2017年07月26日

成功の秘訣はオマージュにあり

「成功の秘訣はオマージュにあり」


いきなりですが、皆さんオマージュという言葉を知っていますか?

何となく聞いたことはあると思いますが、
はてなキーワードによると次のような意味があるそうです。


-----
創作物や作者などにささげる敬意、賛辞。「リスペクト」「トリビュート」に近い。
また、そのような敬意を表すために作られた作品。
-----


これだけですとわかりにくいのですが、
オマージュとパクリの比較をみると腑に落ちるところがありますね。

こちらもはてなキーワードからの引用です。


-----
「パクリ」は、敬意や尊敬の念なく、独自のアイデアや表現を加えない、単なる模倣や盗作(コピー)。

対して「オマージュ」は、オリジナルへの敬意や尊敬を理由として作られたもの。
もしくは、オリジナルに独自のアイデアや表現のアレンジを加えたもの。

オリジナルとは全く別物でも、オリジナルへの敬意や尊敬が込められていれば、オマージュになり得る。
オリジナルの啓蒙を目的とするため、著作権を侵害することはない。
-----


なぜオマージュの話を書いたのかといいますと、
先日会員の岡林さんが上記の話を教えてくれたからなのです。

岡林さんといえば、裸一貫で四国から上京をして出張整体を始め、
今では毎月新規患者さんを100名以上集客しているネットの猛者になります。

最近になってようやく広告を使うようになったそうですが、
それまではSEO対策のみで集客していたといいますから驚きです。

彼に成功の秘訣を聞いている中で、「オマージュ」という言葉が出てきました。

これは私にも思い当たる節があって、過去に成功した会員さんを思い出すと、
いずれもオマージュが上手だったんですね。

私の会員第一号で、なおかつもっとも成功した会員の一人である菅野一勢さんも、
オマージュの達人でした。

他業種でうまく行った事例を上手にアレンジして、自分のビジネスに取り入れるんですね。

その能力はお見事としか表現できないほどでした。

まさにオマージュの天才といっても過言ではありません。


というわけで、今回はホームページ作成の過程において具体的なオマージュの手順を
次の3つに分けて考えてみたいと思います。

もちろん、オマージュさせていただくのはすでに売れているサイトになります。



1.デザインとレイアウトについて


2.セールスレターについて


3.写真撮影について



1つ目のデザインとレイアウトですが、レイアウトに関して売れているサイトというのは
それほど違いがありません。

業種によって多少の違いはありますが、トップページでできるだけ商品やサービスを絞って
わかりやすくすることが大事ですね。

特に今はスマホのアクセスが8割を超えるケースが多いので、
小さい画面でよりわかりやすくする必要があります。

デザインに関しては結構重要なポイントがあります。

一番最初に目に入るトップのバナーをどのような色にして人物や文字を入れていくのか、
この辺が工夫のしどころですね。

トップバナーの出来栄え次第で、大きく売上が変わってきます。


次に2つ目のセールスレターについてですが、これは私の行った方法を書いておきます。

私が起業した当時、神田昌典先生の会員組織で学んだのが、
同じセールスレターを何十回も書くという練習でした。

もちろん、冒頭で書いたように人の書いたものをそのまま真似するのではなく、
自分の事業に当てはめて独自のアイデアや表現のアレンジを加えていきます。

何十回も書いていくと、それが身についてくるようになります。

また、色んなパターンのセールスレターが書けるようになりますので、
その後のビジネスに大きく役立つと思います。


3つ目の写真撮影については、売れているサイトの写真を参考にするのは良いことです。

例えば、売れているサイトにビフォア・アフターの写真が掲載されていた場合、
ご自身の業種でビフォア・アフターが使えるかどうか考えてみます。

物販のサイトであれば、写真撮影時の光の当て方とか角度を参考にしていきます。

ちょっとした光の当て方や角度で、随分と印象の違った写真になりますからね。



インターネットはコピペの文化を生んだ、と誰かがおっしゃっていましたが、
ビジネスを行う以上、そこには十分に配慮する必要がありますね。

そして、コピペやパクリではなくオマージュという考えのもとで自分のアイデアや
表現のアレンジを加えていくことが大切になってきます。

この境界線というのは難しいところがありますので、
同業のホームページを参考にするのは避けたほうが無難かもしれません。

それよりも他業種のホームページを参考にして、
自分のアイデアやアレンジを加えていったほうが生産的で面白いと思います。

mhiraga1 at 05:28|Permalink気付いたこと 

時間を最大限活用する3つの方法

「時間を最大限活用する3つの方法」


先日、ある会員さんからこんな質問を受けました。


Aさん「1日がアッという間に過ぎてしまって、やるべきことができません」


平賀「時間の使い方に問題があるかもしれませんね」


私の会員さんは少人数で仕事をしている方が多いので、
時間の使い方次第で仕事がまったく進まないことがあります。

逆に言うと、時間の使い方が上手い人は仕事がグングン進むということですね。

私は起業してから15年ほど経ちますが、この間ほぼ一人で仕事をしています。

もちろん、ウェブ作成などは外注のデザイナーさんに依頼しています。

この話をすると、毎日がとても忙しいのではないかと聞かれることがあるんですね。

しかし、私自身はまったくそんなことを感じたことがなく、
昼間から映画を観に行ったり、海外へ1週間出掛けたりすることもあるのです。

これらができるのは、すべて時間の使い方が上手いからだと思っています。


先日、会員の岡田さんと話をした時にも彼が同じようなことを言っていました。

彼はシークレットブーツの通信販売をやっていて、
今では事業が軌道に乗ってきたので暇を持て余していると。

確かに配送を外注に任せてしまえば、あとは商品の仕入れと広告の管理くらいですかね。

商品数をたくさん売って稼ぐビジネスモデルではないので、
顧客サポートといってもそれほど多くないでしょうから一人でできることでしょう。

岡田さんは暇を持て余して何をしたかというと、再び新聞配達を始めたそうです(笑)。

彼はネットビジネスを始めた当初、収入が少なかったので新聞配達をしていたんですね。

ちなみに、今回新聞配達を始めたのは本人の希望ではなく販売店からお願いされたそうです。

最近は新聞配達をする人が少なくなってしまったので、
配達スピードが滅茶苦茶速かった岡田さんに白羽の矢が立ったということですね(笑)。



というわけで、今回は時間を最大限活用する方法を書いてみたいと思います。

私がポイントとして考えているのは、次の3つになります。



1.起床した直後の2〜3時間を有効活用する。


2.身の回りの整理整頓を常に行う。


3.定期的なフィットネスを行う。



まず1番目の起床した直後の2〜3時間を有効活用するという話ですが、
会員の皆さんは御存知だと思いますが、私は毎日早起きを日課としています。

今は夏時間なので4時に起床します。冬時間になると4時半ですね。

4時に起床して7時に朝食を摂るのですが、それまでの時間に一番重要な仕事をします。

私にとって一番重要な仕事というのは、会員さんのサポートになります。

毎日会員さんから質問のメールが届きますので、この質問に答えるのがこの時間帯です。

なので、私からの返信は朝の5時とか6時といった時間が多いと思います(笑)。

それ以外の仕事としては、やはりメルマガなどの執筆になりますね。

こういったクリエイティブな仕事というのは、脳ミソが特に動いている時間帯が良いです。

医学的に起床後の2〜3時間は脳ミソのゴールデンタイムと呼ばれていて、
もっとも良く動いている時間帯だと言われています。

ただ、起床時間というのは人それぞれなので何がなんでも朝の4時というわけではありません。

朝の7時に起床するのがもっとも良いという人もいれば、
夜型の生活で昼まで寝ていたほうが脳ミソの働きが良いという人もいます。

この辺は個人差がありますから、いろいろ試してみるのが良いでしょう。

一般的には早朝が脳ミソの働きが良いと言われているということです。



2つ目は身の回りを常に整理整頓することですね。

数学者の岡潔氏は、毎日仕事をする前に机をキレイに拭いてから始めたという話を
聞いたことがありますが、整理整頓をすると集中力が上がるんですね。

机の上には最低限必要なものだけを置いて、必要のないものは引き出しに入れておきます。

また、私たちの場合はパソコンを使いますからデスクトップの整理整頓も大事なことです。

ファイルを探す時間だけで年間100時間を超えるという話を聞いたことがありますが、
探しものに掛ける時間をできるだけ減らすためにも大切なことですね。

これはスマホやタブレットも同じで、
よく使うアプリと殆ど使わないアプリを分けておくだけで随分と使い勝手が変わってきます。

要するに無駄な時間を使わないということと、集中力を持続させるのがポイントになります。



3つ目は定期的な運動を行うことです。

私たちのようにパソコンで仕事をしていると、長時間座って作業をすることが多くなります。

そうすると、時間が経つにつれて脳ミソも疲れてきますし集中力も切れてきます。

私の場合は「世界一伸びるストレッチ」という本から学んだストレッチを
疲れたなと思った時に3分くらい行っています。

また、毎週3回くらい近所のフィットネスジムに通ってジョギングをしています。

ジョギングを始めてから5年位経ちますが、有酸素運動は素晴らしい効果があると思います。

たぶん、脳ミソにも良いのではないでしょうか。



というわけで、ポイントを3つ書いてみました。

いずれも実践するのが難しいということではないと思いますので、
できるところから行ってみてはいかがでしょうか。


mhiraga1 at 05:24|Permalink気付いたこと 

2017年06月29日

圧倒的な利益率で稼ぐ人たち

「圧倒的な利益率で稼ぐ人たち」


以前このメルマガでもご紹介した、
元医師で現在は複数の会社を経営している大阪の熊野さん。

ここ最近はさらにその成長が加速して、成功事例をご報告いただいています。

彼がもともと行っていた事業は法人向けの工具販売や健康食品の販売。

いずれの商品もまずまずの利益率を保っていましたが、
もっと高い利益率の商品を探していたんですね。

そして私の会員になっていただいた頃から、幼児向けの教育教材を販売するようになりました。

こういった教育教材というのはDVDなどがメインになってくるため、
製作コストが極めて低いわけです。

つまり、利益率が高いのです。


これが大好評で、会社のメイン事業となるくらいの利益が出るようになったそうです。

この幼児向け教育教材とは別に、同じく私の会員さんとジョイントをして、
幼児向けではない教育教材を扱うようになったんですね。

以前聞いた時には、それぞれ100万円ずつの利益が取れるようになったと言っていました。

200万円の利益を折半しているということですね。

それが先日聞いた時には、ここ数ヶ月売上が一千万円を超えるようになったそうです。

利益額はここでは書けませんが、自社製品の教材なのでだいたいは想像がつくかなと思います。

もちろん、永遠にこの売上が続くわけではありませんが数字的には凄いですよね。

ちなみに、この教材は一式10万円するらしいですが、
一千万円の売上を達成するのに100人が購入すればよいわけです。

10万円という金額は別として、100人だったら何となく販売できそうな気持ちがしますよね。

毎月1000人に販売しなければならないとなると、ちょっと大変な気がしますが、
100人だったら十分に可能な数字に思えてきます。


それでは、なぜ急激に売れるようになったのでしょうか。

これは、前回のメルマガでご紹介したフェイスブック広告を始めたからです。

従来はヤフー広告とアドワーズ広告の二枚看板でしたが、
ここにきてフェイスブック広告の反応がとても良くなっています。

これはスマホとフェイスブックアプリの相性が極めて良いからです。

暇さえあれば、スマホからフェイスブックにアクセスをしている人がたくさんいるわけです。

つまり、スマホの利用率が上がれば上がるほど、
フェイスブックの広告がクリックされるということですね。

逆にグーグルの検索エンジンなどは徐々に使わない方向へ進んでいるようなので、
従来の検索広告は頭打ちになっていくのかもしれません。

ただし、成約率という面ではまだまだ検索広告の反応が一番良いので、
それは頭に入れておく必要があります。



さて、私が起業した時に先輩から教わったのは、
利益率の高いビジネスがいかにやりやすいのかということでした。

もちろん、利益率だけではなく先ほどのように商品やサービスの価格が高いほうが良いです。

それでは、利益率が高いとどんなメリットがあるのかを書いてみたいと思います。



1.少ない顧客数でもビジネスが成り立つ。


2.顧客数が少ないために少人数、もしくは一人でもできる。


3.広告宣伝費を十分に掛けることができる。



まず1つ目のメリットですが、
利益率が高いと少ない顧客数でも十分にやっていくことができます。

例えば、A社とB社で商品やサービスの価格が同じであれば、
利益率20%と40%では倍違うということになります。

ということは、顧客数が半分であっても同じだけの利益を獲得することができます。


次に2つ目のメリットですが、顧客数が少ないために少人数でも経営が成り立ちます。

毎月1000人のユーザーに商品を販売している場合と100人に販売している場合では、
当然カスタマーサービスに充てる人員も変わってきますよね。

これはまさにインターネット時代を表しているのですが、
パソコンが1台あれば十分にビジネスが成り立ってしまうということもあるわけです。


そして3つ目のメリットは、広告宣伝費を十分に掛けることができます。

つまり、利益率が高い商品やサービスの場合、PPC広告などに費用を掛けられるわけですね。

逆に利益率の低いビジネスの場合、広告費によって赤字になってしまう可能性があります。

当然、ビジネス的には広告費を掛けられる方が有利ですし、精神的に余裕が出てきます。



というわけで、利益率の高いビジネスの特徴がお分かりいただけたと思います。

また、利益率の高いビジネスを行う場合は高額商品であればあるほど相乗効果が出てきます。

もちろん、安い商品であってもメリットは出てくるのですが、
1000円の商品を販売するよりは1万円の商品を販売したほうが良いですね。

なぜなら、同じ利益率であれば利益額が10倍も違ってきますから。

皆さんも利益率についてゆっくりと考えてみると良いでしょう。

mhiraga1 at 07:40|Permalink

フェイスブック広告のみで50名以上集客

「フェイスブック広告のみで50名以上集客」


先日、古参会員の河野竜夫さんとお話をしました。

河野さんは海外在住の日本人向けにコンサルティングやホームページ作成
などのサービスを行っています。

在籍された会員さんの国は全世界で60ヶ国にも及ぶそうです。

もっとも多いのがアメリカで次がヨーロッパだと教えてくれました。

アメリカが多いというのは頷けますよね。

しかし、アジアが意外と少ないという話を聞きましたので不思議に思っていると、
通貨の安い国だと会費が高く感じられてしまうとのこと。

仮に会費が1万円だとすると、円に対して現地通貨の安い国では
3万円にも5万円にも感じられてしまいます。

逆にヨーロッパのような円に対してやや通貨の高い国では
会費が安く感じられるのだということです。

ヨーロッパ在住の会員さんからは、会費が安いとよく言われるそうです。


以前私も海外でビジネスをしようと思ったことがありまして、
リサーチをしていたことがあります。

しかし、結論としては日本円と貨幣価値が同じくらいの国でないと、
思ったほど儲からないなと思った次第です。

例えば、100万円を稼ごうと思った時に日本で稼ぐのと通貨の安い国で稼ぐのでは、
投入するエネルギーが全然違うわけですね。

稼いだお金をそのまま現地で使うのであれば良いのですが、
日本円に両替した瞬間、その少なさに驚いてしまうと思います。



さて、河野さんからお伺いした話の中で興味深かったのは、
セミナーやイベント集客を行う際にフェイスブック広告のみしか使わないということでした。

昨年末に彼がバンコクでセミナーを開催したのですが、参加者は70名を超えたそうです。

海外のセミナーで70名を超えるというのは凄いですよね。

もちろん、70名の中には河野さんの会員さんも含まれているわけですが、
50名くらいは初めてセミナーに参加した新規の方だったそうです。

ちなみに、参加費用が無料であればわかる気もしますが、このセミナーは有料開催だったのです。


それでは、河野さんはなぜフェイスブック広告のみを使っているのでしょうか。

その理由をスマホとソーシャルとの相性から考えてみたいと思います。

海外に出稿できる広告として代表的なのは、
グーグルのアドワーズ広告とフェイスブック広告です。

河野さんは通常時アドワーズ広告もやっているようですが、
セミナーやイベント集客はフェイスブックのみを使っているそうです。

また、その広告から誘導するランディングページはスマホ中心に作っているわけですね。

ここからは私の推測になりますが、
スマホ全盛の時代になってホームページに訪れる8割がスマホ経由になっています。

BtoB色の強いホームページであれば別ですが、エンドユーザー向けのホームページは
ほぼ8割のアクセスがスマホ経由だと思います。

例えば、私の会員さんでシークレットブーツを販売している岡田さんによりますと、
アクセスも売上も9割がスマホ経由だそうです。

また、治療院向けのコンサルティングを行っている杉原さんによりますと、
治療院のサイトもスマホ経由のアクセスや問合せが9割に達しているとか。

ちなみに、私のサイトはBtoB色が強いのでパソコンとスマホの割合は半々くらいですね。


次にスマホと言えば、フェイスブックやツイッターなどのSNSと相性が抜群に良いわけです。

今では何か調べものをする時に、
グーグルの検索エンジンを使わずSNS内で検索する人が増えているという話もあります。

私が思うには、スマホでグーグルの検索エンジンって使いにくいんですよね。

一方でフェイスブックやツイッターのスマホアプリはとても良く出来ているので、
使いやすいわけです。

こういったところが、スマホ内での利用率にも表れているのかなと思います。

というわけで、スマホを使う時間が増えれば増えるほどフェイスブックも使われるわけです。

結果的にフェイスブックの広告を見る機会が増えてくるので、
アクセスや成約が増えてくるということですね。

以前はソーシャルから誘導したユーザーというのは購買意欲が低いという傾向がありましたが、
先ほどの河野さんの例を見ていくと改善してきているように思えます。

また、河野さんの場合はセミナーやイベント集客ということで、
物販は効果が無いかなと思ったのですが売れている人も出てきているようです。

輸入ビジネスのコンサルティングをやっている古参会員の森治男さんなどは、
やり方次第で物販も十分に売れると言っていました。



私たちのようにネットでビジネスを行っているとパソコンの視点で見てしまいますが、
今ではスマホの視点でホームページ作成や集客を行う必要があります。

この点が大きく変わったところですね。

スマホサイトを最初に考えて、
パソコンサイトは二の次という時代になってきたのだと思います。

mhiraga1 at 07:38|Permalinkマーケティング 

2017年06月01日

人は趣味と教育にお金を使う

「人は趣味と教育にお金を使う」


先日、友人が犬を飼い始めたということで写真を送ってもらいました。

まだ生後2ヶ月くらいの子犬なのですが可愛いですね。

私も高校生の時くらいまで実家で犬を飼っていたのですが、
世話役である私が東京の大学へ行ったこともあってそれ以来飼っていません。

しかし、可愛い子犬を見ると久しぶりに飼いたくなりますね。



私の会員さんでは犬を始めとしたペット事業で業績を伸ばしている方が多くいます。

ブリーダーさんと購入者との仲介サイトをやっている方。

ドッグフードやキャットフードを販売している方。

犬やネコの専用ドリンクを販売している方などなど。

特に仲介サイトは検索エンジン対策がうまくいったこともあって、
驚異的な業績を上げていました。

犬やネコだけではなく、過去には爬虫類や観賞用のエビを販売している方もいました。

いずれも、「へー、そんなに売れるんですね」、という感想を持ったことを覚えています。

それでは、なぜペット関連の商品が売れるのでしょうか。

要するに趣味の世界だからです。


趣味の世界と言えば、男性だと車とかオートバイが考えられますね。

この業界はアフターパーツの販売や洗車グッズなどさまざまな商品があります。

また、比較的高価な商品が存在します。

例えば、私はここ最近大型のオートバイに乗っているのですが、
春夏用のメッシュの革ジャンを買おうと思ってネットを検索していたんですね。

海外の一流メーカーだと10万円くらいするんですよ。

国産の安いものでも5万円くらいするわけです。

これは肩やヒジ、背中などにプロテクターが内蔵されているからですね。

こういった高価な商品を扱うと当然利益もそれなりに取れますから、
ビジネス的には良いと思います。

趣味の世界は高価な商品であってもお金を払う傾向がありますから。


一方で女性の場合は美容にお金を使う傾向があります。

皆さんの奥様や彼女が美容やダイエットに結構なお金を使っているケースを
目にすることも多いでしょう。

以前、私の会員さんで海外在住の方から聞いたのですが、
マックスファクターのSK2というスキンケア商品が海外でバカ売れしているみたいです。

これが1セット揃えるとかなり高額になりますね。

日本円でも高いのに、通貨の安い国でパッと高額を支払うのは凄いと思いました。



趣味と並んで私が注目しているのは教育産業です。

教育といってもさまざまあって、身近なところでは英会話とか大学受験などですね。

語学と言えば英会話が代表的なのですが、
私の会員さんではロシア語とか韓国語のオンライン教室をやっている人がいました。

英会話に比べるとかなりニッチなところを狙っていますが、
業績は結構良かったと記憶しています。

また、私の会員さんが長年販売している子育ての教材販売などもあります。

この教材は10年以上にわたって売れていますから、
子育てのノウハウというのはいつの時代もそれほど変わらないのかなと思います。

ニッチなところで、以前このメルマガでも紹介した医師免許を持つ熊野さんなどは、
ご自身の子供を医者にしたい親御さん向けの教材販売を行っています。

ターゲットの数としてはそれほど多くはないのですが、
金額を高く設定できるため客単価が高く利益が取れるわけですね。

私が行っているコンサルティングなども、教育という側面がありますね。

皆さんも、「教育」というキーワードでネタを探してみると良いかもしれません。



以上をまとめてみますと次のようになります。


1.趣味や教育の業界を狙ってみる。


2.その中でもニッチな市場を見つける。


3.高額な商品やサービスを提供できるかどうかを考える。


先程も書いたように、まずは趣味や教育の業界を大まかに捉えてみると良いでしょう。

例えば、大まかに「釣り」という趣味を捉えてみます。

釣りといってもさまざまな種類があって、海釣りとか渓流釣りがありますよね。

当然使う道具も違ってくるわけです。

仮に渓流釣りにターゲットを絞った場合、どんな魚を釣るのかを考えていくのです。

私は高校生の時にブラックバスを狙ったルアーフィッシングをやっていましたが、
道具もピンきりでしたね。

私たちのような学生が使う道具は安いものですが、10万円近くする道具もありました。

バス釣りというのはメジャーですが、探していけばニッチな市場があるかもしれません。



ビジネスには二通りの考え方がありまして、ニッチな市場で高額商品を扱う場合と、
巨大な市場で安価な商品を扱う場合があります。

先ほど教育のところでも書きましたが、
英会話教室とロシア語教室では市場の大きさがまったく違います。

しかし、英会話よりもロシア語のほうが値段を高めに設定できるかもしれません。

また、ライバルも少ないため価格競争が起きにくいという面もありますね。

というわけで、ビジネスを考える際には先ほどの3つを検討すると良いでしょう。

mhiraga1 at 11:31|Permalink気付いたこと 
プロフィール
こんにちは。平賀正彦です。インターネットを使った集客方法のノウハウを皆さまにお伝えいたします。
平賀正彦のメルマガ(週刊)

数多くのネットビジネス成功者を世に送り出した平賀のメルマガ。成功事例、マーケティング、旬なビジネスなど、既刊の著書には書かれていない内容が盛り沢山です。

 メールアドレス(必須)
記事検索
携帯で読み取ってください
QRコード