2017年04月24日

起業家の休日はどれくらい?

「起業家の休日はどれくらい?」



先日、タイに駐在している会員さんとお話をした時のことです。


会員「日本って祝祭日が多いですよね。
年末年始、ゴールデンウィーク、シルバーウィークetc.」


平賀「外国は祝祭日が少ないのかもしれませんね」



会員「たぶん、日本が世界一多いのではないでしょうか」


というわけで、さっそく調べてみると確かに日本の祝祭日は多いですね。

15日間ということで世界第三位だそうです。

世界で一番多いのはコロンビアとインドで18日間。

ヨーロッパは全般的に祝祭日が少なくて、日本の約半分8日間程度だそうです。

ちなみに、その会員さんが駐在しているタイは16日間で世界第二位。

日本より多いというオチでした(笑)。



祝祭日が世界第三位という多さにも関わらず、プレミアムフライデーですよ。

あまり盛り上がっていないみたいですが、金曜日は午後3時に仕事を終えるという、
働き方改革と呼ばれているものです。

早めに仕事を終えるということで、夕方買い物に出かけたり、
家族と食事に出かけたりする時間ができるということなのでしょう。

個人的にはその分早く出社すればいいと思ったりするのですが。。。



それでは、私たちのような起業家というのはどのように休日を取っているのでしょうか。

私が起業したのは2003年になりますが、正直休みは無かったですね(笑)。

休みがなかったというか、忙しすぎて取れないんですよ。

当時はホームページ制作の仕事も一部受けていたため、
修正の依頼が頻繁に来るわけですね。

緊急の依頼だったりすることもあったので、夜中まで仕事をすることもありました。

その後、外注さんと契約することで徐々に時間ができるようになったのですが、
空いた時間は勉強に充てたりしていましたから、丸一日休みというのは無かったです。

起業当初というのは大なり小なりそんなところがあると思います。

しかし、ずっとこの状態を続けていると体や心を壊してしまいますから、
3年くらいの間に外注やスタッフに仕事を任せていくことが大事になりますね。

この段階になると自分の時間ができるようになって、一気に仕事がラクになります。

ラクになるというか、「余裕」が持てるようになりますね。



例えば、私の会員さんに河野竜夫さんという方がいますが、
彼は私の起業当初と同じホームページ作成とコンサル業務を行っています。

彼のクライアントのほとんどは海外在住の日本人なのですが、
驚いたのは月間の電話サポート時間が100時間を超えるということでした。

私のマックスが70時間だったので、100時間を超えるというのは驚異的です。

イメージ的には、ほとんど外出できないですよ(笑)。

しかし、スケジュールをやり繰りして年に数回は海外へ行っているそうです。

もちろん、海外の会員さんに会うためなので仕事の一環なのかもしれませんが。


同じく会員の桑原浩二さんもそうですね。

彼は物販の海外仕入れツアーなどを精力的にこなしていますが、
彼のスケジュール帳を見せてもらったら真っ黒ですよ(笑)。

休みがほとんどないようなスケジュールですが、
本人は至って元気のようですし、適度にリラックスできる時間もあるようです。


彼らがこれだけ忙しいにも関わらず仕事を継続してこなせているのは、
実は大きなポイントがあるんですね。

それは、パソコンとスマホがあれば場所はどこでも良いということです。

もちろん、事務所で仕事をするのがベストなのだと思いますが、
事務所外でも問題なくできるわけですね。

事務所で朝から夜遅くまで仕事をするとなると精神的に滅入ってしまうと思いますが、
事務所外でも仕事ができるということになると新鮮な気持ちになります。

外注やスタッフをうまく使うことも大事ですが、「場所」というのも大事な要素ですね。



店舗を持たないと仕事ができないというケースもあると思いますが、
これも考え方次第で店舗にいなくても通信機器のみで仕事をすることができます。

先程も書いた外注さんをうまく使って仕事をするのは同じことですよね。

今では電話だけではなく、LINEなどのメッセージアプリも多数あるわけですから、
工夫すれば何とでもなります。

というわけで、起業家の休日というのは自分次第ということになります(笑)。

休もうと思えば、1ヶ月の半分は休むことができるという方もいるでしょう。

休みを取って遊びに出掛けるのもいいのですが、私だったら勉強に充てたいところです。

効率の良い仕事の仕方を実践できれば自分の時間が増えてきますし、
昔ながらのやり方を行っていれば、いつまで経っても休むことはできません。

体は1つしかありませんし、時間も24時間しかないわけですから、
その中でいかに良い方法を見つけるかがポイントということになるでしょう。

mhiraga1 at 05:24|Permalink気付いたこと 

2017年04月20日

コンプレックス商品をFBで売る?

「コンプレックス商品をFBで売る?」



先日、ある会員さんと話していた時にフェイスブックの話題になりました。


会員「タグ付けって怖いですね。。。」


平賀「どうしてですか?」


会員「知らないうちに自分が写っている写真を掲載されてしまったんです」


平賀「それは設定で一旦保留にできますよ。自分のタイムラインだけですけど。」


会員「エッ!、そうなんですか。。。」


その方は30代の独身なのですが、ある女性が彼と一緒に撮影した写真を
タグ付けしたそうです。

そうしたら、仲の良かった女性と気まずくなってしまったのだとか。

いずれにしても、SNSは使い方を間違えると大変なことになります(笑)。

私も時々、こんな写真掲載して大丈夫なのかなと思うケースを見たことがあります。

しかし、以前メルマガで書いたと思いますが、
グーグル検索を使わない人が増えているのは事実です。

それでは彼らが何を使って情報を得ているのかというと、フェイスブックだったり、
ツイッターなどからだそうです。

つまり、SNSを使ったマーケティングがとても重要になってきていますし、
無視できないレベルになっているということですね。

ただし、先ほども書いたようにSNSというのは使い方がとても大事です。

これを間違ってしまうと、まったく反応が取れないばかりか反感を買ってしまいます。



例えば、先日、シークレットシューズを販売している岡田さんと話した時のことです。


岡田さん「検索エンジンの順位が上がると売上もアップします」


平賀「フェイスブックは反応が取れないかもしれませんね」


岡田さん「コンプレックス商品は難しいと思います」


なぜフェイスブックでコンプレックス商品の販売が難しいかといいますと、
「いいね!」を押しづらいという点が挙げられます。

誰が押したのかわかってしまいますからね。

フェイスブックページで記事更新をした時に、「いいね!」も押しづらいですし、
またシェアもしにくいのでSNS特有の拡散が期待できません。

それよりも、検索順位を上げるためにエネルギーを使ったほうが良いですね。

もちろん、告知という意味では効果は出ると思いますから、
まったく無駄というわけではありません。

どこにお金とエネルギーを使うのかという話ですね。

お金とエネルギーが十分に掛けられるのであれば、
考えられるマーケティングはすべてやったほうが良いというのが基本です。



さて、コンプレックス商品の対極にあるのがコレクター商品になると思います。

調べてみると、コレクター商品というのはアマゾンが使っている名称のようですが、
コレクション性の高い商品ということですね。

古くは切手だとかテレホンカード、最近ですと日本限定のフィギュアなど様々あります。

私の古い会員さんで、eBayを使ってコレクション性の高い商品を販売している人がいました。

その方はフィギュアやミニカーを中心に扱っていたのですが、
海外のマニアと徐々に友だちになって、その数が100人位になったんですね。

100人を超えたあたりから、eBayを使わずにメールだけで商品を販売していました。

例えば、ある日本限定のフィギュアが入庫したとします。

このフィギュアだったら、アメリカの◯◯さんかイギリスの◯◯さんが買うだろう、
と予想できるわけですね。

あとは、この2人にメールを送るだけで成約に持ち込むということをやっていました。

顧客がどういったコレクションをしているのかを把握しているわけです。

マーケティングコストはゼロなので、これほど効率の良いビジネスは無いですよね(笑)。

というわけで、コレクション性の高い商品というのは同じ人が何度も買うわけです。

まったく興味のない人からはどこに価値があるのかわからないのですが(笑)、
集めている本人にはとてつもなく価値があるのでしょう。


余談ですが、コレクションの代表格といえば切手ですよね。

ある人に聞いたのですが、世界的に希少な切手の相場というのは滅多に下がらないのだとか。

なぜだと思いますか?

切手の最大のコレクターがイギリス王室だからだそうです。

最大のコレクターが切手を持ち続けている間は相場が安定するということですね。



まったくマーケティングを行わずに、ほったらかしで売れる商品がベストだと思います。

そんな商品が独占販売できたら、凄いことになりそうですね(笑)。

しかし、なかなかそういった商品というのは見つからないのも事実なので、
そのターゲットに合ったマーケティングにお金とエネルギーを使う必要がありますね。

どのマーケティングが合っているかどうかを確かめるためには、
やはり、小さな実験を繰り返していくのがもっとも良い方法です。


mhiraga1 at 05:28|Permalinkマーケティング 

2017年04月03日

面白いビジネスモデルを発見

「面白いビジネスモデルを発見」


先日、オートバイの販売店から定期点検(メンテナンス)のハガキが届いたので、
さっそく点検の予約を入れようと思って電話をしました。

ちなみに、この販売店は全国の有名チェーン店ですね。

その際に、盗難保険がそろそろ満期になりますので、そちらもご検討下さいと言われました。

オートバイの盗難はとても多いらしいのですが、
盗まれるような人気車種でもないので別に必要ないかなと思っていたんです。

すると、補償金額のわずか1%でいいと言うんですね。

仮に50万円だったら5千円ということです。

この販売店のスタッフはセールスが上手ですね(笑)。

それくらいの金額だったら継続しようかなと思って販売店へ向かいました。

販売店のスタッフから説明を聞いてみると、
専用のキーロックを付けていて盗まれたら保険金が支払われるとのこと。

ちなみに、このチェーンのようなキーロックはその販売店が独自に開発したもので、
ズッシリと重く、素人が見てもかなり丈夫にできていることがわかります。

オートバイを新規で購入した時に、
盗難保険に入るのであればこのキーロックも買わなくてはなりません。

確か、新規の場合は2万円くらいだったと思います。

1年間の盗難保険料とキーロック代ですね。

50万円の補償金額だったら、5千円プラス2万円ということになります。


このビジネスモデルの面白いところはここからです。

私の場合は新規で購入した時に盗難保険も入っていたんですね。

そのため、キーロックはすでに持っているのです。

しかし、継続する場合はキーロックを新品にしなければいけないと(笑)。

つまり、新たにキーロックを購入しなければならないのです。

だって1年しか使っていないんですよ。

恐ろしく丈夫にできているキーロックが、1年で劣化するわけがないと思います(笑)。

ただ、新規の場合は2万円だったキーロックの値段が継続更新の場合は1万円でした。

半額になっているのは良いと思いますが、
それでもキーロックに1万円は高いだろ、、、と思いました。

しかし、このビジネスモデルって凄いと思いませんか?

年間の保険料は補償金額の1%ですから安いんですよ。

しかし、毎年新品のキーロックに買い換えなければならないので、
排気量によって差はあるようですが、プラス1万円支払うわけですね。

しかも、そのキーロックは自社制作なのでコストは安く抑えているはずです。

う〜む、よく考えられているビジネスモデルだと思いました。



さて、本題に入りたいと思います。

ビジネスには大きく分けて、ストック型とフロー型のモデルが存在します。

ストック型ビジネスというのは定期課金をする継続性のあるものですね。

例えば、携帯の料金というのは毎月支払う必要があります。

一方でフロー型ビジネスというのは継続性に乏しく、
その都度商品やサービスを提供するものです。


先ほどのオートバイ販売店のケースでは、オートバイの本体を販売するのは、
フロー型のビジネスモデルになります。

数年後に同じ店舗で買い替えをする可能性もありますが、定期課金ではありません。

しかし、この販売店は非常に賢いやり方を導入していて、
オートバイ本体の販売以外にストック型に近いビジネスモデルが存在します。

例えば、最初にまとまった量のオイルを購入して店舗に預けるシステムがあります。

これは全国のチェーン店どこであっても、好きな時にオイル交換ができるわけですね。

預けているオイルが無くなり次第に追加することになりますから、
ストック型ビジネスモデルと考えることもできるでしょう。

つまり、オートバイ本体の売買だけではなく、定期点検(メンテナンス)と盗難保険、
さらにオイル販売といったビジネスモデルを構築しているわけですね。

もしかしたら、オートバイ本体の売買よりも儲かっているかもしれません。



短期間で業績を上げる方法というのは次の2つがポイントになってきます。


1.客単価を上げること。
これは、お客様が使う1回あたりの金額を上げていくことですね。

2.リピート率を上げること。
これは、同じお客様に何度も買ってもらうことです。


提供している商品やサービスには適正価格というものがありますから、
それを超えて価格を上げるのはよくありませんが、検討することは重要なことです。

また、リピート率を上げる方法は先ほどの販売店も実施していましたが、
定期的にハガキを送ったり、ご案内をすることが重要ですね。

新規客も大切ですが、それ以上に既存客をフォローしていくことが大切になります。


世の中の多くはフロー型ビジネスであると思いますが、
その中でいかに継続性のあるビジネスを組み込むことができるかを考える必要がありますね。

mhiraga1 at 05:24|Permalink気付いたこと 

2017年03月26日

高額商品を躊躇なく売る人

「高額商品を躊躇なく売る人」


いきなりですが、皆さん相撲って好きですか?

八百長問題などもあって少し人気が落ちてしまいましたが、
90年代の若貴ブームの時は凄いものがありました。

私は前職でパチンコ店の店長をしていましたので、
相撲の千秋楽には泣かされてきたのです。

その当時勤めていたお店には、自動販売機がたくさんありました。

今のお店はどうなのかわかりませんが、
だいたいその周辺に大型のテレビが置いてあったりするんです。

千秋楽の優勝が決まる一番になると、テレビの前には黒山の人だかりですよ。


パチンコの売上げというのは、1発弾いて1円という計算方法があるんですね。

玉単価というのですが、
仮に玉単価が1円なら3万発弾いて1台あたり3万円の売上です。

千秋楽は日曜日なので、当然お客さんがたくさん来店されるわけです。

平均4万発弾いて、パチンコ台が500台あれば2000万円の売上げということです。

その数字が若貴ブームの千秋楽は落ちるんですよ。

だって、お客さんがテレビの前に集合してパチンコなど打ちませんから(笑)。


さて、稀勢の里が横綱に昇進しましたが、30歳という年齢は4番目に遅いそうです。

私たちからすると、30歳なんて若いと思いますよね。

しかし、相撲は現役の期間が短いので30歳にもなるとベテランです。

引退してそのまま親方にでもなると、30代で親方ですよ(笑)。

サッカーや野球もそうですが、
スポーツの世界は現役期間が短いので引退後が大変だと思います。

逆に、政治の世界などは40代だと若手です(笑)。

その世界によって、随分と年齢に対する印象が違いますよね。


話がそれましたが、
年齢というのは今のマーケティングでキーポイントになってきます。

例えば、アドワーズのディスプレイ広告には、
広告を配信するユーザーの年齢層を指定できる機能が備わっています。

40代の男性中心に広告を出したい場合は、設定することができるのです。

今はスマホが主流になっていますから、
極端に若い10代の人がアクセスをしてくる可能性もあります。

その年代の方はビジネスにならないので、広告を出さないようにすることも可能です。

年齢不明のアクセスを制限すれば、ある程度防ぐことも可能でしょう。

フェイスブックの広告もそうですが、
できるだけ広告費を効率よく使うためには年齢で絞るのが良いですね。



次に、商品やサービスの価格というのは、
ビジネスにおいてもっとも大切な要素の一つとなっています。

今日も朝から会員さんの相談に回答をしていると、
14万円の外国製楽器が売れたというご報告がありました。

そんなに高い楽器を買う人がいるんですね。

また、つい先日もファッションアイテムを販売している方から、
30万円以上の財布が売れたという報告がありました。

この商品はかなりレアなもので、
一点モノだったために30万円でも安いかなというくらいでした。

以前も、19万8千円の水晶ブレスレットが売れた、という事例もありました。

10万円を超えるような商品が独自サイトから売れていますから、
ネットで高い商品が売れない、というのは違いますね。

ちなみに私も10年近く前にIBMのThinkPadというノートパソコンを愛用していたのですが、
これが30万円以上もしました。

やっぱり、高額商品であっても買う人は買うんですね。


さて、ここで学びになるのは、高額商品を扱うことに躊躇しないということです。

例えば、この商品は10万円以上するからネットでは売れないとか、
サービスの金額を10万円以上にしないとかですね。

これはまったく気にする必要はありません。

もちろん、10万円以上の価値のないものを売るのは良くありませんが、
価値のあるものなら躊躇する必要はないということです。

私が10年間コンサルティングを行ってきて、
扱う商品やサービスにおいて価格は2通りに分かれてきます。

先ほど書いたように、高額商品を躊躇なく扱う人。

そして、毎回のように安い商品を扱う人。

一概にどちらが成功するということは言えません。

しかし、月収100万円という基準を設けるとすれば、
先に到達するのは高額商品やサービスを躊躇なく扱っている人ですね。

特に工務店とかリフォーム業、中古車などを販売していた方は、
躊躇なく高額商品やサービスを扱う傾向があります。

以前驚いたのは、工務店向けのホームページ作成業で、
5年間のメンテナンス費を含めて300万円という方がいらっしゃいました。

この方はもともと建設関係の方なんです。

マーケティングもお手伝いするようなので一概に高いとは言えませんが、
300万円という数字だけ聞くと驚きますよね(笑)。

なので、安い商品を中心に扱ってきた方は、高額商品を考えてみてもいいかなと思います。

mhiraga1 at 12:11|Permalink成功事例 

2017年03月13日

集客がラクなターゲットは?

「集客がラクなターゲットは?」


先日、会員さんから面白い漫画を紹介してもらいました。

ゴールデンカムイという漫画なのですが、週刊ヤングジャンプに連載されているようです。

簡単なあらすじとしては、明治末期の北海道を舞台にしていて、
アイヌの人たちが秘蔵していた金塊を探すという物語です。

主人公は「不死身の杉元」と言われた日露戦争に従軍した陸軍兵です。

どんな状況にあっても生き延びてきたという逸話を持っていて、
この金塊探しにおいてもさまざまな逆境を跳ね返していきます。

この物語の面白いところは、
北海道の大自然でアイヌの人たちと自給自足をしていくところですね。

野山の動物や魚を獲ってサバイバルしていくところが詳しく描かれているため、
金塊探し以上に話を面白くしているのだと思います。

おそらく、本筋の金塊探しだけだとほとんどが戦闘シーンになってしまうと思いますが、
ヒグマの習性とか料理の仕方などを描くことで物語に厚みが出てきます。

以前、漫画家の話を聞く機会があったのですが、すごく取材に時間を掛けるみたいですね。

専門家レベルにならないと、なかなか漫画も書けないということでしょう。



さて、今回は集客がラクなターゲットという話を書きたいと思います。

ビジネスを行う上で、もっともお金がかかるのはどこでしょうか?

人件費、それとも事務所を構える費用でしょうか?

皆さんおわかりのように、もっとも費用がかかるのは集客コストですね。

つまり、集客コストが低ければ低いほど利益が出てくるわけです。

ほとんど集客活動をしていないのに、ガンガンお客様が集まるようなビジネスこそ、
大きなチャンスがあるということですね。

なかなかそういったビジネスを探すのは難しいのですが、私の会員さんの例ですと
法人向けのビジネスは集客がしやすいという側面がありますね。


いくつか例を出しますと、実家が石材店を営んでいる福岡の寺田さんのケースでは、
石材店のホームページを作ってエンドユーザーを集客していきます。

エンドユーザーはお墓を作りたいという方ですね。

その後、全国の石材店とエンドユーザーを引き合わせるマッチングビジネスを始めて、
成功を収めました。

今では石材店向けのネット集客のサポートやニュースレターの代行業を行っています。


また、このメルマガではよく書かせてもらっていますが、熊本の倉崎さんもそうです。

彼は熊本名産の馬刺しを全国のエンドユーザーに販売していますが、
ある時から居酒屋など大口ユーザーに販売することも始めていったんですね。

結果的に、今では大口ユーザーからの売上がエンドユーザーの売上を上回るようになりました。

一度の購入金額が大きいことはもちろんですが、リピート率も高いですからね。



それでは、法人向けにどんなマーケティングをしていったら良いのでしょうか。


1.ファックスDM

2.郵送DM

3.業界新聞

4.インターネット広告


ざっくり書いてみますと、以上の4つになると思います。


1番目のファックスDMというのは年々コストが下がっていまして、
1通3円からという配信会社もあるようです。

法人のファックス番号というのは、どこの配信業者でも持っていますので、
あとはターゲットとエリアを絞って原稿を配信してもらうだけです。

年々コストの上がっているインターネット広告と比較すると、その安さは群を抜いていますね。

ただし、ファックスDMというのは相手の紙とインクを使うため、
クレームになりやすいというデメリットがあります。

もちろん、それをできるだけ回避する方法もありますので、試してみると良いでしょう。


2番目の郵送DMというのはファックスDMに比べるとコストが上がってきますが、
成約率は上記の4つの中でもっとも高いと思います。

もちろん、DMの中にどんなものを入れるのか工夫する必要はあるのですが、
売れている商品を試しに買ってみると、たくさんのDMが届くようになります。

それが参考になりますね。

配信に関しても、法人の住所はファックス番号と同様に問題なく手に入れることはできます。


3番目の業界新聞ですが、先ほど成功例でご紹介した寺田さんなどは活用しているようです。

業界団体に加盟していないと読めない新聞もあるのですが、
一般の人でも読める新聞がありますから調べてみると良いでしょう。

中には広告が出せる業界新聞もあるようです。


4番目のインターネット広告ですが、コスト面から言うと上記の3つより高めになってきます。

ただし、法人がターゲットということになると高額というほどではないので、
ヤフー広告のYDNやフェイスブック広告などは面白いかもしれません。



集客コストというのは安ければ安いほど儲けが出やすくなりますから、
先ほどの4つをテストしてみて、ご自身のビジネスに合ったものを見つけるといいですね。

それはご自身だけの貴重なデータとなってきますので、
ビジネスを行う上で大きな経験値となってくるはずです。

mhiraga1 at 14:10|Permalinkマーケティング 
プロフィール
こんにちは。平賀正彦です。インターネットを使った集客方法のノウハウを皆さまにお伝えいたします。
平賀正彦のメルマガ(週刊)

数多くのネットビジネス成功者を世に送り出した平賀のメルマガ。成功事例、マーケティング、旬なビジネスなど、既刊の著書には書かれていない内容が盛り沢山です。

 メールアドレス(必須)
記事検索
携帯で読み取ってください
QRコード